スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滋賀 比叡山延暦寺③ 東塔地域

 さて比叡山シリーズの最後は東塔(とうどう)地域です。
 今回私達は最後に行きましたが、本来バスで行くと一番最初に着く区域です。

 hiei16.jpg
 宗祖伝教大師最澄が創建した一乗止観院を始まりとした延暦寺の総本堂である根本中堂は、H28年から10年かけての大改修中です。
 でも参拝はできます。
 御本尊は薬師如来像で、ご本尊の前には1200年間灯り続けている「不滅の法灯」も安置されています。
 概観は覆いがされているのでよく見えませんが、建物は国宝で、廻廊も重文に指定されているそうです。

 hiei17.jpg
 御朱印もいただきました。
 御本尊の薬師如来さまは医師の役割をされているので、醫王殿と書かれています。
 美しい字です。
 
 hiei18.jpg
 こちらは文殊楼です。
 延暦寺の山門にあたるそうです。
 上にも上れますが、階段が急でちょっと昇降には注意が必要です。

 hiei19.jpg
 大講堂(重文)は昭和31年に焼失してしまった後、昭和39年に山麓坂本の讃仏堂を移築したものだそうです。
 御本尊は大日如来像で、その左右には比叡山で修行した各宗派の宗祖の木像が祀られていました。

 hiei20.jpg
 こちらは戒壇院(重文)です。
 天台宗の僧侶が戒律を授かるお堂だそうで、中は拝観できませんが御本尊は釈迦牟尼如来さまがまつられているそうです。

 hiei21.jpg
 阿弥陀堂と法華総持院東塔です。
 阿弥陀堂の御本尊は大きな阿弥陀如来です。
 塔もどっしりとしていて美しいです。

 hiei22.jpg
 国宝殿(拝観料500円)にも行きました。
 名前の由来は、伝教大師さま筆の山家学生式の中にある「一隅を照らす、これ則ち国宝なり」という言葉から名づけられたそうです。

 中には仏像がいっぱいで、気持ちがわくわくしました。
 鎌倉時代のお不動さまは、こちらを見てくださっている感じがして、かっこよかったです。
 明王や天部の仏さまはかっこいいですね。

 比叡山はやっぱりすごいですね。
 昔はどこのお寺でもそうでしたが、火事が多くお堂の多くが一度は焼失していますが、さすがは日本の仏教の故郷ともいえる場所です。
 不屈の精神を見た気がしました。
 良かったです。

 hiei23.jpg
hiei24.jpg
 お山をバスで坂本の方に下りた後は、鶴喜さんでおそばを食べて帰りました。
 これで長くかかっていた比叡山シリーズはおしまいです。

 最近、なかなか時間を取ることが難しく、ブログをしばらくお休みしようかと思っています。
 よく遊びに行くので、書きたいネタが溜まっており、心残りがあるので迷ってはいるのですが、また書く時間ができれば再開したいとは思っています。
 長く放置するのか、案外気が向いてすぐに再開するのかはわかりませんが、再開した時はまたよろしくお願いします。

 hiei25.jpg
 今日は大晦日。
 美味しい年越しそばを食べて、皆様良いお年をお迎えください。
 ありがとうございました
 
比叡山延暦寺 
 住所;滋賀県大津市坂本本町4220 TEL:077-578-0001(代表)
 東塔地域巡拝時間:3月~11月は8時半~16時半、12月は9時~16時、1月~2月は9時~16時半

国宝殿
 拝観時間;1月~2月は9時~16時半、3月~11月は8時半~16時半、12月は9時~16時(入館は各閉館時間の30分前まで) 年中無休

本家鶴喜そば
 住所:滋賀県大津市坂本4-11-40 TEL:077-578-0002
 営業時間:10時~18時(L.O.17時45分) 定休日第3金曜(8月11月は無休、1月6月は木・金連休)
スポンサーサイト

滋賀 比叡山延暦寺② 横川地域

なかなかブログが書けず、1つめの比叡山の記事からだいぶん経ってしまい、とうとう大晦日になってしまいました。
 さすがに年内に終わらせたいので、ざっと記しておくことにします。

 hiei8.jpg
 西塔地域の後に行ったのは、更に奥の横川(よかわ)地域です。
 天台座主第3世慈覚大師円仁(じかくだいしえんにん)によって開かれた場所だそうです。

 hiei9.jpg 
 まずは元三大師堂(四季講堂)から行きました。
 元三大師(がんざんだいし)は通称で、慈恵大師良源(じえだいしりょうげん)と言い、第18代天台座主を務め、延暦寺の中興の祖としても知られています。
 今年奈良国立博物館で開催された源信(恵心僧都)の師でもあります。

