とある婦人の忘備目録

展覧会、映画、お寺などを観ること、食べることを中心に感想を綴っていきます。

  1. 映画
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

映画 「黄金のアデーレ 名画の帰還」

 12月の初め頃、「黄金のアデーレ 名画の帰還」を観てきました。

 adele1.jpg adele2.jpg

 この映画は、ナチスによって略奪され、その後はオーストリア所有になっていた「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像」を含むクリムトの名画5点を、肖像画のモデルであるアデーレの姪のマリア・アルトマンが、オーストリア政府相手に裁判を起こし取り戻したという実話を元に作られた映画です。

 この前観た「ミケランジェロ・プロジェクト」は、終戦間際にナチスから芸術品を取り戻した話でしたが、この映画はそれに続くようなお話でした。
 映画の中で、ユダヤ人たちが迫害を受け、マリアが命からがら他国に亡命した経緯も描かれており、その当時の残酷な現実とともに、ユダヤ人の怒りや悔しさも伝わってきました。

 マリア・アルトマンを演じたヘレン・ミレン、かっこ良かったな~
 政府を相手にピンと背筋を伸ばし、ユーモアも持ち合わせながら凛と自分の意見を述べるマリアに感動しました

 そのマリアを助けるのが、オーストリアの作曲家アルノルト・シェーンベルクの孫であるランディ・シェーンベルク弁護士です。
 まだ若手弁護士だった彼が、国を相手に戦う決心をしたのは、自分の出自に誇りをもったからでしょうね

 話は逸れますが、私は以前から祖父のシェーンベルクの方に興味を持っていました。
 というのは、19世紀末のオーストリアの画家リヒャルト・ゲルストルを通してシェーンベルクを知ったからです。
 ゲルストルとシェーンブルクは友人関係だったのですが、ゲルストルはシェーンベルクの妻マティルデと駆け落ちします。
 その年の内にマティルデはシェーンブルクの元に戻るのですが、ゲルストルは手元にある自分の作品を燃やし自殺してしまいます。

 自分の妻と友人に裏切られたのに、戻ってきた妻を受け入れたシェーンベルクの気持ちってどうだったのだろうとずっと思ってました。
 そしたら、この映画の中でランディが「祖父の嫌いなものは妻(=祖母)と言っていた」というようなセリフがあり、やっぱりシェーンベルクはマティルデのことを許していなかったのだなと、長年知りたかった解答の一つを得た気がしました

 ナチスによって簒奪されたものは財産だけではないでしょう。
 その奪われたもののごく一部であっても取り戻せたのは本当に良かったと思います

 ですが、マリアに返還された5枚の絵画、「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像Ⅰ」、「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像Ⅱ」、「ブナの林」、「リンゴの木」、「アッター湖のウンターアッハの家々」は、ベルヴェデーレ宮殿にあるオーストリア・ギャラリーではもう観れないのですね
 アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像は、NYにあるエスティ・ローダー社のノイエ・ガラリエで観れるみたいですけど。
 私は「ブナの林」が結構気に入っていたのですけどね。
 オーストリア政府は、もっと早くに示談に応じていれば良かったのに。
 裁判に負けてから交渉しても遅いですよ

 マリアが裁判に勝って伯母の絵を取り戻したのは2006年。
 戦争の痛手というのは、60年や70年ぐらいでは解決できない深いものなのだなと改めて思いました。

黄金のアデーレ 名画の帰還 2015年 アメリカ・イギリス合作 ギャガ サイモン・カーティス監督 109分 
「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像Ⅰ」の豪華なダイヤのネックレスって本当にあったのねと思った、Ms.れでぃの勝手な映画採点:75点
スポンサーサイト

  1. 映画
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

映画 「ミケランジェロ・プロジェクト」('15.11.25)

