fc2ブログ

京都 清水三年坂美術館 「印籠百展」

 inro1.jpg
 ブログをまた休んでしまってすみません。
 あっという間に日が経ってしまい・・・というのが、いつもの言い訳です(笑)。
 明日で終了の展覧会を急いで紹介をさせていただきますね。

 清水三年坂美術館で開催されている「印籠百展」('12.2.24~5.20まで。入館料500円)です。

 こちらの美術館の展覧会は、本当に毎回美しい工芸品を観せて頂けるのですが、今回も素晴らしかったです!

 印籠って、手のひらサイズの大きさで、それほど大きくはないのですが、その小さな容器に漆工、螺鈿(らでん)、截金(きりがね)、蒔絵(まきえ)、七宝など、工芸技法の粋がギュッとつまっている感じで、本当に美しく、その作りの精緻さに感嘆してしまいます。

 元々印籠は、3段から5段の筒のようなものを積み重ねているため、それを留めるための緒締めと根付がセットになっています。
 根付だけでも凝った物が多いのですから、根付や緒締めが付いた印籠が芸術品だというのは納得ですよね。
 ですが、明治以降、洋装の普及により印籠の需要も減り、印籠の制作技術も途絶えたそうです。
 寂しく、惜しいことですよね。

       inro2.jpg
 どれも美しかったのですが、チラシのやや左上にある蝶の印籠は、飯塚桃葉(いいづかとうよう)の「群蝶図蒔絵印籠」です。
 金と銀の蒔絵、螺鈿、截金などの技法が使われており、華やかで美しいです。

 チラシには載ってませんが、無銘の作品の「籠目牡丹図蒔絵印籠」も金地に金の蒔絵、白い牡丹は螺鈿、鼈甲(べっこう)、葉っぱに緑石が使われ、上品で美しかったです。

       inro3.jpg
 白黒チラシ右の菊の印籠は、柴田是真の「菊尽蒔絵印籠」です。
 菊の質感がいいですね。
 中のもう一層が赤で統一されておりきれいでした。

 チラシには載っていませんが、是真の「餅花を持つ寿老人蒔絵印籠」は円筒形で、寿老人と大黒さんが踊っていて、ユニークな作品でした。

 小さな印籠の中に物語が感じられる作品もあり、どの作品がというより全ての作品が良かったです。
 この展覧会は明日(5/20)までです
 紹介が遅れましたが、おススメの展覧会です。
 お見逃しなく

 そうそう、印籠といえば、京博で開催されている陽明文庫展のミニチュア銀細工の中にも、ケースに入った印籠があるんですよ。
 京博に行かれる方は探してみてくださいね

清水三年坂美術館
 住所:京都市東山区清水3-337-1 TEL:075-532-4270
 開館時間:10時~17時(入館16時半まで) 休館日:月・火(祝日開館)、展示替期間、臨時休館あり
スポンサーサイト



プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
主に関西で開催されている展覧会を観に行っています。
ゆるゆる感想を書いていきたいと思います。
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ご注意
◎当ブログに掲載している文章・写真等の無断転載を固く禁止します。 ◎記載の価格や店舗情報は訪問時のもので、現在の価格とは違っていたり、お店が閉店している場合がありますのでご注意を。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる