とある婦人の忘備目録

展覧会、映画、お寺などを観ること、食べることを中心に感想を綴っていきます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 寺社仏閣
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

静岡県浜松市 井の国の旅③ 方広寺・奥山半僧坊総本殿

 ちょっと忙しくしており、ハッと気がつくと4月の中旬。
 ブログが書けていなくて広告が・・・
 ちょっといつの話!?という感じですが、大本山方広寺・奥山半僧坊総本殿の紹介だけはしておかないと。

 hanzobo1.jpg
 方広寺は以前紹介した龍潭寺よりバスで更に北西に10分~15分ぐらい奥に行ったところにあるお寺です。
 JR浜松駅からでは、奥山行きバスで約1時間で行けます

 総門です。
 拝観料400円を払って入山します。

 方広寺(ほうこうじ)は、臨済宗方広寺派の大本山で、山号は深奥山(じんのうざん)、御本尊は釈迦如来座像です。
 開基はこの地の豪族・奥山朝藤(おくやまともふじ)、開山は後醍醐天皇の皇子・無文元選禅師(むもんげんせんぜんじ)です。

 大河ドラマ「おんな城主直虎」では、井伊直親の妻しの(ドラマでは貫地谷しほりさんが演じてられます)の実家の奥山家ゆかりのお寺です。
 地名も奥山ですし、バス停も「奥山」で下車です。

 hanzobo2.jpg
 総門をくぐると、無数の小さな羅漢さんがいっぱいいらっしゃって、私たちを出迎えてくださいます

 hanzobo3.jpg 
 しばらく歩くと赤い山門が見えます。

 hanzobo4.jpg
 立ち止まって振り返って下さっている優しげな羅漢さんがいらっしゃいました
 緑の中をかわいい羅漢さん達に見守られながら歩くのって楽しい♪

 hanzobo5.jpg
 更に歩いていると赤い橋が見えます。
 亀背橋と書いてありました。
 こういう橋を見ると渡るのが楽しくなります

 hanzobo6.jpg
 橋を渡るとすぐに本堂が見えます。

 hanzobo7.jpg
 本堂です。
 大きいですね~。
 明治38年から大正7年にかけて竣工されたもので、間口32m奥行27mだそうです。
 扁額は山岡鉄舟の書です。

 本堂の中には、御本尊の木造釈迦如来さまと文殊さま、普賢さまの釈迦三尊像(重文)の形式でいらっしゃいます
 仏さまには仏師の名前も彫られており、院派によって1352年に造られたものだということがわかっているそうです。

 釈迦如来さまが高さ104cmの坐像で、両脇侍さまはその半分ぐらいの大きさで、釈迦如来さまがしっかりとしたお顔立ちで立派でした
 元禄時代に水戸光圀公(水戸黄門)によって修繕されたと記されているため、水戸黄門ゆかりの御本尊さまでもあるみたいです。

 hanzobo8.jpg
 本堂に上ってからの写真になりますが、受付入口は本堂に向かって右になります。

 hanzobo9.jpg
 本堂の裏側にも羅漢さまがたくさんいらっしゃいます。

 hanzobo10.jpg 
 半僧坊(はんそうぼう)真殿に通じるところには、天狗さまのお顔が。

 ○○坊という名称は、天狗さまと関係があるのですかね?
 太郎坊さんや次郎坊さんなど、坊とついているお寺はどこも天狗さまを祀っているような気がします。
 
 こちらの半僧坊さんは、無文元選禅師を助けた鼻の高い異人で、後に弟子になり、禅師が亡くなった後は、この山とお寺を護り、人々の災難を除こうと言って姿を消されたそうです。
 なので、天狗といってよいのか、異人が元々天狗の変身だったのかはわかりませんが(お寺の解釈としては後者のようです)、見かけは私達が認識している天狗さまです。

  hanzobo11.jpg
 大きな下駄が置いてありました。
 天狗さまの下駄ですかね?
 大中小、各種揃ってます。

 hanzobo12.jpg
 こちらが奥山半僧坊大権現真殿の正面です。
 上記の理由で、半僧坊さまが姿を消されてからは方広寺を護る鎮守さまとして鎮座されています。
 建物は明治14年に燃えてしまい、直後に建てられたそうです。
 直後に建てられるなんて、すごく信仰を集めていらっしゃるのですね。

