とある婦人の忘備目録

展覧会、映画、お寺などを観ること、食べることを中心に感想を綴っていきます。

  1. 展覧会
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

京都 「芳年」展&「池田理代子」展

 旅行やお出かけの記事ばかりになっていますが、展覧会めぐりも着々と行っています。
 ですが、書く方が間に合わずどんどん終わってしまうので、益々書く気が起こらないという悪循環になっています
 でも昨日(4/22)に行った展覧会が良くて、しかも会期が今日(4/23)までなので、少し紹介しておきますね

 tukioka1.jpg
 美術館「えき」KYOTOで開催されているのは「芳年-激動の時代を生きた鬼才浮世絵師」展('19.4.1~4.23まで。入館料900円)です。
 月岡芳年(大蘇芳年)は幕末から明治にかけて活躍した浮世絵師です。
 
 tukioka2.jpg
 私が初めて芳年のことを知ったのはまだ20代の頃で、オランダのゴッホ美術館で芳年の特別展が開かれていたのです。
 ゴッホを観に行ったら一際人が多いコーナーがあって、自分も見てみたらなんと日本の浮世絵が展示されており、それが今まで見たことがない浮世絵、いわゆる「血みどろ芳年」の数々でした

 歌麿や写楽の世界が浮世絵だと思っていた若かりし日の私は、こんなのが浮世絵のすべてだとオランダ人に思われたらどうしよう・・・と心配したものです。
 あまりに残酷で衝撃を受けたのですが、これまた見たことがないほど美しい浮世絵もあり、妙に心に残ってその後は芳年に注目するようになりました。
 残酷絵だけではなく、師の国芳ゆずりのドラマテッィクな構図に色使いの美しさですっかり大ファンになり、今では私がもっとも好きな浮世絵師です

 あれから国内で何度も芳年の展覧会を観てきましたが、ほんの数枚だけでの展示はありましたが、オランダで観たような英名二十八衆句のシリーズをまとまって観る機会はありませんでした。
 それがなんと今回の展覧会では、落合芳幾の作品とともに英名二十八衆句が全部展示されているではないですか
 体に血の手形が付いていたりして、今見ても残酷だなと思うので、さすがにコーナーが分かれており、こどもや見たくない人は見なくて済むように展示に配慮されていましたけどね。

 芳年の展覧会だからということで行っただけで、英名二十八衆句が揃って観れると思っていなかったので、やっと日本でも展示可能になったのだと感慨深かったです

 tukioka3.jpg
 図録は2500円でした。
 芳年の図録は何冊か持っていますが、これは外せないと思って買ってしまいました。

 美人画などだけを期待されると衝撃を受けられるかもしれませんが、芳年の本領発揮の静と動の作品が堪能できる展覧会でした

 tukioka4.jpg 
 もう1つの展覧会は、京都高島屋で開催されている「デビュー50周年記念
展 池田理代子-「ベルばら」とともに-」展('17.4.12~4.23まで。入場料800円)です。

 ベルばらで有名なご存知漫画家・池田理代子さんの展覧会です。
 池田理代子さんの初期の作品から最近の新作まで、ベルばらを中心に紹介されています

 私も当時は夢中になったのですが、ベルばらって人気があるのですね。
 展覧会は老若男女の人々で大盛況でした
 会場にはタカラヅカのベルばら公演のパネル展示もあり、漫画関係ではなくそちらのパネルの方に興味を持たれている方も少なくなく(とくに男性)、漫画系、タカラヅカ系でパキッと分かれているのが面白かったです。
 私も1回だけ、タカラヅカにベルばらを観に行きましたが、興味はやっぱり漫画の方です(笑)。

 当時、少女マンガで歴史物は描かせてもらえなかったそうですが、人気が出なければ即打ち切りという条件で始まったそうです。
 それでも池田さんは全然不安はなかったそうです。
 なぜなら頭の中で考えているストーリーがとっても面白かったからだそうです。