 元三大師はおみくじの元祖とも言われています。
 青蓮院さんでそのことを知り、何気におみくじをひいたらなんかすごく心当たりがあることが起こり、それ以来、元三大師さんのおみくじだけをひいていますが、これがよく当たるのでちょっとひくのがこわくなっています。
 ここがおみくじ発祥の地なので、今回はどうしようかなと思っていたら、こちらのおみくじは何か決断がある時のみしかひかせてもらえないようになっていて、ちょっとホッとしました。

 hiei10.jpg
 こちらは横川中堂です。
 御本尊は慈覚大師作と伝えられる聖観音菩薩(重文)です。

 hiei11.jpg
 少し足を伸ばして、定行院(じょうこういん)にも行ってきました。

 hiei12.jpg 
 こちらは日蓮上人が修行された地に建てられたお寺です。
 横川中堂から結構遠くて、山奥で修行されたのだなと思いました。

 hiei13.jpg hiei14.jpg
 横川地域では2つの御朱印をいただきました。

 hiei15.jpg
 私達が行った時は、横川地域の入口の辺で出店がでていまして、そこの黒糖饅頭がすごく美味しかったので、現地で3個食べ、お土産用に5個購入しました。
 近江藤斎というお店のお饅頭です。
 餡が粒あんで程よい甘さと大きさで、いくらでも食べれてしまいます(笑)。
 家に帰って調べてみると、鮎家の和菓子部門のお店でした。

 甘い物でホッと一息ついて、最後の東塔地区に向かいます。

比叡山延暦寺 
 住所;滋賀県大津市坂本本町4220 TEL:077-578-0001(代表)
 横川地域巡拝時間:3月~11月は9時~16時、12月は9時半~15時半、1月~2月は9時半~16時

滋賀 比叡山延暦寺① 西塔地域

 hiei1.jpg
 比叡山延暦寺で期間限定で秘仏御本尊が公開がされていると知り、行ってきました。
 比叡山は広いので何回かに分けて紹介したいと思います。

 比叡山の巡拝順路は、まず東塔地域から行くのが順当なのですが、今回秘仏公開されているのは西塔(さいとう)地域の釈迦堂だったので、西塔から行きました。

 hiei2.jpg
 こちらが西塔の本堂にあたる釈迦堂(転法輪堂)です。
 延暦寺に現存する建築中最古のもので、もとは三井寺の園城寺の金堂でしたが、豊臣秀吉が文禄四年(1595年)に西塔に移築したものだそうで、 国重要文化財に指定されているそうです。

      hiei3.jpg
 こちらでは、回峰行の祖である相応和尚1100年御遠忌記念として、秘仏御本尊の釈迦如来像の御開帳('17.10.1~12.10まで。比叡山入山料700円)と内陣特別拝観('17.8.1~12.10まで。内陣巡拝料500円)がされており、普段お目にかかれない仏さまにお会いすることができます。

 秘仏御本尊は脇侍に文殊菩薩・普賢菩薩の釈迦三尊像です。
 小さめで、釈迦如来さまは衣の襞も少なくスッとした印象でした。
 33年ぶりの御開帳だそうですよ。

 内陣は今回初めて一般拝観可にされたみたいですが、内部を守ってらっしゃる四天王の持国天さまと増長天さまがカッコイイ!(広目天、多聞天像は国宝殿にいらっしゃいます)
 目は玉眼ですごい迫力です。
 増長天さまの方が少し穏やかなような。
 私は持国天さまに魅せられてしまって、少し前に行ってはやっぱり持国天さまの前に戻り惚れ惚れと見惚れてしまいました。
 本当にかっこよかったです。

 三蔵法師像などの16神の像も小さめですがしっかり造られていて美しかったです。
 元三大師像もきれいでした。
 かがまないとお顔が見れませんけどね。

 内陣拝観よかったです。

 hiei4.jpg hiei5.jpg hiei6.jpg
 こちらは、にない堂です。
 常行堂と法華堂の2つのお堂が廊下でつながってます。
 中には入れません。
 弁慶にちなんでにない堂という名前がついたそうです。

 hiei7.jpg
 西塔には、伝教大師御廟のある浄土院もありますが、今回は釈迦堂のみ似て失礼したので、お釈迦さまにご挨拶をして先に進みました。

 特別拝観は12/10までですがオススメです。
 
比叡山延暦寺 
 住所;滋賀県大津市坂本本町4220 TEL:077-578-0001(代表)
 西塔地域巡拝時間:3月~11月は9時~16時、12月は9時半~15時半、1月~2月は9時半~16時

