とある婦人の忘備目録

展覧会、映画、お寺などを観ること、食べることを中心に感想を綴っていきます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 展覧会
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

東京展覧会巡り② 国立新美術館&山種美術館

 前回の記事からそれほど間を置くことなく記事を書くつもりだったのですが、予想を全くしていなかった状態で仕事が急に忙しくなり、残業続きで家に帰るとぐったりして寝てしまうという日々を過ごしています
 土日は元々用事が入っていたり、用がない時は寝ており、昨日は寝たり起きたりしながら結局15時間ぐらい寝たような。
 ようやく回復したのでブログを書く気力もわいてきたのですが、予告していたミュシャ展は先週終わってしまいました。
 ハァ~
 ですが感動したので、簡単になってしまってもこの展覧会の記録は残しておこうと思います

 muchayama1.jpg
 前置きが長くなってしまいましたが、国立新美術館で「ミュシャ展」('17.3.8~6.5まで。観覧料1600円)が開催されていました。
 (時間がなく急いで撮ったのでピンボケでスミマセン)

 今回の展覧会では、ミュシャが祖国のために描いた渾身の大作「スラブ叙事詩」全20点が一挙公開されていました

 muchayama3.jpg
 大きくてすごい迫力です!
 サイズは揃ってないのですが、縦6m×横8mクラスの大作がズラリと並ぶのですから、それだけで圧倒されます。
 国立新美術館の広い展示室であっても、順番には掛けられなかったぐらいですから。
 スラブ叙事詩の下絵は、堺のミュシャ館で観たことがあって、その時もすごいなぁと思ったのですが、本画はまた格別ですね。
 圧巻です

     muchayama2.jpg
 スラブ叙事詩は、ミュシャが祖国チェコに帰り祖国のために自分で資金を調達し、50歳から16年かけてスラブ民族の苦難と栄光の歴史を描いた作品群です。
 
 絵の中に描かれている民衆はモデルがいて、ミュシャは本物の民衆を描いていたのですが、その表情が皆ことさら厳しく、中欧の歴史を詳しく知らなくても絵を見て栄光より苦難の歴史の方が長かったことがわかります。
 それゆえ人々の結束は固くなり、幾多の苦難を乗り越えられたのでしょう。
 ミュシャは同胞に対しては手を堅く携えることを、国外の者には、いくら支配しようと目論んでもスラブ民族の結束は強く、決して屈することはないということを全ての者に知らしめようという想いで、これらの作品を描いたのではないかと思いました。

 残念ながらこれらの作品は、発表された時にはあまり評価を受けなかったようですが、それは第一次世界大戦が終わった翌年の1919年だったので、終戦後の開放感に浸っている時に暗く重い歴史を見せられることに国民がしんどさを感じたのではないかなと思いました。
 なんせ絵の中の皆がすごい表情で「歴史を忘れるな!結束せよ!」と訴えかけてくるのですから、『わかっているけどちょっとぐらい休ませてよ』と私でも思うかも(笑)。
 とにかく力のある作品群でした。

     muchayama7.jpg
 展覧会では、華やかなアール・ヌーヴォー期の作品も展示されていましたよ
 こちらは堺のミュシャ館所蔵作品が多かったです。
 展示会場を選ぶとはいえ、ミュシャといえば日本では昔から紹介しているのが大阪・堺なので、やっぱりこの展覧会は大阪でも巡回して欲しかったです。
 
 図録は2400円でした。
 スラブ叙事詩の作品1枚1枚について詳しく解説されていたので購入しました。
 ショップがすごく混んでいて、レジまでに30分以上並びました

 なかなかスラブ叙事詩を一堂に観る機会はないので、観に行って本当に良かったです。
 心に残る展覧会でした

     muchayama5.jpg
 山種美術館では「花・Flower・華-琳派から現代へ-」展('17.4.22~6.18まで。入館料1000円)が開催されています。

 草花をモチーフにした作品ばかりを展示した展覧会です。
 美しいですね~
 気持ちが晴れやかになりました

 展示は描かれている花によって季節を分けてあり、夏が一番作品数が多かったのですが、私も夏と秋の作品が好みでした。
 どの作品も良かったのですが、小林古径の「白華小禽」は鳥の青さを白い泰山木が引き立てておりきれいでしたね~。
 杉山寧の「朝顔図」も色がすごく深くて美しかったです。
 杉山さんはサインの字がものすごくきっちりしており、几帳面でまじめな性格だったのではないかと思いました。

 速水御舟の「桔梗」や酒井抱一の「秋草図」、木村武山の「秋色」も良かったです。
 でも、今回一番良かったのはチラシの表紙絵にもなっている、田能村直入の「百花」です。
 巻子に色鮮やかな花が踊るように描かれており、しばらく魅入ってしまいました
 本当に100花が描かれているのかと思い、私も数えてみたのですがちゃんとありました。
 よく見たら奥書があり、そこに花の種類まで書いてありました。
 気付くのが遅く無駄な努力をしてしまいました(笑)。