 ベルばらは1972年(昭和47年)に連載された少女漫画ですが、その時代は教育でも男女とも大学進学率がアップしてきた頃だと思われ、少女漫画を楽しむ読者世代の小中高生においても歴史物を娯楽として楽しめる知的な下地ができていたのではないかと思います。
 少女が好むキラキラキャラに骨太の歴史的ストーリー、人気がでないわけがないですよね

 tukioka5.jpg tukioka6.jpg
 会場にはオスカルやマリー・アントワネットの衣装も展示されていました。
 真ん中に座って写真撮影が可能でしたが、ちょっと恥かしくて衣装だけを撮影。

 tukioka7.jpg
 もともと池田理代子さんの作品は好きだったのですが、最近、ベルばらの新エピソードも描かれているみたいで、新エピソードも読んでみたくなりました

 どちらの展覧会も今日(4/23)までです。
 最終日は時間も早く終わりますので、気をつけてくださいね。

美術館「えき」KYOTO
 住所:京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 JR京都伊勢丹7階隣接 TEL:075-352-1111(大代表)
 開館時間:10時~20時(最終日17時まで。入館各30分前まで)

京都高島屋グランドホール7階
 住所:京都市下京区四条通河原町西入真町52番地 TEL:075-221-8811
 開場時間:10時~20時(最終日は17時まで。入場は各閉場の30分前まで)
スポンサーサイト

  1. 展覧会
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

京都 冬の展覧会めぐり②('17.2.4)

 毎日寒いですね
 寒いと何をするのも億劫で、温かくしていると眠くなり、ちょっと休憩のつもりが寝てしまっていたという状態が続いていました。
 2/4に行った展覧会の続きももっと早くに書くつもりだったのですが、週末になってしまったので急いで紹介させていただきますね。

 re1.jpg
 龍谷ミュージアムで開催されている「追慕抄 九條武子」展('17.1.9~2.19まで。入館料500円)です。

 九條武子さんは、西本願寺の第21世宗主大谷光尊の次女で、大谷探検隊で有名な大谷光瑞の妹です。
 関東大震災の折、自身も被災しながらも救援、慈善活動を積極的に行い、42歳という若さで亡くなりました。
 今年(2017年)は九條武子さんの没後90年にあたるということで、写真を中心に足跡がたどれる展覧会になっていました。

 re2.jpg re3.jpg
 九條武子さんといえば大正三美人の1人で有名ですが、才色兼備だったみたいで、日本画を上村松園から学び、和歌は佐佐木信綱の教えを受けたそうです。
 今回の展覧会でも松園に絵を習っている写真とともに、九條武子さんが描いた絵も展示されていましたが、その絵が暖かくてかわいいのです
 「童女図」の女の子の足元に小さく描かれた草は、武子さんの感性だろうなと思いました。
 優しい印象がします

 和歌は私は良し悪しがわからないのですが、字が流麗で美しい~
 達筆すぎて読めなかったのですけどね(笑)。

 NHKの朝ドラ「花子とアン」で主人公の親友・葉山蓮子のモデルとなった、同じく大正三美人の1人柳原白蓮とのツーショット写真もありましたよ。

 静かでたおやかなイメージを持っていたのですが、ボランティアや慈善事業に自分の考えで積極的に行動する活動的一面もあり、容姿だけでなくこころも健康で美しい人だったのだなと思える展覧会でした

 同時開催されている「仏教の思想と文化 インドから日本へ」展も、ガンダーラ仏をはじめ美しい遺物がたくさんありましたし良かったです。

 re4.jpg
 そしてこの日、最後に行った展覧会は、美術館「えき」KYOTOで開催されている「清川あさみ展」('17.1.21~2.14まで。入館料800円)です。

 清川あさみさんは、現在NHKの朝ドラ「べっぴんさん」のタイトル映像を担当されている方で、刺繍を中心にした作品を作られているみたいです。
 べっぴんさんのオープニング映像の色使いがきれいだなと思っていたので、興味を持って観に行ってきました

 re5.jpg re6.jpg
 展覧会はいくつかのコーナーに分かれており、本のページに刺繍というのはちょっと落書きに見えて、本好きの私としてはいただけず、若者の写真に刺繍を加えた「TOKYOモンスター」シリーズも多くが顔のパーツが隠されているため仮面をかぶっているように見え、私はあまり好みではなかったのですが、次のコーナーの「美女採集」はハマリました。