 久しぶりに映画を観てきました
 「ミケランジェロ・プロジェクト」です。
 
        mp1.jpg
 この映画は、第二次世界大戦中、ヒトラーの指示によりナチスの占領下におかれた地域で美術品の強奪と破壊が行われていたのですが、その貴重な文化財の損失を防ごうと、ジョージ・クルーニー扮するハーバード大附属美術館館長ストークスが中心となり、美術関係に詳しい計7人が美術品救出作戦を実行する部隊「モニュメンツ・メン」を結成し、盗られた美術品を奪還するという事実に基づいたお話です。

 ヒトラーが美術品愛好家(偏りはありますが)であることは有名で、世界各地の美術品や重要文化財を片っ端から略奪していたのですが、モニュメンツ・メン達はその中から約500万点もの盗品を発見し、奪還に成功します
 それでもそれらはごくごく一部で、いまだ失われたままになっている芸術品も少なくないそうです

 映画の中では、数ある美術品の中からファン・エイクの「ヘント(英語名ゲント)の祭壇画(神秘の子羊)」、ミケランジェロの「聖母子像」の救出をメインに描かれています。
 どちらも信仰の対象として、人々からが長い間大切にされてきたものです。
 ナチから守るため、その祭壇画が壇上から外されるのですが、その時の神父の悲しそうな顔が忘れられません。

 終戦間際になると、ヒトラーは集めた芸術品を取り戻されることを嫌って、もし自分が死んだら全てを破壊しろという命令(ネロ指令)をだしていたものですから、実際には燃やされてもうこの世に存在していな美術品も少なくないのだと思います
 映画の中でも、ラフェエロの「若い男の肖像」が燃やされているシーンがあり、胸が締め付けられる思いがしました。

 映画の中にでてくるナチの強奪品の中には、ダ・ヴィンチ、レンブラント、ベラスケス、マネ、ルノワール、モネなど有名な作品が目白押しで、フェルメールの「天文学者」が出てきた時には〝ついこの前観たばかりやん!燃やされてたら観られへんとこやった"と安堵と共にヒトラーに対して怒りを覚えました。

 多くの命が失われている戦争のさなかに、芸術品を守ってほしいと大統領に直訴したストークス(実際の人物はジョージ・スタウト)ですが、そんなことに人員は割けないので自分で守れということで、兵士には全く向いていないのですが美術を愛する美術専門家たちでモニュメンツ・メンを発足したのですが、よくぞ頑張って美術品を助け出してくれた!と、美術ファンとしてはモニュメンツ・メンに対し感謝でいっぱいです

 芸術や文化というのは人類の遺産であり、これから先にも残していかなければならないもの、また、それらの宝を独り占めしてよいものではないというような主旨のことを映画の中で言っていたのですが、本当にそのとおりだと思います。
 ですが、実際に戦争になってしまえば、なかなか文化財保護まで気がまわらないのも事実でしょう。
 平和が一番、戦争をおこさないようにするのが最も肝心なのでしょうね。
 でも、今も貴重な遺跡が破壊されている・・・

 モニュメンツ・メンの一員ではないですが、ジュ・ドゥ・ポーム美術館の学芸員のケイト・ブランシェット扮するクレールも強くかっこいい女性でしたよ
 盗んだ美術品を載せた列車が行くのを睨みながら仁王立ちする姿は、絶対取り戻してやるという気迫が漲っていました

 モニュメンツ・メンは、奪還した美術品を返せるところには元の持ち主や所属先に返還したのですが、個人蔵で持ち主が既に亡くなっていることも少なくなかった
ようで(ユダヤ人からの略奪が多かったため)、返還できなかったものも多かったみたいです。
 また、終戦時ソ連も回収に加わったので、ロシアやアメリカに美術品が多いのはそのせいかな?とチラッと頭を掠めました。
 両国とも開戦前からの蒐集も多いので邪推なのですけどね

 ジョージ・クルーニー監督・脚本・製作・主演で、マット・デイモン、ビル・マーレイ、ケイト・ブランシェットなど豪華キャストの割にはあまり評判になっていませんが、美術ファンにとっては必見の作品です。
 もう終わりかけみたいなので、お見逃しなく!