 図録はA5サイズで厚さも薄いハンディ版で1100円でした。
 このクオリティなら1000円だろうと思いながらも購入しました(笑)。

 この展覧会は6/18までなので、今(6/11現在)まだ開催中です。
 花の展覧会は華やかで良かったですよ

 muchayama6.jpg
 美術館の床を見ると、栖鳳の「班猫」が。
 やっぱりかわいいですね

国立新美術館
 住所:東京都港区六本木7-22-2 TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
 開館時間:10時~18時(金曜は20時まで。入館は各閉館の30分前まで)
 休館日:火曜(祝日の場合は翌日休館)、年末年始

山種美術館
 住所:東京都渋谷区広尾3-12-36 TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル 受付時間8時~22時まで)
 開館時間:10時~17時(入館は30分前まで) 
 休館日:月曜(祝日は開館、翌日火曜日は休館)、展示替え期間、年末年始
スポンサーサイト

  1. 展覧会
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

東京展覧会巡り① 東京国立近代美術館&中村屋サロン美術館

 一昨日から昨日('17.5.19~5.20)にかけて、東京に行ってきました
 いくつか展覧会を観てきましたので、簡単にですが紹介したいと思います。

 toten1.jpg 
 最初に行ったのは東京国立近代美術館の工芸館です。
 こちらでは「動物集合」展('17.2.28~5.21まで。観覧料は単館なら210円、本館の常設展と一緒なら430円)が開催されていました。
 
 toten2.jpg toten3.jpg
 チラシ左の真ん中の猫のテラコッタ、うちのニャンコさんがよくこんな表情をしているので興味を持ったのです。
 うちのニャンコが私の膝の上に乗せられて、不本意ながらも撫でられている時にこんな顔をします(笑)。
 こちらは大塚茂吉さんという方の作品です。
 猫ではないですが、カイロ博物館のアヌビス像に似ているようなカッコ良い作品でした。 

 この展覧会は、動物をモチーフにした工芸品の展覧会なのですが、美しい作品やかわいい作品など手の込んだ作品が満載で、ニコニコ気分で観て周りました
 やっぱり工芸品って、丹精こめて作っているという感じがよく伝わってきますね。
 それはもちろん絵画でも同じですけどね。
 「あぁ、観に来て良かった」と思える楽しい展覧会でした

 toten4.jpg
 東京国立近代美術館の本館では楽焼の展覧会が開かれていたのですが、この展覧会は京都国立近代美術館で観た(この記事は書けていない)のでパスして、「平成28年度第4回所蔵作品展 MOMATコレクション」展('17.2.18~5.21まで。観覧料430円)だけ観てきました。

 toten5.jpg
 写真撮影もOKだったので、今回は中村彝(なかむら つね)の「エロシェンコ氏の像」を撮ってきました。
 茶色でまとめた柔らかい色彩ですが、どこか表情が沈鬱そうに私には見えました。

 ここの常設展は、岸田劉生や藤田嗣治など有名な画家の作品が揃っており、いつも安心して観れますね

 工芸館の動物展もMOMAT展も5/21まででした。
 さすがは国立美術館。
 所蔵品展でも見応えありました。
 ぎりぎりですが、観れて良かったです

 toten6.jpg
 次に向かったのは、新宿にある中村屋サロン美術館で開催されている「中村彝 生誕130年記念~芸術家たちの絆展~」('17.3.18~6.4まで。入館料300円)です。

 先程の「エロシェンコ氏の像」を描いた中村彝を中心に、彼と交友関係があった芸術家の作品を紹介した展覧会です。

 中村屋が東大前のお店から新宿に移転後、創業者・相馬愛蔵とその妻・黒光のもとに萩原守衛をはじめ、多くの芸術家が出入りするようになったそうです。
 それが後世中村屋サロンと呼ばれるようになったそうですが、萩原守衛は中村屋の裏にアトリエを構えました。
 萩原守衛が亡くなった後、中村彝がそのアトリエに移り住んだことから、中村彝が中村屋サロンの中心人物となったそうです。

 toten7.jpg toten8.jpg
 チラシ左は中村彝の「少女」という作品ですが、モデルは相馬夫妻の長女俊子さんです。
 中村彝は俊子さんにプロポーズしたそうですが、中村彝は体が弱かったため俊子さんの母である黒光さんに反対されて成就しなかったみたいですよ

 展覧会では、同じエロシェンコ氏を描いた鶴田吾郎の「盲目のエロシェンコ」も展示されていました。
 同じ人物でも受ける印象が違いました。

 展示数はしれほど多くはありませんが、わずか37歳で亡くなった夭折の画家・中村彝の画業と交流関係の一端を知ることをできる興味深い展覧会でした

 次は、今回の旅行の最大目的のミュシャ展についての紹介です
 できるだけ早く書きたいとは思いますが、ちょっと遅くなったらすみません。

東京国立近代美術館
 住所:東京都千代田区北の丸公園3-1 TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル 8時~22時)
 開館時間:10時~17時(金曜日、土曜日は20時まで。入館は各閉館の30分前まで ) 休館日:月曜日