 「美女採集」は、女優やミュージシャンなどの女性の写真に、その人から受けた動植物のイメージを刺繍などで装飾した作品シリーズなのですが、どれもキュートでかわいい

 「杏×キリン」が私の一番のお気に入りです。
 でも「黒木華×雪柳」も良かったなぁ。
 「柴咲コウ×シャムネコ」もオシャレでした。
 いや~どれも甲乙つけがたい美女ばかりでした

 本や若者の写真に施した作品はちょっとやりすぎ感があるのですが、このシリーズは「美女」と名付けてあるだけに、どれも美女のままで表現されていて、ワクワクしながら楽しく観れました

 写真には細かく豪華な装飾がかなり付け加えられているのですが、背景に見劣りするどころか輝きを増しているモデル達を見ると、芸能人には「華」というオーラがあるということをまざまざと実感させられますね。
 清川あさみさんは、そのオーラを具現化させるマイスターなんだなと思いました

 初めの予想通り、色使いがとてもカラフルできれいでした。
 清川さんの作品は、まさに「べっぴん」でした。
 楽しかったです

龍谷ミュージアム
 住所:京都市下京区西中筋通正面下る丸屋町117 TEL;075-351-2500
 開館時間:10時~17時(入館は16時半まで) 休館日:月曜(月曜が祝日の場合は翌日閉館)、展示替え期間('12.7.17~8.23は休館)、ミュージアムの定める日

美術館「えき」KYOTO
 住所:京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 JR京都伊勢丹7階隣接
 TEL:075-352-1111(大代表)
 開館時間:10時~20時(最終日17時まで。入館各30分前まで)

  1. 展覧会
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

京都 冬の展覧会めぐり①('17.2.4)

 昨日、京都に行って計5つの展覧会と映画「バイオハザード ザ・ファイナル」を観てきました。
 バイオハザード、もうそろそろ上映終了(既に終わっているところもあり)なので、ちょっと記事が間に合いませんが、ミラ・ジョヴォヴィッチのタフネスさがかっこよくて面白かったです。
 詳しくはまた記事に書くかもしれません。

 で、本題の展覧会ですが、2回に分けて簡単に紹介したいと思います。
 khj1.jpg
 まず最初は、京都国立近代美術館で開催されている「茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術」展('16.12.17~'17.2.12まで。観覧料1400円)です。

 私は茶道をたしなんでいないせいか茶碗の良さがわからず、この展覧会はそんなに混んでいないだろうと勝手に思っていたのですが、なんのなんの結構盛況でした。
 一子相伝で継承されてきた楽焼の作品を、初代から現在の15代吉左衛門、更には次期16代の作品まで揃えてある上、交流のあった本阿弥光悦の作品まで展示されていました。

 khj2.jpg khj3.jpg
 楽焼ってしぶいですね。
 装飾が少なく、見て楽しむというよりは手で楽しむもの、実際に手に取ってこそ良さがわかるのではないかという気がしました。

 見る分に関しては、歴代の楽焼の中では、私は12代目以降が見やすかったのですが、吉左衛門さんの作品はちょっと重すぎてしんどかったです。
 吉左衛門さんの作品は佐川美術館でも何回か見ているのですが、力強いのです。
 その力強さが私には重く感じられるのです。
 でも、見る人が見たらすばらしいのでしょうね。

 茶碗に関してはずぶの素人の私は本阿弥光悦の茶碗が好みでした。
 数ある楽焼の中で、ちょっとホッと一息つけるような軽ろやかさがありました。

 図録は2300円です。
 皆さん熱心に見てらっしゃったので、茶道をされている方には楽焼が一堂に見れる絶好の展覧会なんだと思います。
 
 khj4.jpg khj5.jpg
 細見美術館では「鈴木其一 江戸琳派の旗手」展('17.1.3~2.19まで。入館料1300円)が開催されています。
 この展覧会は良かったです。
 実はこの展覧会、姫路市立美術館でも開催されていて、昨年観に行った展覧会なのですが、その時も展示替えがあって前半が観れなかったので今回も観に行ったというわけです。
 こちらの会場でも展示替えがあり、前期・中期は終了して2月7日からは後期の展示になります。