ミケランジェロ・プロジェクト 2014年 アメリカ プレシディオ ジョージ・クルーニー監督 118分
 なぜこの映画の評価が低いのかわからない、観れて良かったと思った、Ms.れでぃの勝手な映画採点:83点

  1. 映画
  2. tb: 0
  3. cm: 4
  4. [ edit ]

映画 「鑑定士と顔のない依頼人」&「ルートヴィヒ」

 楽しかったお正月&お休みもあっという間に終わって、いつの間にかもう9日。
 うちは職場まで遠いので早起きをしないといけないのですが、長期休暇でぐーたらしていたため休みボケしてしまい、仕事始めの日、電車の中で寝過ごしていきなり遅刻
 まだ正月ボケは直っていませんと書きたいところですが、初日からめちゃ忙しく、早くも仕事モード全開で疲れ果てています。
 次の連休は楽しみなのですが、休み明けのことを考えると手放しでは喜べないような。

 といきなりグチから始まってしまいましたが、この前の日曜に映画を2本観てきましたのでその感想を書きたいと思います。
 ただし、ネタバレもありますので、これから観に行かれる方はご注意を
 
 1本目は「鑑定士と顔のない依頼人」('14年1本目)です。

      kanteisi1.jpg
 この映画は、凄腕の鑑定士でオークションの競売人でもある主人公が、パニック障害で外に出られない謎の女性から鑑定依頼を受けたことから始まるミステリー(になるのかな?)のお話です。

 まだ公開中の映画ですので、あまり詳しくは言えませんが、私はこの映画の結末は好きではないです。
 主人公の年齢から考えると、一時の夢の代償としてはあまりに大きすぎると思うのです。
 色のない人生が一気に薔薇色になり、あっという間にその色がなくなったばかりでなく、縋るものさえ失い真っ暗になってしまう。
 これが青年ならまだ立ち直ることは可能でしょうが、孤独な高齢者には残酷すぎるのではないのでしょうか。
 全てを失っても、夢を見られた方が幸せだろう?というのが、犯行を考える方の論理なのでしょうが、私にはそれが幸せかわかりませんでした。

 結末はさておき、美術競売人ということで、映画の中に様々な絵画が登場します。
 ロセッティが多かったように思いますが、ラファエロ、クラナッハ、ルーベンス、アングル、マネ、ドガ、モディリアーニ、それからついこの前観たルノワールの「ジャンヌ・サマリーの肖像」もありましたよ。
 ブーグローの絵もきれいだったなぁ

 話の進め方がスムーズですし、いろんなところに伏線があり、後半はなんとなくそうだろうなと予想はできてしまいましたが映画自体は面白かったと思います。
 それだけに、あの結末は残念でした。
 もう少し希望があれば良かったのですけどね。

 2本目は「ルートヴィヒ」('14年2本目)です。
 この映画は第4代バイエルン国王ルートヴィヒ2世の生涯を描いた映画です
 
 私は昔ルートヴィヒ2世に凝りまして、彼が建設したお城ノイシュヴァンシュタイン城、ヘレンキームゼー城、リンダーホーフ城を見にミュンヘンに旅行に行ったこともあります。
 それだけにこの映画はめちゃ期待したのですが、ちょっと内容が薄かったですね。

 ルートヴィヒ2世の生涯は謎が多いので、監督なりの解釈をつけて説得力のある話にしようと思えばできそうなのに、歴史的事実の表面をなでているだけで、それでどうなったの?と思う部分は、さっと時代が進んで次の段階になっているという感じであまり何も伝わってこなかったです。
 せっかく映画を作っているのに、ルートヴィヒに思い入れがないのかな?と思ってしまいました。
 ワーグナーの生誕200年を記念して作られたという割には、ワーグナーの描き方も浅かったですしね。 
 
