大阪 伊丹市立美術館 「俳諧と茶の湯」展&「並河靖之 七宝展」

 namita1.jpg
 美しい工芸品が大好きなので、伊丹市立美術館で有線七宝の並河靖之の展覧会があると知って、ウキウキ気分で行ってきました

 伊丹市立美術館には、俳文学のコレクションを展示している柿衞(かきもり)文庫が併設されており、先にこちらから拝観しました。

 今回のテーマは「俳諧と茶の湯」('19.9.9~10.22まで。)です。
 俳句自体はあまりわからないので、文学なのに私は「読む」のではなく「見る」を中心に楽しみました(笑)。
 結構、俳画はほんわかとかわいかったり味がある作品が多いのです。
 中村芳中の「鹿図」、かわいかったなぁ~
 与謝蕪村や英一蝶の掛軸はさすがに上手い!と思いましたね

 「字」も見ていて楽しいものもあります。
 私はほっこりくつろげる作品に惹きつけられました
 今回は茶道具も展示されており、「見る」ことが好きな人も楽しめる展覧会でした

      namita5.jpg
 さて、いよいよお目当ての「並河靖之 七宝-明治七宝の誘惑・透明な黒の感性-」展('19.9.9~10.22まで。入館料700円)です。
 並河靖之は、有線七宝の頂点を極めた七宝家で、七宝部門では2人しか選ばれていない帝室技芸員の内の1人です。
 (ちなみにもう1人は無線七宝の濤川惣助です。)
 今回は、並河靖之の初期から晩年までの作品を一堂に会した贅沢で雅な展覧会でした

      namita6.jpg
 並河靖之ってすごいですね~。
 有線七宝は素地に薄い金属線を貼付けて仕切りを作り、そこに釉薬を入れて焼いていくのですが、並河の作品はその絵が精密で、色が多彩なのです

 色が多彩であるということがよくわかるということは、釉薬の色が多いということと、いかに線を多くして色のしきりをたくさん作っているかということだと思います。
 金属線も現代より細く、それを貼っていく技術もより繊細さが要求されるでしょう。
 それほど大きい作品は多くはなく、どちらかといえば小さい作品の方が多いのですが、掌サイズの器に多色で色鮮やかな花や蝶がちりばめられている、これぞまさしく超絶技巧です

 namita7.jpg
 技巧的に優れているというだけでなく、どれも美しい!
 元々武家の出身ということもあるのか、やりすぎ感ということがなく節度ある上品な美しさです。
 その美しさを引き出しているのが地色の透明感ではないかと思います。
 初期の作品は、黒などの地色に光沢がなく重い印象になっていますが、色に光沢が出てからは並河ワールド全開という感じで、更に更に高みに昇っていったように思いました。

 並河靖之の作品は数々の国内外の博覧会で受賞し、その賞状で作った屏風がありました。
 その中に第3回、第4回勧業博覧会の賞状があったのですが、その審査官の1人に濤川惣助の名前がありました。
 なんと、もう1人のナミカワの方は審査官にまで登りつめていたのですね。
 並河靖之の心情はどうだったのかなと思いました。

 濤川惣助の無線七宝は絵画に近い印象の作品が多いですが、並河靖之も晩年には有線七宝で絵画のような作品を作っていました。
 とても美しかったです

 図録は2700円でした。
 ちょっと高すぎて手が出ませんでしたがほしいなと思いました。

 美しい有線七宝の極致に出会える幸せな展覧会でした
 良かったです。

 namita4.jpg
 会場を出ると、現代の作家さんの七宝が展示されていました。
 また違った良さがありましたので、行かれる方はこちらも寄ってみてくださいね

伊丹市立美術館
 住所:伊丹市宮ノ前2-5-20 TEL:072-772-7447
 開館時間:10時~18時(入館は17時半まで)、休館日:月曜(祝日の場合はその翌日)、年末年始、展示替期間
スポンサーサイト

H29年秋の京都の展覧会②

 さて昨日の続きで、京都の展覧会の紹介です。
 今日紹介する3つの展覧会のうちの2つはもう終わってしまいましたが、良かったので記しておくことにします

      kyof4.jpg
 京都高島屋グランドホールで開催されているのは「生誕90年 加山又造展~生命の煌き」展('17.10.4~10.16まで。入場料800円)です。
 この展覧会は日本画家・加山又造さんの個展です。
 加山又造さんの初期から晩年の作品まで順を追って紹介されています。