 やっぱり絵画って、色鮮やかで華やかでいいですね~。
 観ていて楽しい。

 右のチラシの右下の「夏宵月に水鶏図」は、描表装といって表装部分まで絵画として描いています。
 凝っていて美しいですよね。

 図録は2800円です。
 どの作品も美しいので、オススメです。

 khj6.jpg
 前半最後に紹介するのは、承天閣美術館で開催されている「生誕300年記念 伊藤若冲展(後期)」展('16.12.15~'17.5.21まで。拝観料800円)です。

 昨日(2/4)はお天気も良く、暖かかったです。

 この展覧会も結構人が集まっていました。
 相国寺は若冲と縁の深いお寺なので、若冲の作品をたくさん所蔵されています。
 今回は酉年ということもあり、初公開の「鸚鵡牡丹図」をはじめ鳥を主題にした作品が多数展示されていました。
 
 khj7.jpg khj8.jpg
 今回の作品は墨絵が多かったですが、若冲の鳥たちはポーズも面白い。
 見飽きませんね。

 こちらの美術館では何回も若冲展を開催されていますが、いまだに初公開の作品を持っているとはいったいどれぐらい若冲の作品を所蔵されているのでしょうね。

 この展覧会は5/21までとまだまだ時間がありますので、若冲ファンの方は必見ですよ。

京都国立近代美術館
 住所:京都市左京区岡崎円勝寺町 TEL:075-761-4111
 開館時間:9時30分~17時(入館は16時30分まで)休館日:月曜(月曜日が休日にあたる場合は、翌日が休館)、年末・年始、展示替え期間

細見美術館
 住所:京都市左京区岡崎最勝寺町6-3 TEL:075-752-5555
 開館時間:10時~18時(入館は17時半まで) 休館日:月曜(祝日の場合、翌火曜日)

承天閣美術館
 住所:京都市上京区今出川通烏丸東入上ル相国寺門前町701 TEL:075-241-0423
 開館時間:10時~17時(入館16時半まで) 休館日:展示替え期間、年末年始

  1. 展覧会
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

姫路文学館 「宇野亞喜良×山本タカト『天守物語』」展

 himebunten1.jpg
 明石文化博物館に行った同じ日に、姫路文学館にも行きました。
 こちらは安藤忠雄設計の建物です。

 himebunten2.jpg
 建物はそのままでH28年7月に全館リニューアルされていました。
 展示室は北館と南館に分かれており、北館には常設展示室の姫路城に関する歴史や物語をドラマ仕立てで紹介する「姫路城史ものがたり回廊」や播磨文人の言葉やその人となりにふれる「ことばの森展示室、企画展示室、特別展示室があります。
 南館は無料で、司馬遼太郎記念室やカフェがあります。

 今回は特別展示室で開催されている、姫路文学館リニューアルオープン記念「天守物語」成立100年記念特別展「宇野亞喜良×山本タカト『天守物語』」展('17.1.5~2.19まで。観覧料500円)を目的に観に行きました。

 himebunten3.jpg himebunten4.jpg
 「天守物語」は泉鏡花の戯曲で、今回はイラストレーターの宇野亞喜良さんと山本タカトさんが天守物語の挿絵を描いておられて、その挿絵原画の展示です。

 宇野亞喜良さんのイラストは何度か見たことがあり、きゃしゃな体つきに大きな目、長い下まつげはどこか竹久夢二を連想させます。
 アンニュイさとキュートさの両方を持ち合わせた不思議な魅力を放っています