静岡県浜松市 井の国の旅③ 方広寺・奥山半僧坊総本殿

 ちょっと忙しくしており、ハッと気がつくと4月の中旬。
 ブログが書けていなくて広告が・・・
 ちょっといつの話!?という感じですが、大本山方広寺・奥山半僧坊総本殿の紹介だけはしておかないと。

 hanzobo1.jpg
 方広寺は以前紹介した龍潭寺よりバスで更に北西に10分~15分ぐらい奥に行ったところにあるお寺です。
 JR浜松駅からでは、奥山行きバスで約1時間で行けます

 総門です。
 拝観料400円を払って入山します。

 方広寺(ほうこうじ)は、臨済宗方広寺派の大本山で、山号は深奥山(じんのうざん)、御本尊は釈迦如来座像です。
 開基はこの地の豪族・奥山朝藤(おくやまともふじ)、開山は後醍醐天皇の皇子・無文元選禅師(むもんげんせんぜんじ)です。

 大河ドラマ「おんな城主直虎」では、井伊直親の妻しの(ドラマでは貫地谷しほりさんが演じてられます)の実家の奥山家ゆかりのお寺です。
 地名も奥山ですし、バス停も「奥山」で下車です。

 hanzobo2.jpg
 総門をくぐると、無数の小さな羅漢さんがいっぱいいらっしゃって、私たちを出迎えてくださいます

 hanzobo3.jpg 
 しばらく歩くと赤い山門が見えます。

 hanzobo4.jpg
 立ち止まって振り返って下さっている優しげな羅漢さんがいらっしゃいました
 緑の中をかわいい羅漢さん達に見守られながら歩くのって楽しい♪

 hanzobo5.jpg
 更に歩いていると赤い橋が見えます。
 亀背橋と書いてありました。
 こういう橋を見ると渡るのが楽しくなります

 hanzobo6.jpg
 橋を渡るとすぐに本堂が見えます。

 hanzobo7.jpg
 本堂です。
 大きいですね~。
 明治38年から大正7年にかけて竣工されたもので、間口32m奥行27mだそうです。
 扁額は山岡鉄舟の書です。

 本堂の中には、御本尊の木造釈迦如来さまと文殊さま、普賢さまの釈迦三尊像(重文)の形式でいらっしゃいます
 仏さまには仏師の名前も彫られており、院派によって1352年に造られたものだということがわかっているそうです。

 釈迦如来さまが高さ104cmの坐像で、両脇侍さまはその半分ぐらいの大きさで、釈迦如来さまがしっかりとしたお顔立ちで立派でした
 元禄時代に水戸光圀公(水戸黄門)によって修繕されたと記されているため、水戸黄門ゆかりの御本尊さまでもあるみたいです。

 hanzobo8.jpg
 本堂に上ってからの写真になりますが、受付入口は本堂に向かって右になります。

 hanzobo9.jpg
 本堂の裏側にも羅漢さまがたくさんいらっしゃいます。

 hanzobo10.jpg 
 半僧坊(はんそうぼう)真殿に通じるところには、天狗さまのお顔が。

 ○○坊という名称は、天狗さまと関係があるのですかね?
 太郎坊さんや次郎坊さんなど、坊とついているお寺はどこも天狗さまを祀っているような気がします。
 
 こちらの半僧坊さんは、無文元選禅師を助けた鼻の高い異人で、後に弟子になり、禅師が亡くなった後は、この山とお寺を護り、人々の災難を除こうと言って姿を消されたそうです。
 なので、天狗といってよいのか、異人が元々天狗の変身だったのかはわかりませんが(お寺の解釈としては後者のようです)、見かけは私達が認識している天狗さまです。

  hanzobo11.jpg
 大きな下駄が置いてありました。
 天狗さまの下駄ですかね?
 大中小、各種揃ってます。

 hanzobo12.jpg
 こちらが奥山半僧坊大権現真殿の正面です。
 上記の理由で、半僧坊さまが姿を消されてからは方広寺を護る鎮守さまとして鎮座されています。
 建物は明治14年に燃えてしまい、直後に建てられたそうです。
 直後に建てられるなんて、すごく信仰を集めていらっしゃるのですね。