 加山さんの作品は桜の絵が以前から好きだったのですが、あまり初期の作品は見ていませんでした。
 初期の作品は、キュビズムの影響を受けてか動物も植物も尖がっていて、ちょっと刺さりそうな感じです。
 日本画の柔らかさにデザイン性を融合させようとした結果、なんとなくキツキツになっているように私は思いました。
 それがだんだんと角が取れて、うまく調和が取れて美しい作品に転換されていく様子がうかがえる展覧会でした

 チラシの「猫」の作品は、何枚かシリーズで描かれているのですが、このカマキリと対峙している作品が一番ですね
 猫の毛のふわふわ感も一番でしたし、上位者としての猫の空気感がすごいです。
 家猫らしくどうしようかと少し思考を巡らしていて、まだカマキリを完全な獲物とは思っていないのですが、鋭い爪を隠していないところに猫の優越感を感じます。
 カマキリもその圧力に負けていないところがいいですね

 「淡月」という夜桜の作品も圧巻でしたよ
 大きな枝垂桜の花1つ1つ丁寧に描かれ、私の好きな加山さんの桜です
 しばらくそこから動きがたかったです。
 美しかったです

 絵画だけでなく、着物や陶器の図案なども手がけておられ、加山さんの多彩な作品が楽しめる展覧会でした
 10/16まで開催されていますよ。

      kyof2.jpg
 細見美術館では「麗しき日本の美-秋草の意匠-」展('19.8.26~10.9まで。入館料1200円)が開催されていました。

 この展覧会は秋草を主題にした所蔵品展なのですが、どれも美しかったです
 琳派の作品が多く、その中でも神坂雪佳の作品が比較的多かったかな。
 そしてその神坂雪佳の作品が良かったのです。
 やはり秋を主題にした作品は落ち着きがあり良いですね~

      kyof3.jpg
 最後に紹介するのは、中信美術館で開催されていた「木田安彦 木版画展」('17.9.5~10.8まで。入館料無料)です。

 木田安彦さんの作品は観たことはあるのですが、展覧会としてまとまって観るのは初めてです。
 印象としては、作品に丸みがあるのですが、構図は直線が多いような。 
 ものすごく彫りこみが細かいです
 人や仏さまもたくさん描かれ、建物の直線に人の丸みが加わって、柔らかく温かみのある作品になっています。

 木田さん自身は1944年生まれで2015年に亡くなったので最近の人なのですが、作品に描かれている風景は昭和の古き良き時代という感じです。
 木田さんのこどもの時の風景なんでしょうかね。
 賑やかで活気があります

 観ていて元気になるような作品ばかりで、楽しい展覧会でした
 
 さて、今回の京都の展覧会巡りはこれでおしまいです。
 まだまだいろんな展覧会に行ってますので、それほど日にちを空けず更新できるよう、努力はしてみますね
 
京都高島屋7階グランドホール
 住所:京都市下京区四条通河原町西入真町52番地 TEL:075-221-8811
 開場時間:10時~20時(最終日は17時まで。入場は各閉場の30分前まで)

細見美術館
 住所:京都市左京区岡崎最勝寺町6-3 TEL:075-752-5555
 開館時間:10時~18時(入館は17時半まで) 休館日:月曜(祝日の場合、翌火曜日)

中信美術館
 住所:京都市上京区下立売通油小路東入西大路町136-3 TEL:075-417-2323
 開館時間:10時~17時(入場は16時45分まで) 休館日:月曜、展示替期間

H29年秋の京都の展覧会①

 ご無沙汰しております。
 しばらくお休みさせていただきました。
 長らく広告だらけのブログだったにもかかわらず見に来てくださった方、ありがとうございました

 いや~、今までで一番放置期間が長かったので、私自身このままフェードアウトするのではないかと思っていたのですが、ブログをほったらかしにしていることに罪悪感も感じていて、ちょっと連休で余裕もできたのでまた再開することにしました。
 とはいえ、平日は家に帰ると子どもが寝るような時間に寝てしまい、休日は出かけることも多いので、ちょっと家でPCを開けること自体が減っている状態です。
 今後もブログの更新は滞りがちになると思いますし、内容も簡単になるとは思いますが、ゆる~く温かい目で見守っていただければありがたいです。
 どうぞよろしくお願い致します

 さて、10月の連休、皆さんはいかがお過ごしでしたか?
 私は京都で開催されている会期終了間近の展覧会を観に行ってきました。
 ちょっと今の時点では終わってしまっている展覧会もありますが、2回に分けてブログにアップしたいと思いますのでお付き合いくださいませ。

          kyof1.jpg
 最初に紹介するのは、泉屋博古館で開催されている「うるしの彩り」展('17.9.2~10.15まで。入館料800円)です。
 この展覧会は、住友家に伝わった漆工芸作品を展示した展覧会です。