 写真は載せていませんが、向拝の彫刻の上り龍下り龍は見事ですので行かれたら注目して見てくださいね

 hanzobo13.jpg
 こちらは開山堂勅使門です。
 拝観はできません。

 hanzobo14.jpg
 こちらは七尊菩薩堂で、静岡県下最古の建物だそうです。

 hanzobo15.jpg
 三重塔です。
 大正時代に造られた塔だそうです。

 hanzobo16.jpg
 塔の辺りから本堂を見た景色です。
 結構高いところにあります。

 hanzobo17.jpg
 半僧杉です
 奥山半僧坊の化身との言い伝えがあるそうですよ。

     hanzobo18.jpg
 御朱印をいただきました。
 滑らかで美しい字です。
 真ん中の印に書かれているのは漢字なのでしょうが、曲線の組み合わせで、すごいです。

 いやぁ、このお寺のことは行った時は全く予備知識なしだったのですが、すごく良かったです!
 この時は寺宝の十六羅漢像の特別拝観('16.4.29~'17.4.2まで)もしており、見応えたっぷりでした。
 今はドラマのロケ地にもなっている禅堂を期間限定('17.4.8~12.24まで)の土日祝に限り初公開したり、井伊家・奥山家と方広寺関連の寺宝を公開されているみたいです(詳しくはお寺のHPを見てください。禅堂は時間も13時~15時までと限定されているみたいなので気をつけてくださいね)。

 寺宝ももちろん良いですが、なんといっても小さな羅漢さんがいっぱいのお山の中を歩くのが気持ち良かったです。
 なんか癒されました。
 行って本当に良かったです

 hanzobo19.jpg
 帰りしなに総門のすぐ近くにある中尾商店さんというお店の「手造り半僧坊あぶらげ」という看板に吸い寄せられ、お店のおじさんが美味しいよ!大阪まで持って帰っても大丈夫!と太鼓判を押してくれたので、名物のあぶらげ(油揚げ)を1枚購入(450円)。

 hanzobo20.jpg
 大きいです。
 縦20cmぐらいあったような。
 お店の人のオススメ通り、軽く焼いて生姜醤油で食べたらジュワっとジューシーで美味しい!
 今度、方広寺に行ったらまた買いたいと思います。

 静岡県、見所も美味しいところもいっぱいで益々気に入りました。
 また、方広寺さんにも行きたいな~

 すごく長くかかってしまいましたが、井の国の旅編はこれでおしまいです。
 今年の3月末に、広島、小倉・門司に行ってきましたので、その記事も書けたら書きます。
 でも、次回は恒例の造幣局の通り抜けの記事を書きますね

方広寺
 住所:静岡県浜松市北区引佐町奥山1577-1 TEL:053-543-003
 拝観時間:9時~16時(受付は15時半まで)

中尾商店
 住所:静岡県浜松市北区引佐町奥山1576-3-1 TEL:053-543-0048
 営業時間:9時~17時
スポンサーサイト

  1. 寺社仏閣
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

静岡県浜松市 井の国の旅① 龍潭寺('16.11.2)

 ryotanji1.jpg
 思い返すと、うちは結構大河ドラマの聖地巡礼をしてまして、現在放映中の「おんな城主 直虎」の舞台になっている浜松市にある龍潭寺にも行ってきました
 ですが、行ったのは昨年(2016年)の11月で、ドラマの始まる前なので本当の意味での聖地巡礼ではないですけどね
 少しだけですが、井伊直虎ゆかりの地である井の国を見てきましたので、紹介したいと思います

 この参道と山門(大門)はドラマによくでていますよね

 ryotanji2.jpg
 龍潭寺(りょうたんじ)は、臨済宗妙心寺派の寺院で山号は萬松山、御本尊は虚空蔵菩薩像(秘仏)です。
 
 寺伝によると、奈良時代に行基によって開創されたそうです。
 龍潭寺のある井伊谷(いいのや)は、古く「井の国」と言われ、井の国の大王が治めていた土地だったそうです。
 龍潭寺(前身を含む)は平安時代から井伊家の菩提寺だったみたいですが、室町時代に井伊直平(直虎の曽祖父でドラマでは前田吟さんが演じてらっしゃいます)が帰依した黙宗瑞淵(もくじゅうずいえん)禅師が新たな開山となり、臨済宗妙心寺派のお寺となったみたいです。
 小林薫さん演じる南渓和尚は、この龍潭寺の2代目住職で直平の息子とも養子ともいわれています。