 写真は載せていませんが、向拝の彫刻の上り龍下り龍は見事ですので行かれたら注目して見てくださいね

 hanzobo13.jpg
 こちらは開山堂勅使門です。
 拝観はできません。

 hanzobo14.jpg
 こちらは七尊菩薩堂で、静岡県下最古の建物だそうです。

 hanzobo15.jpg
 三重塔です。
 大正時代に造られた塔だそうです。

 hanzobo16.jpg
 塔の辺りから本堂を見た景色です。
 結構高いところにあります。

 hanzobo17.jpg
 半僧杉です
 奥山半僧坊の化身との言い伝えがあるそうですよ。

     hanzobo18.jpg
 御朱印をいただきました。
 滑らかで美しい字です。
 真ん中の印に書かれているのは漢字なのでしょうが、曲線の組み合わせで、すごいです。

 いやぁ、このお寺のことは行った時は全く予備知識なしだったのですが、すごく良かったです!
 この時は寺宝の十六羅漢像の特別拝観('16.4.29~'17.4.2まで)もしており、見応えたっぷりでした。
 今はドラマのロケ地にもなっている禅堂を期間限定('17.4.8~12.24まで)の土日祝に限り初公開したり、井伊家・奥山家と方広寺関連の寺宝を公開されているみたいです(詳しくはお寺のHPを見てください。禅堂は時間も13時~15時までと限定されているみたいなので気をつけてくださいね)。

 寺宝ももちろん良いですが、なんといっても小さな羅漢さんがいっぱいのお山の中を歩くのが気持ち良かったです。
 なんか癒されました。
 行って本当に良かったです

 hanzobo19.jpg
 帰りしなに総門のすぐ近くにある中尾商店さんというお店の「手造り半僧坊あぶらげ」という看板に吸い寄せられ、お店のおじさんが美味しいよ!大阪まで持って帰っても大丈夫!と太鼓判を押してくれたので、名物のあぶらげ(油揚げ)を1枚購入(450円)。

 hanzobo20.jpg
 大きいです。
 縦20cmぐらいあったような。
 お店の人のオススメ通り、軽く焼いて生姜醤油で食べたらジュワっとジューシーで美味しい!
 今度、方広寺に行ったらまた買いたいと思います。

 静岡県、見所も美味しいところもいっぱいで益々気に入りました。
 また、方広寺さんにも行きたいな~

 すごく長くかかってしまいましたが、井の国の旅編はこれでおしまいです。
 今年の3月末に、広島、小倉・門司に行ってきましたので、その記事も書けたら書きます。
 でも、次回は恒例の造幣局の通り抜けの記事を書きますね

方広寺
 住所:静岡県浜松市北区引佐町奥山1577-1 TEL:053-543-003
 拝観時間:9時~16時(受付は15時半まで)

中尾商店
 住所:静岡県浜松市北区引佐町奥山1576-3-1 TEL:053-543-0048
 営業時間:9時~17時

静岡県浜松市 井の国の旅① 龍潭寺('16.11.2)

 ryotanji1.jpg
 思い返すと、うちは結構大河ドラマの聖地巡礼をしてまして、現在放映中の「おんな城主 直虎」の舞台になっている浜松市にある龍潭寺にも行ってきました
 ですが、行ったのは昨年(2016年)の11月で、ドラマの始まる前なので本当の意味での聖地巡礼ではないですけどね
 少しだけですが、井伊直虎ゆかりの地である井の国を見てきましたので、紹介したいと思います

 この参道と山門(大門)はドラマによくでていますよね

 ryotanji2.jpg
 龍潭寺(りょうたんじ)は、臨済宗妙心寺派の寺院で山号は萬松山、御本尊は虚空蔵菩薩像(秘仏)です。
 
 寺伝によると、奈良時代に行基によって開創されたそうです。
 龍潭寺のある井伊谷(いいのや)は、古く「井の国」と言われ、井の国の大王が治めていた土地だったそうです。
 龍潭寺(前身を含む)は平安時代から井伊家の菩提寺だったみたいですが、室町時代に井伊直平(直虎の曽祖父でドラマでは前田吟さんが演じてらっしゃいます)が帰依した黙宗瑞淵(もくじゅうずいえん)禅師が新たな開山となり、臨済宗妙心寺派のお寺となったみたいです。
 小林薫さん演じる南渓和尚は、この龍潭寺の2代目住職で直平の息子とも養子ともいわれています。