 山本タカトさんは、私は今回はじめて知ったのですが、美しい~
 とくに細くて端麗な線が美しいです
 その美しさで妖しの世界を描くと、幽遠に情念をも含んでまさしく幽艶です。

 himebunten6.jpg
 山本さんの作品を彦十さんが蒔絵にした作品も展示されていました。
 美しさと怖さが同居したこれぞ日本の妖しの世界ですよね。

 いや~、この展覧会良かったです
 ちょっと大人向けの展覧会でしたけどね(笑)。

 常設展示も面白かったですよ。
 番町皿屋敷など、私が知っていた話と少し違っていて、姫路ではこのように伝わっていたのだなと思ったり、この先はどうなったの?と思うようなお話がアニメやドラマ仕立て、講談仕立てで紹介されており楽しめました。
 とくに播州風土記に記されていた、姫路の語源についての話である大汝命(大国主)と火明命(天火明命)の話は、その後どうなったかが知りたくて家に帰ってネットで調べまくりましたよ(笑)。
 天守物語のあらすじ映像もこのコーナーで見れますので、イラスト展の前に見ておくとより楽しめると思いますよ
 
 himebunten5.jpg
 姫路の文学をわかりやすく展示した文学館、楽しかったです
 
姫路文学館
 住所:姫路市山野井町84番地  TEL:079-293-8228  開館時間:10時~17時(入館は16時半まで)休館日:月曜日(月曜が祝日の場合は翌日)・年末年始

  1. 展覧会
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

明石市立文化博物館 「艶美の競演」展

 この頃、急に寒くなったり暖かくなったりして、気温の変化が激しいですね。
 ちょっとこの頃展覧会には行けてなかったのですが、昨日(1/28)久々に行ってきたのでそのご報告を

     akaen1.jpg
 明石文化博物館で開催されている「新春特別展 艶美の競演-東西の美しき女性 木原文庫より-」展('17.1,4~2.5まで。入館料1000円)に行ってきました。

 この展覧会は、埼玉県在住の木原眞人さんという方が蒐集された日本画のコレクション81点を紹介しています。
 第一部と第二部に分かれており、一部は美人画、二部は風景画となっていますが、どちらも名画揃いでテンション上がりっぱなしになりました

 美人画の方は、サブタイトルの「東西の美しき女性」は、東西の画家による美人画という意味で、東の代表として鏑木清方、西の代表として島成園の作品が多かったです。
 どちらも美しいのですが方向性が全然違っていて、鏑木清方は絵としての見ためやまとまりが良く、島成園は女性の外見だけにとどまらず内面をも描こうとしており、女性のより複雑な美しさが醸し出されているように思いました。
 ですが、鏑木清方の方が島成園より14歳年上ということもあり同列での比較はできず、また時代背景もあり、この違いは描き方の「進化」と見た方がいいかもしれません。
 美人画の進化(あるいは変化)は、鏑木清方→上村松園→島成園の順で新しいという感じですかね。

 第二部の風景画は、東京画壇、京都画壇両方の日本画が展示されていました。
 どれも良かったのですが、私は榊原紫峰の絵を観れたのが嬉しかったです

 榊原紫峰の「赤松山鳩」と土田麦僊の「老松山鳩図」が並べて展示されていたのですが、赤松に山鳩という同じ題材でも麦僊は山鳩が主役、紫峰は赤松が主役なんですよね。
 紫峰の絵は、赤松の生命力がいきいきと描かれていてすごい!と思いました
 それに「雪中柳鷺図」。
 美しいですよ~
 2枚とも以前に観たことがあるのですが、どこで観たのかが思い出せない・・・。
 でも、また観ることができて感激でした
 
 冨田渓仙の絵は5枚展示されていたのですが、かわいかったですよ。

 図録は小ぶりで2000円。
 値段はお手頃で良かったのですが、画像が小さいのがちょっと残念。

     akaen2.jpg
 関東のコレクターの展覧会は関西ではあまり開催されないので、観ることができて本当に良かったです。
 どの作品も良くて、日本画好きにはたまらない展覧会でした。
 オススメですよ

明石市立文化博物館
 住所:明石市上ノ丸2-13-1 TEL:078-918-5400
 開館時間:9時半~18時半(入館は閉館の30分前まで) 休館日:今会期中無休(通常月曜、年末年始12/29~1/3)


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
関西を中心にお話します。
基本的には、遊びに行って、お昼を食べて、おみやげに家で食べれるものを買って帰るというパターンになっています。(最近パターン通りになっていませんが)
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

ブログラム