難波 大阪高島屋 「中川一政展」('11.4.29 Fri)

 待望のGW、始まりましたね~
 私はうれしくて、うれしくて、連休中にもやらなければいけないことが山ほどあるのですが、そんなものは全て放っといて昨日(4/29)は遊びに行ってきました
 遊びに行くと言っても、私のことですからやっぱり展覧会巡りです(笑)。
 ちょっと会期終了間近の展覧会から紹介させていただきますね。

      kazumasa1.jpg
 大阪難波の高島屋で「没後20年 中川一政展 ―独行此道(ひとりこのみちをいく)」展('11.4.20~5.2まで。入場料800円)が開催されています。

 中川一政、濃い絵を描く人だとは知っていたのですが、やっぱり濃い絵のオンパレードの展覧会でした(笑)。

      kazumasa2.jpg
 中川一政は、美術学校や特定の師匠に学ぶことをせず、独学で画家になったとのことで、いろいろ自分の絵を描くための模索をしていたようです。
 今回の展覧会では初期から晩年の作品まで展示されていたため、その変遷を見ることができました。

 この人は、岸田劉生によって見出されたので、初期の作品は劉生によく似ています。
 私はこの画家の絵では、初期の作品が一番好きです。

 その他の作品は、濃く賑やかでした。
 中には良いなと思う作品も何枚かはあったのですが、静かな絵が好きな私にはちょっと騒々しかったです(苦笑)。
 「画は生きていなければならぬ」というのがこの画家のポリシーみたいで、確かに絵の1枚1枚が自己主張していました。
 おまけに、文学にも秀でていたので書も文も自分で書いているのですが、これまた太く力強く自己主張が強かったです(笑)。
 それがこれでもかというぐらいにいっぱい展示されているので、私はちょっと退いてしまいましたが、エネルギッシュな人には良いかもしれませんね。

 図録は2100円です。
 この展覧会は、5月2日(火)までです。
 大阪での展覧会の後、横浜高島屋('11.5.18~5.30まで)、JR名古屋高島屋('11.8.31~9.12まで)に巡回するみたいです。
 高島屋のHPでは、展覧会の様子をユーチューブで見れるようになっていますので、どんな絵なのか興味のある人は見てみてくださいね

大阪高島屋
 住所:大阪市中央区難波5-1-5 TEL:06-6631-1101
 開場時間:10時~20時(最終日は17時まで。入場は各閉場の30分前まで)
スポンサーサイト
プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
関西を中心にお話します。
基本的には、遊びに行って、お昼を食べて、おみやげに家で食べれるものを買って帰るというパターンになっています。(最近パターン通りになっていませんが)
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
ブログラム
時間
検索フォーム
リンク
ご注意
◎当ブログに掲載している文章・写真等の無断転載を固く禁止します。 ◎記載の価格は訪問時のもので、現在の価格とは違っている場合がありますのでご注意を。
RSSリンクの表示