 ryotanji3.jpg
 庫裏のところが受付になっています。
 拝観料500円を払って中を見せていただきます。

 ryotanji4.jpg
 後醍醐天皇の皇子の宗良(むねなが)親王の菩提寺であることから、菊の御紋の瓦でした。

 ryotanji5.jpg
 こちらは本堂の前のお庭です。
 きれいです。

 ryotanji6.jpg
 こちらが本堂です。
 中には、遠州最大の大仏さまの釈迦牟尼仏、釈迦三尊仏、宗良親王のお位牌が安置されています

 廊下は鴬張りになっていて、左甚五郎作だそうです。

 ryotanji7.jpg
 左側に見えるのは御霊屋で、井伊家40代のお位牌が安置されていますが、井伊家の始祖である共保(ともやす)公、直虎の父の22代直盛(なおもり)公、徳川家康に仕え徳川の重臣の地位を築き上げた24代直政(なおまさ)公の3人は木像が安置されていました。

 ryotanji8.jpg
 屋根には井伊家の家紋の橘紋と井桁紋が付いています。

 ryotanji9.jpg
 本堂の後側は小堀遠州作の遥拝の庭になっています

 ryotanji10.jpg
 守護石を中心に、両端に仁王石を配置し、蓬莱岩島などが石や草木で表現されているのですが、広くてお庭全体の写真は写せませんでした。
 でもすごくきれいなお庭でしたよ

 ryotanji11.jpg
 如意輪観音さまも穏やかにいらっしゃいました

 写真は撮らなかったのですが伽藍の外側に井伊家のお墓もありました。
 初代共保、直盛の墓が中央にあり、その脇に奥から直盛の妻(直虎の母)、直虎、直親、直親の妻、直政の順で並んでいます。
 直親は両手に花と喜んでいるのか、直虎と妻の板ばさみになって困っているのかは不明です(笑)。

 ryotanji12.jpg
 直政出世の地の碑です。
 誕生の地の碑というのはよく見ますが、出世の地の碑というのは珍しいですよね。

 ryotanji13.jpg
 こちらは仁王門です。
 本堂の真正面に位置しています。

 ryotanji14.jpg 
 仁王門を出てすぐのところに、直政の無事成長を願って植えられたという梛(なぎ)の木です。
 樹齢400年だそうですよ。
 立派ですね

 その横には子育て地蔵が祀られている小さなお堂もありました。
 井伊家唯一の嫡子である直政を、直虎をはじめ一族皆で無事に成長することを願っていたのでしょうね。

 ryotanji15.jpg
 御朱印もいただきました。
 右が龍潭寺さんの御朱印です。
 わかりやすく、しっかりとした良い字で書いていただきました

 ryotanji16.jpg
 龍潭寺には、私たちは浜松駅からバスで井伊谷宮(いいのやぐう)で降りてきたので、井伊谷宮にも寄りました。
 井伊谷宮は、後醍醐天皇の第4皇子の宗良親王を御祭神とした官幣中社です。

 ryotanji17.jpg
 なぜか何を写したかったのかわからないような写真ばかりだったので、見取り図の看板を載せておきます。
 ちょっと小さいですが、こんな感じに配置されているんだなと思っていただければありがたいです。

 結構大きな神社でして、中には資料館や絵馬資料館(入館料200円)もありましたので興味のある方は寄ってみてくださいね

 ryotanji18.jpg
 龍潭寺も井伊谷宮もドラマが始まる前だったので、まだそんなに混んでなくてゆっくり拝観できて良かったのですが、私の方がちょっと勉強不足で、せっかく行ったのに井伊氏発祥の井戸に行き忘れました
 やっぱり下調べは必要ですね

 旅行記はまだもう少し続きますので、気長にお付き合いくださいね

龍潭寺
 住所:静岡県浜松市北区引佐町井伊谷1989 TEL:053-542-0480(代)
 拝観時間:9時~16時半(17時閉門)
 休観日:8月15日、12月22・23・24・25・26・27日。行事により臨時休観する場合あり。

井伊谷宮
 住所:静岡県浜松市北区引佐町井伊谷1991-1 TEL:053-542-0355
 日本絵馬史料館開館時間:9時~16時  休館日:基本なし

  1. 寺社仏閣
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

第51回京都非公開文化財特別公開③ 上京区 妙蓮寺

 myorenji1.jpg
 秋の京都非公開文化財特別公開の3ヶ所目は、本門法華宗大本山妙蓮寺(みょうれんじ)です
 
 妙蓮寺は、宗祖日蓮大聖人より京都への法華経弘通の遺命を受けた日像聖人によって、永仁2年(1294)に創建されたお寺です。
 日像聖人が京都に上った折、五条西洞院の柳酒屋に足を止め、その邸内に一宇を建立したのが妙蓮寺のはじまりで、「柳」の一字を「木」と「卯」に分け、山号を「卯木山」としたそうです。
 その後、たびたびの法難等により場所を変えたようですが、豊臣秀吉の聚楽第造営に際し、秀吉の命で現在の地に移転されたそうです。