 さすがは住友家!
 美しいものばかりで見惚れました
 とくに象彦の「扇面謡曲画蒔絵会席膳椀」のセットは、料理が一際上等になりそうです。

 「雛祭り用会席膳椀」も小さくてかわいかったなぁ
 小さくても手抜きなしでさすがです。

 大正時代の「三色刷毛目塗雪月花縁高」もシンプルですが塗りが美しく、意匠はウィットに富んでいて、細部まで凝っていました

 「黒漆京名所膳」は、幸野楳嶺や鈴木松年、神坂雪佳など、京画壇の重鎮が下絵を描き、それを黒漆で仕上げたお皿(?)のセットなのですが、どれも素晴らしかったです。
 私はとくに今尾景年の「金閣寺」と岸竹堂の「醍醐寺五重塔」が好みでした

 どれも本当に美しく、気に入った物を書いていたらキリがありません。
 この展覧会は10/15(日)まで開催されていますので、気になる方は観に行ってみて下さいね

      kyof5.jpg
 次に紹介するのは、美術館「えき」KYOTOで開催されていた「京の至宝 黒田辰秋展」('17.9.2~10.9まで。入館料900円)です。

 こちらも同じく漆の作品の展覧会ですが、黒田辰秋さんは木漆工芸家で、どちらかといえば木の工芸の方を重視されていて、漆は木工作品の引き立て役という印象でした。
 木の素材を大切にしており、漆を薄く塗って木目をきれいに浮かび上がらせた作品が良かったです。
 黒田さんは民芸運動にも参加されていたようで、繊細というよりは力強さを感じました。

 住友家の漆が雅な貴族の調度品とするならば、黒田さんのはやり手社長の実用品というような感じでしょうか。
 実際に使っていくことで、より風格が増してくるような作品だと思いました。
 どちらが好みかは人によりけりでしょうけどね

 kyof6.jpg
 展覧会場に行くまでの通路に今まで開催された展覧会のポスターが貼られていました。
 美術館「えき」が開館されてもう20年になるのですね
 月日が経つのは早いですね。
 改めてポスターを見てみると結構観ており、常連客だなと一人笑ってしまいました
 
 明日(10/11)は続きをアップします。
 ちゃんと更新しますので安心して見に来てくださいね

泉屋博古館
 住所:京都市左京区鹿ヶ谷下宮ノ前町24 TEL:075-771-6411
 開館時間:10時半~17時(入館は16時半まで) 休館日:月曜(祝日の場合は開館、翌日代替休)、展示替期間、展覧会の会期中にも臨時休館日がある場合有り。

美術館「えき」KYOTO 
住所:京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 JR京都伊勢丹7階隣接 TEL:075-352-1111(大代表)
 開館時間:10時~20時(入館は閉館30分前まで)

東京展覧会巡り② 国立新美術館&山種美術館

 前回の記事からそれほど間を置くことなく記事を書くつもりだったのですが、予想を全くしていなかった状態で仕事が急に忙しくなり、残業続きで家に帰るとぐったりして寝てしまうという日々を過ごしています
 土日は元々用事が入っていたり、用がない時は寝ており、昨日は寝たり起きたりしながら結局15時間ぐらい寝たような。
 ようやく回復したのでブログを書く気力もわいてきたのですが、予告していたミュシャ展は先週終わってしまいました。
 ハァ~
 ですが感動したので、簡単になってしまってもこの展覧会の記録は残しておこうと思います

 muchayama1.jpg
 前置きが長くなってしまいましたが、国立新美術館で「ミュシャ展」('17.3.8~6.5まで。観覧料1600円)が開催されていました。
 (時間がなく急いで撮ったのでピンボケでスミマセン)

 今回の展覧会では、ミュシャが祖国のために描いた渾身の大作「スラブ叙事詩」全20点が一挙公開されていました

 muchayama3.jpg
 大きくてすごい迫力です!
 サイズは揃ってないのですが、縦6m×横8mクラスの大作がズラリと並ぶのですから、それだけで圧倒されます。
 国立新美術館の広い展示室であっても、順番には掛けられなかったぐらいですから。
 スラブ叙事詩の下絵は、堺のミュシャ館で観たことがあって、その時もすごいなぁと思ったのですが、本画はまた格別ですね。
 圧巻です

     muchayama2.jpg
 スラブ叙事詩は、ミュシャが祖国チェコに帰り祖国のために自分で資金を調達し、50歳から16年かけてスラブ民族の苦難と栄光の歴史を描いた作品群です。
 