 ryotanji3.jpg
 庫裏のところが受付になっています。
 拝観料500円を払って中を見せていただきます。

 ryotanji4.jpg
 後醍醐天皇の皇子の宗良(むねなが)親王の菩提寺であることから、菊の御紋の瓦でした。

 ryotanji5.jpg
 こちらは本堂の前のお庭です。
 きれいです。

 ryotanji6.jpg
 こちらが本堂です。
 中には、遠州最大の大仏さまの釈迦牟尼仏、釈迦三尊仏、宗良親王のお位牌が安置されています

 廊下は鴬張りになっていて、左甚五郎作だそうです。

 ryotanji7.jpg
 左側に見えるのは御霊屋で、井伊家40代のお位牌が安置されていますが、井伊家の始祖である共保(ともやす)公、直虎の父の22代直盛(なおもり)公、徳川家康に仕え徳川の重臣の地位を築き上げた24代直政(なおまさ)公の3人は木像が安置されていました。

 ryotanji8.jpg
 屋根には井伊家の家紋の橘紋と井桁紋が付いています。

 ryotanji9.jpg
 本堂の後側は小堀遠州作の遥拝の庭になっています

 ryotanji10.jpg
 守護石を中心に、両端に仁王石を配置し、蓬莱岩島などが石や草木で表現されているのですが、広くてお庭全体の写真は写せませんでした。
 でもすごくきれいなお庭でしたよ

 ryotanji11.jpg
 如意輪観音さまも穏やかにいらっしゃいました

 写真は撮らなかったのですが伽藍の外側に井伊家のお墓もありました。
 初代共保、直盛の墓が中央にあり、その脇に奥から直盛の妻(直虎の母)、直虎、直親、直親の妻、直政の順で並んでいます。
 直親は両手に花と喜んでいるのか、直虎と妻の板ばさみになって困っているのかは不明です(笑)。

 ryotanji12.jpg
 直政出世の地の碑です。
 誕生の地の碑というのはよく見ますが、出世の地の碑というのは珍しいですよね。

 ryotanji13.jpg
 こちらは仁王門です。
 本堂の真正面に位置しています。

 ryotanji14.jpg 
 仁王門を出てすぐのところに、直政の無事成長を願って植えられたという梛(なぎ)の木です。
 樹齢400年だそうですよ。
 立派ですね

 その横には子育て地蔵が祀られている小さなお堂もありました。
 井伊家唯一の嫡子である直政を、直虎をはじめ一族皆で無事に成長することを願っていたのでしょうね。

 ryotanji15.jpg
 御朱印もいただきました。
 右が龍潭寺さんの御朱印です。
 わかりやすく、しっかりとした良い字で書いていただきました

 ryotanji16.jpg
 龍潭寺には、私たちは浜松駅からバスで井伊谷宮(いいのやぐう)で降りてきたので、井伊谷宮にも寄りました。
 井伊谷宮は、後醍醐天皇の第4皇子の宗良親王を御祭神とした官幣中社です。

 ryotanji17.jpg
 なぜか何を写したかったのかわからないような写真ばかりだったので、見取り図の看板を載せておきます。
 ちょっと小さいですが、こんな感じに配置されているんだなと思っていただければありがたいです。

 結構大きな神社でして、中には資料館や絵馬資料館(入館料200円)もありましたので興味のある方は寄ってみてくださいね

 ryotanji18.jpg
 龍潭寺も井伊谷宮もドラマが始まる前だったので、まだそんなに混んでなくてゆっくり拝観できて良かったのですが、私の方がちょっと勉強不足で、せっかく行ったのに井伊氏発祥の井戸に行き忘れました
 やっぱり下調べは必要ですね

 旅行記はまだもう少し続きますので、気長にお付き合いくださいね

龍潭寺
 住所:静岡県浜松市北区引佐町井伊谷1989 TEL:053-542-0480(代)
 拝観時間:9時~16時半(17時閉門)
 休観日:8月15日、12月22・23・24・25・26・27日。行事により臨時休観する場合あり。

井伊谷宮
 住所:静岡県浜松市北区引佐町井伊谷1991-1 TEL:053-542-0355
 日本絵馬史料館開館時間:9時~16時  休館日:基本なし
プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
関西を中心にお話します。
基本的には、遊びに行って、お昼を食べて、おみやげに家で食べれるものを買って帰るというパターンになっています。(最近パターン通りになっていませんが)
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
ブログラム
時間
検索フォーム
リンク
ご注意
◎当ブログに掲載している文章・写真等の無断転載を固く禁止します。 ◎記載の価格は訪問時のもので、現在の価格とは違っている場合がありますのでご注意を。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。