 俳優さんは前半生と後半生とで別の人が演じていましたが、姿だけに関していえば後半生の役者さんセバスチャン・スキッパーの方が似ていたかな。
 前半のザビン・タンブレアも瑞々しかったのですが、私のイメージとしてはヴィスコンティ作品のヘルムート・バーガーの方が強いですね。
  
 衣装はルートヴィヒ2世が着用していたものを模倣して作られているようで、それを着るとどんな感じになるかがよくわかりましたし、ルートヴィヒ2世の3城をロケ地にした映像は美しかったです。
 またミュンヘンに行きたくなりました

 ルートヴィヒ2世は、プロイセンとの講和条約のために多額の賠償金の支払義務があるにもかかわらず相次ぐ城の建設で国内に恐慌が起こっていたため、当時のバイエルン首相ルッツらによって精神病患者とされ廃位させられました。
 でも、その城により今でもバイエルン州は多額の収入を得ているのですから、「狂王」と呼べるかどうか。
 歴史ってわかりませんね。

 美しい映像と音楽で、ルートヴィヒの生涯をたどれる映画ではありました。

 そういえば、オードリー・ヘップバーンの「マイヤーリング」が上映されてますね。
 マイヤーリングといえば、ハプスブルク帝国皇妃エリーザベト(彼女の従甥がルートヴィヒ2世)の息子のルドルフ皇太子のお話
 「うたかたの恋」が有名ですが、オードリーがでている作品は知りませんでした。
 なぜ、今頃なのでしょうね?

 話は変わりまして、昨年はそんなに数は多くなかったですが、ウルヴァリンやグランドイリュージョンなどの映画を観ました。
 感想は1本も書けませんでしたが、今年は少しは書けたらいいなと思っています
 
鑑定士と顔のない依頼人 2012年 イタリア ギャガ ジュゼッペ・トルナトーレ監督 131分
 タダより高いものはないという映画だったのねと思った、Ms.れでぃの勝手な映画採点:52点

ルートヴィヒ 2012年 ドイツ ブロードメディア・スタジオ マリー・ノエル&ピーター・ゼア監督 140分
 エリーザベト役はもう少し美人女優にしてほしかった、Ms.れでぃの勝手な映画採点:55点

  1. 映画
  2. tb: 0
  3. cm: 1
  4. [ edit ]

2012年中盤に観た映画3本

 とうとう大晦日になってしまいました。
 今年最後のブログは何にしようかと思ったのですが、今年観た映画の感想を全部書いていないことに気付いて書くことにしました。
 といっても、今年はあまり映画を観ていなくて書き忘れているのは3本だけなんですけどね
 もう記憶も古くなっていますので、観た順番に簡単に紹介することにします。
 ネタバレがありましても許してくださいね。

 eiga1.jpg
 まず最初は、「タイタンの逆襲 3D」('12年6本目)です。
 この映画は2010年の「タイタンの戦い」の続編です(その時の記事はこちら)
 今回は、神々の兄弟の争い・親子の争いに人間が巻き込まれるというのが、大きなストーリーになっていますが、ギリシア神話の神々は人間の信仰なくしては生きていけず、神々の悲哀も感じました。
 映像は迫力があり面白かったです

 eiga2.jpg eiga3.jpg
 次は「スノーホワイト」('12年7本目)です。
 誰もが知っている白雪姫を新たな解釈で作られた映画になっています。
 長年閉じ込められていた白雪姫がなぜあんなに走れるのかとか、目覚めて意識する相手が違うだろうとか、いろいろツッコミどころはありましたが、自分の国を守るために戦うたくましい白雪姫、美しさに拘らざるをえなかった哀しい継母など説得力のあるストーリーで面白かったです
 それにしても、どう見ても白雪姫より継母のシャーリーズ・セロンの方が美しい
 若さだけは現在のところ白雪姫にの負けていますが、それも魔法の力でこのままいけばいずれ逆転するでしょうから、そんなに慌てなくてもよかったのにね(笑)。