 絵の中に描かれている民衆はモデルがいて、ミュシャは本物の民衆を描いていたのですが、その表情が皆ことさら厳しく、中欧の歴史を詳しく知らなくても絵を見て栄光より苦難の歴史の方が長かったことがわかります。
 それゆえ人々の結束は固くなり、幾多の苦難を乗り越えられたのでしょう。
 ミュシャは同胞に対しては手を堅く携えることを、国外の者には、いくら支配しようと目論んでもスラブ民族の結束は強く、決して屈することはないということを全ての者に知らしめようという想いで、これらの作品を描いたのではないかと思いました。

 残念ながらこれらの作品は、発表された時にはあまり評価を受けなかったようですが、それは第一次世界大戦が終わった翌年の1919年だったので、終戦後の開放感に浸っている時に暗く重い歴史を見せられることに国民がしんどさを感じたのではないかなと思いました。
 なんせ絵の中の皆がすごい表情で「歴史を忘れるな!結束せよ!」と訴えかけてくるのですから、『わかっているけどちょっとぐらい休ませてよ』と私でも思うかも(笑)。
 とにかく力のある作品群でした。

     muchayama7.jpg
 展覧会では、華やかなアール・ヌーヴォー期の作品も展示されていましたよ
 こちらは堺のミュシャ館所蔵作品が多かったです。
 展示会場を選ぶとはいえ、ミュシャといえば日本では昔から紹介しているのが大阪・堺なので、やっぱりこの展覧会は大阪でも巡回して欲しかったです。
 
 図録は2400円でした。
 スラブ叙事詩の作品1枚1枚について詳しく解説されていたので購入しました。
 ショップがすごく混んでいて、レジまでに30分以上並びました

 なかなかスラブ叙事詩を一堂に観る機会はないので、観に行って本当に良かったです。
 心に残る展覧会でした

     muchayama5.jpg
 山種美術館では「花・Flower・華-琳派から現代へ-」展('17.4.22~6.18まで。入館料1000円)が開催されています。

 草花をモチーフにした作品ばかりを展示した展覧会です。
 美しいですね~
 気持ちが晴れやかになりました

 展示は描かれている花によって季節を分けてあり、夏が一番作品数が多かったのですが、私も夏と秋の作品が好みでした。
 どの作品も良かったのですが、小林古径の「白華小禽」は鳥の青さを白い泰山木が引き立てておりきれいでしたね~。
 杉山寧の「朝顔図」も色がすごく深くて美しかったです。
 杉山さんはサインの字がものすごくきっちりしており、几帳面でまじめな性格だったのではないかと思いました。

 速水御舟の「桔梗」や酒井抱一の「秋草図」、木村武山の「秋色」も良かったです。
 でも、今回一番良かったのはチラシの表紙絵にもなっている、田能村直入の「百花」です。
 巻子に色鮮やかな花が踊るように描かれており、しばらく魅入ってしまいました
 本当に100花が描かれているのかと思い、私も数えてみたのですがちゃんとありました。
 よく見たら奥書があり、そこに花の種類まで書いてありました。
 気付くのが遅く無駄な努力をしてしまいました(笑)。

 図録はA5サイズで厚さも薄いハンディ版で1100円でした。
 このクオリティなら1000円だろうと思いながらも購入しました(笑)。

 この展覧会は6/18までなので、今(6/11現在)まだ開催中です。
 花の展覧会は華やかで良かったですよ

 muchayama6.jpg
 美術館の床を見ると、栖鳳の「班猫」が。
 やっぱりかわいいですね

国立新美術館
 住所:東京都港区六本木7-22-2 TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
 開館時間:10時~18時(金曜は20時まで。入館は各閉館の30分前まで)
 休館日:火曜(祝日の場合は翌日休館)、年末年始

山種美術館
 住所:東京都渋谷区広尾3-12-36 TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル 受付時間8時~22時まで)
 開館時間:10時~17時(入館は30分前まで) 
 休館日:月曜(祝日は開館、翌日火曜日は休館)、展示替え期間、年末年始