 myorenji2.jpg
 こちらのお寺の見所は、長谷川等伯一門による障壁画でしょう
 「松桜之図」、「柳之図」、「鉾杉之図」を見ることができます。
 等伯56歳の時の「松桜之図」は、桜の花が白く塗りつぶされる方法で描かれていますが、これは等伯の長男の久蔵が好んだ手法で、早世した久蔵を偲んで等伯がそのように描いたそうです
 伏見城に献上するために描かれたそうですが、献上されずに今もこちらのお寺にあります。

 「鉾杉之図」が看板になっている絵です。
 鋭い山のような杉の配置が斬新です

 等伯の次男の宗宅の作品もありました。
 金箔地に直に桜を描いており、細かくきれいでしたが、劣化が激しかったのが惜しいです。

 宝物庫には、狩野永徳の「羅漢之図」や狩野元信の「鷲之図」などもありました。
 元信の鷲は迫力ありました

 先日、京博の琳派展(その時の記事はこちら)できれいな字だと思った、本阿弥光悦の「立正安国論」はこちらのお寺の所蔵品で、今も展覧会に出品中です。

 「日蓮上人伝」も色が美しい絵巻物でした

 こちらのお寺は、近代日本画家の幸野楳嶺(こうのばいれい 竹内栖鳳の師)のお墓もあるそうで、その関係からか、孫の幸野楳渓(豊一)さんの襖絵などもありました
 どの絵もきれいでしたが、私は蓮の絵が気に入りました

 myorenji3.jpg
 中は撮影禁止なのですが、十六羅漢石庭だけは撮影OKでした。
 臥牛石というのがあり、秀吉により伏見城から移された石だそうです。
 白砂と緑の対比が美しいお庭でした。

 myorenji4.jpg
 こちらの妙蓮寺椿は、早咲きの椿で室町時代から有名だったそうです。

 myorenji5.jpg
 一輪だけ咲いていました。
 ピンクのかわいい椿でした

 見所が多いお寺で、拝観できて良かったです
 京都非公開文化財特別公開での拝観は11/8まででしたが、こちらのお寺は期間以外でも拝観可能みたいです。
 ただし、長谷川等伯の襖絵などは事前予約が必要みたいですし、休観日もあるようですので、行かれる前にはHPで確認してくださいね。

 今回、京都非公開文化財特別公開で行ったお寺は3ヶ所です。
 どこも良かったです
 ただ、チラシや拝観の手引きに最寄の駅やバス停は記載されていますが、正確な住所が書かれていなかったので、わかりにくかったところがありました。
 京都古文化保存協会さんは、次回からはぜひチラシにも正確な住所の記載をお願いしたいです。

妙蓮寺
 住所:京都市上京区寺之内通大宮東入ル妙蓮寺前町875  TEL:075-451-3527
 拝観時間:9時~16時 休観日:水曜日、年末年始(行事などにより臨時で拝観できない日もあり。詳しくはHPの「拝観」参照)

  1. 寺社仏閣
  2. tb: 0
  3. cm: 1
  4. [ edit ]

第51回京都非公開文化財特別公開② 上京区 光照院

 信行寺の次は、常盤御所光照院(ときわごしょ こうしょういん)に行きました

 kosyoin2.jpg
 開山は、光厳天皇・光明天皇の妹であり後伏見天皇の皇女進子(ますこ)内親王です。
 南北朝時代の北朝側の方で、幼少期から仏門に入られ、33歳の時には天台・禅・律・浄土の四宗を修められたため、四宗兼学の寺とされています。
 寺院は、はじめ室町一条にあったのですが、応仁・文明の乱で焼失し、その後、後土御門天皇より現在の地である持明院殿跡に寺地を賜ったそうです。
 代々皇女が入寺された尼門跡寺院で、常盤御所という称号をおもちです。
 現在は浄土宗のお寺です。
 (ちなみに写真に写っている女性は私ではありません。笑)

 kosyoin3.jpg
 こちらのお寺も右に見える門の中に入ると写真撮影禁止です。

           kosyoin1.jpg
 本堂は、禅堂風の入母屋造り軒唐破風付きの建物で、内部は折上格天井になっています。
 その格子面の1つ1つに、昭和の画家である田能村直外さんが天井画を描かれています。
 こちらは時代が新しいため、まだそれほど劣化もしておらず、非常にきれいでした