 魔法の鏡が銅鑼のような大きなもので、使うたびに人が運んでいました
 なので、壁にかかっておらず、呪文は「Mirror, Mirror, On the wall」じゃないよなと思って注意深く聞いていたのですが、結局聞き取れませんでした(笑)。
 何と言っていたのでしょうね。

 この映画では重要な役であった狩人は、最後まで名前がなく狩人のまま(笑)。
 最後まで名前は無しか!と1人で心の中でツッコミを入れてました(笑)。
 
 ある意味この映画が今年一番印象に残った映画かもしれません
 見た映画の本数が少ないんですけどね。

 最後は「プロメテウス」('12年8本目)です(写真がありません。すみません)。
 すみません、ネタバレさせていただきます。
 この映画は、リドリー・スコットの代表作の一つである、かの有名な宇宙生命体の話のエピソード0と言えるような作品でした。
 目を離すことはできませんが、映像は結構エグく、人類は簡単に宇宙生命体に近寄るべきではないなと思いました(苦笑)。
 はい、この映画の感想はこれだけです(笑)

 ということで、めちゃ簡単な感想でした

 今年もこのブログを訪れてくださった皆様に感謝・感謝です。
 来年もよろしくお願い致します


それでは、皆様良いお年をお迎えください!

タイタンの逆襲 2012年 アメリカ ワーナー・ブラザース ジョナサン・リーベスマン監督 99分

スノーホワイト 2012年 アメリカ 東宝東和 ルパート・サンダース監督 127分

プロメテウス 2012年 アメリカ 20世紀フォックス リドリー・スコット監督 124分

  1. 映画
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

さよなら京都祇園会館名画座

       gionk1.jpg
 2ヶ月近くも前の話になるのですが、平成24年3月30日をもって京都の祇園会館の2本立映画上映が終了しました

 数ヶ月おちの映画が2本立てで安く観れる(サービス券を使うと2本で1000円!)のでよく利用していたのですが、映画館ではなくお笑いの吉本の劇場になってしまいました。
 今、映画産業は不調ですから、映画より吉本の方が見入りは良いでしょうが、昔からの映画ファンとしては寂しい限りです。

 gionk6.jpg
 祇園会館は昭和33年にオープンしたそうで、当時は貸し館という形態だったそうですが、昭和40年代に入り、映画の3本立て上映をされたそうです。
 京都は学生の街で、当時から映画が格安で観れるということで、大勢の客で賑わったんですって。
 そんな歴史ある会館ですが、映写と音響に関しては徹底した管理をされていたそうで、音も映像も古いと感じずに観れます。

 館内は、昭和の映画館の雰囲気がそのままで、日本人では原節子、外国人ではクラーク・ゲーブルやマリリン・モンローなど、東西の往年のスターの顔写真がずらりと飾ってあります。

 gionk2.jpg
 古い映写機も展示されているんですよ。
 映写機ってあまり見る機会がないのですが、結構大きなものなんですね。

 gionk3.jpg
 壁には、北澤映月の「婦女曼荼羅」という大きな絵も飾ってあります。

 祇園会館でずっと映画を観れると思っていたので、今までは館内の展示も当たり前のように見ていたのですが、もう見れないかもしれないと思うと寂しくなりました。
 館内の内装は吉本になってもそのままなのかもしれませんが、大阪にはなんば花月があるので、吉本を見るために祇園会館には行きませんものねぇ。

   gionk4.jpg gionk5.jpg
 名画座としての最後の上映作品は、「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」('12年4本目)と「猿の惑星: 創世記」('12年5本目)です。
 祇園会館での2本立て映画の間には、いつも共通のテーマがあるように思います。
 今回の映画のテーマは「仲間」かな。
 人間の明るく楽しい面と、人間の本質を考えさせる2本でした

 あぁ、やっぱり惜しい
 祇園会館さん、2本立て名画上映の復活、待ってますからね!!


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
関西を中心にお話します。
基本的には、遊びに行って、お昼を食べて、おみやげに家で食べれるものを買って帰るというパターンになっています。(最近パターン通りになっていませんが)
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

ブログラム