東京展覧会巡り① 東京国立近代美術館&中村屋サロン美術館

 一昨日から昨日('17.5.19~5.20)にかけて、東京に行ってきました
 いくつか展覧会を観てきましたので、簡単にですが紹介したいと思います。

 toten1.jpg 
 最初に行ったのは東京国立近代美術館の工芸館です。
 こちらでは「動物集合」展('17.2.28~5.21まで。観覧料は単館なら210円、本館の常設展と一緒なら430円)が開催されていました。
 
 toten2.jpg toten3.jpg
 チラシ左の真ん中の猫のテラコッタ、うちのニャンコさんがよくこんな表情をしているので興味を持ったのです。
 うちのニャンコが私の膝の上に乗せられて、不本意ながらも撫でられている時にこんな顔をします(笑)。
 こちらは大塚茂吉さんという方の作品です。
 猫ではないですが、カイロ博物館のアヌビス像に似ているようなカッコ良い作品でした。 

 この展覧会は、動物をモチーフにした工芸品の展覧会なのですが、美しい作品やかわいい作品など手の込んだ作品が満載で、ニコニコ気分で観て周りました
 やっぱり工芸品って、丹精こめて作っているという感じがよく伝わってきますね。
 それはもちろん絵画でも同じですけどね。
 「あぁ、観に来て良かった」と思える楽しい展覧会でした

 toten4.jpg
 東京国立近代美術館の本館では楽焼の展覧会が開かれていたのですが、この展覧会は京都国立近代美術館で観た(この記事は書けていない)のでパスして、「平成28年度第4回所蔵作品展 MOMATコレクション」展('17.2.18~5.21まで。観覧料430円)だけ観てきました。

 toten5.jpg
 写真撮影もOKだったので、今回は中村彝(なかむら つね)の「エロシェンコ氏の像」を撮ってきました。
 茶色でまとめた柔らかい色彩ですが、どこか表情が沈鬱そうに私には見えました。

 ここの常設展は、岸田劉生や藤田嗣治など有名な画家の作品が揃っており、いつも安心して観れますね

 工芸館の動物展もMOMAT展も5/21まででした。
 さすがは国立美術館。
 所蔵品展でも見応えありました。
 ぎりぎりですが、観れて良かったです

 toten6.jpg
 次に向かったのは、新宿にある中村屋サロン美術館で開催されている「中村彝 生誕130年記念~芸術家たちの絆展~」('17.3.18~6.4まで。入館料300円)です。

 先程の「エロシェンコ氏の像」を描いた中村彝を中心に、彼と交友関係があった芸術家の作品を紹介した展覧会です。

 中村屋が東大前のお店から新宿に移転後、創業者・相馬愛蔵とその妻・黒光のもとに萩原守衛をはじめ、多くの芸術家が出入りするようになったそうです。
 それが後世中村屋サロンと呼ばれるようになったそうですが、萩原守衛は中村屋の裏にアトリエを構えました。
 萩原守衛が亡くなった後、中村彝がそのアトリエに移り住んだことから、中村彝が中村屋サロンの中心人物となったそうです。

 toten7.jpg toten8.jpg
 チラシ左は中村彝の「少女」という作品ですが、モデルは相馬夫妻の長女俊子さんです。
 中村彝は俊子さんにプロポーズしたそうですが、中村彝は体が弱かったため俊子さんの母である黒光さんに反対されて成就しなかったみたいですよ

 展覧会では、同じエロシェンコ氏を描いた鶴田吾郎の「盲目のエロシェンコ」も展示されていました。
 同じ人物でも受ける印象が違いました。

 展示数はしれほど多くはありませんが、わずか37歳で亡くなった夭折の画家・中村彝の画業と交流関係の一端を知ることをできる興味深い展覧会でした

 次は、今回の旅行の最大目的のミュシャ展についての紹介です
 できるだけ早く書きたいとは思いますが、ちょっと遅くなったらすみません。

東京国立近代美術館
 住所:東京都千代田区北の丸公園3-1 TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル 8時~22時)
 開館時間:10時~17時(金曜日、土曜日は20時まで。入館は各閉館の30分前まで ) 休館日:月曜日

東京国立近代美術館工芸館
 住所:東京都千代田区北の丸公園1-1 
 開館時間:10時~17時(入館時間は閉館の30分前まで ) 休館日:月曜日

中村屋サロン美術館
 住所:東京都新宿区新宿三丁目26-13 新宿中村屋ビル3階 TEL:03-5362-7508
 開館時間:10時半~19時(最終入館18時40分) 休館日:火曜日
プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
関西を中心にお話します。
基本的には、遊びに行って、お昼を食べて、おみやげに家で食べれるものを買って帰るというパターンになっています。(最近パターン通りになっていませんが)
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
ブログラム
時間
検索フォーム
リンク
ご注意
◎当ブログに掲載している文章・写真等の無断転載を固く禁止します。 ◎記載の価格は訪問時のもので、現在の価格とは違っている場合がありますのでご注意を。
RSSリンクの表示