 御本尊は鎌倉時代作の釈迦如来立像です。
 清涼寺式釈迦如来さまで、遠くてよく見えませんでしたが、髪も縄目状で、衣も首の辺りまでしっかり着込んでおられるようです。
 温和な印象でした

 脇壇には、右に恵心僧都作といわれている阿弥陀如来像と左に自本覚公(進子内親王)が安置されていました

 書院は、京都御所内の旧桂宮宮殿の一部を移築した建物だそうです。
 中にはお厨子があり、毘沙門天さまが安置されていました。
 この毘沙門天さまは、東福門院さんとご関係があるというような説明だったような・・・。

 前庭は、樹齢数百年という五葉松を配した枯山水の庭になっています。
 それほど大きなお庭ではありませんが、横に伸びる立派な松と、縦に伸びる若い松の対比が美しかったです

 こちらのお寺は、比較的ゆっくりと拝観できることができました

 kosyoin4.jpg 
 お寺の入口の隣にある町家で写真展をされていましたので見学させていただきました。
 be京都フォトクラブさんという団体の展示会だそうです。
 10/31(土)~11/5(木)までだったようで、偶然だったのですが見学できてラッキーでした。
 どれも美しい作品ばかりで、良い目の保養になりました

光照院
 住所:京都市上京区新町通上立売上ル安楽小路町425 TEL:075-441-2254
 拝観期間:H27.10.30~11.8まで(通常非公開) 拝観時間:9時~16時

  1. 寺社仏閣
  2. tb: 0
  3. cm: 4
  4. [ edit ]

第51回京都非公開文化財特別公開① 左京区 信行寺

 今年の秋の京都非公開文化財特別公開('15.10.30~11.8まで。拝観料800円)に行ってきました
 いくつかまわったのですが、最初に紹介するのは信行寺(しんぎょうじ)さんです。
 
         singyo1.jpg
 信行寺は、御本尊が阿弥陀如来立像で、山号を道源山と称する浄土宗総本山知恩院の末寺です。
 御本尊の両脇侍には勢至菩薩立像(右)、観音菩薩立像(左)が安置されており、一茎二花の蓮をもってらっしゃる観音菩薩像は、慈覚大師円仁作だとされているようです。
 三尊ともそれほど大きくはないですが、優しそうな雰囲気でしたよ
 この観音さまについて描かれた、山田道貞作「信行寺大悲尊像縁起絵巻」も展示されていましたが、きれいな絵巻物でした。

 singyo2.jpg
 このお寺の見所は、伊藤若冲最晩年作の天井画「花卉図(かきず)」でしょう。
 外陣の格天井の格子面に、計168枚(うち1枚は銘のみ)の花が描かれているのです。
 格子面は、縦横約38cmの板地に直径33.6cmの円相が施され、その中に花が1種ずつ描かれています。
 円相の外側は群青色に塗られ、内側の167枚の花は、牡丹(一番多く30図以上)、梅、菊、朝顔、蓮、百合など日本画でよく見る花をはじめ、サボテンやひまわり、ハイビスカスなどもあり多彩でした。
 銘のみの最後の一枚は、若冲は84歳で亡くなっているのに、縁起を担いだのか「米斗翁八十八歳画」と書いてあるのが面白いですよね

 168面もあるので本当はじっくりと見たかったのですが、若冲人気はすさまじく、入寺までに1時間ぐらいかかる大行列です
 入ってからも入れ替え制だからとそそくさと出されますので、ざっと見るだけで終わってしまいます
 おまけに、普段非公開のお寺なので、門の中に入るとお庭の写真撮影も一切禁止です
 少し解説をしてくれるので、1時間以上並んで10分程度の拝観というところでしょうか。

 今週末(11/8)までの公開ということで益々の混雑が予想されますので、これから行かれる方は、行列を覚悟で行ってくださいね
 もし見たい花がある場合は、お寺または案内の方にどこにあるのかを教えていただくのがよいと思いますよ

信行寺
 住所:京都市左京区北門前町472 TEL:075-771-1769
 拝観期間:H27.10.30~11.8まで(通常非公開) 拝観時間:9時~16時


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
関西を中心にお話します。
基本的には、遊びに行って、お昼を食べて、おみやげに家で食べれるものを買って帰るというパターンになっています。(最近パターン通りになっていませんが)
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

ブログラム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。