東京国立近代美術館工芸館
 住所:東京都千代田区北の丸公園1-1 
 開館時間:10時~17時(入館時間は閉館の30分前まで ) 休館日:月曜日

中村屋サロン美術館
 住所:東京都新宿区新宿三丁目26-13 新宿中村屋ビル3階 TEL:03-5362-7508
 開館時間:10時半~19時(最終入館18時40分) 休館日:火曜日


  1. 展覧会
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

阪急うめだギャラリー 「ふるさとのねこ」展('17.5.6)

 hulucat1.jpg
 昨日(5/6)、大阪梅田の阪急百貨店で開催されている「ふるさとのねこ 岩合光昭写真展」('17.4.26~5.8まで。入場料600円)を観て来ました

 今回は青森県津軽地方にいるある猫の一家を写した展覧会になっていました

 hulucat2.jpg hulucat3.jpg
 まだ目もしっかり見えていない子猫の時から、大きくなって貫禄のあるお父さんやお母さんになっていく姿までが写されています。

 よちよち歩きのかわいい子猫たちが、たった1年程度で少年になり大人になり、そして新しい一家を成していく様子と、いつまでも変わらない青森県の美しい風景との対比は、タイトルどおり「ふるさと」を感じさせるものでした

 hulucat4.jpg
 1匹だけ白猫がいて、うちのニャンコのちっちゃい時に似ていました

 うちのニャンコは完全家ねこのせいか、岩合さんの写す猫のような貫禄はなく、14歳にもなっていまだに王子のようにおっとりしていますが、私たちにとって世界一かわいいのはやっぱりうちのニャンコだよねと夫と再確認した親バカ夫婦です(笑)。

 さて、楽しかった連休もいよいよ今日でおしまいです。
 今日はうちのニャンコさんをお風呂に入れてあげようかな

 hulucat5.jpg
 「ありがた迷惑だニャッ」
 
阪急うめだギャラリー
 住所:大阪市北区角田町8-7 TEL:06-6361-1381
 入場時間:日~木10時~20時、金・土10時~21時、最終日18時閉場(入場は閉場の30分前まで

  1. 展覧会
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

京都 「芳年」展&「池田理代子」展

 旅行やお出かけの記事ばかりになっていますが、展覧会めぐりも着々と行っています。
 ですが、書く方が間に合わずどんどん終わってしまうので、益々書く気が起こらないという悪循環になっています
 でも昨日(4/22)に行った展覧会が良くて、しかも会期が今日(4/23)までなので、少し紹介しておきますね

 tukioka1.jpg
 美術館「えき」KYOTOで開催されているのは「芳年-激動の時代を生きた鬼才浮世絵師」展('19.4.1~4.23まで。入館料900円)です。
 月岡芳年(大蘇芳年)は幕末から明治にかけて活躍した浮世絵師です。
 
 tukioka2.jpg
 私が初めて芳年のことを知ったのはまだ20代の頃で、オランダのゴッホ美術館で芳年の特別展が開かれていたのです。
 ゴッホを観に行ったら一際人が多いコーナーがあって、自分も見てみたらなんと日本の浮世絵が展示されており、それが今まで見たことがない浮世絵、いわゆる「血みどろ芳年」の数々でした

 歌麿や写楽の世界が浮世絵だと思っていた若かりし日の私は、こんなのが浮世絵のすべてだとオランダ人に思われたらどうしよう・・・と心配したものです。
 あまりに残酷で衝撃を受けたのですが、これまた見たことがないほど美しい浮世絵もあり、妙に心に残ってその後は芳年に注目するようになりました。
 残酷絵だけではなく、師の国芳ゆずりのドラマテッィクな構図に色使いの美しさですっかり大ファンになり、今では私がもっとも好きな浮世絵師です

 あれから国内で何度も芳年の展覧会を観てきましたが、ほんの数枚だけでの展示はありましたが、オランダで観たような英名二十八衆句のシリーズをまとまって観る機会はありませんでした。
 それがなんと今回の展覧会では、落合芳幾の作品とともに英名二十八衆句が全部展示されているではないですか
 体に血の手形が付いていたりして、今見ても残酷だなと思うので、さすがにコーナーが分かれており、こどもや見たくない人は見なくて済むように展示に配慮されていましたけどね。

 芳年の展覧会だからということで行っただけで、英名二十八衆句が揃って観れると思っていなかったので、やっと日本でも展示可能になったのだと感慨深かったです

 tukioka3.jpg
 図録は2500円でした。
 芳年の図録は何冊か持っていますが、これは外せないと思って買ってしまいました。

 美人画などだけを期待されると衝撃を受けられるかもしれませんが、芳年の本領発揮の静と動の作品が堪能できる展覧会でした

 tukioka4.jpg 
 もう1つの展覧会は、京都高島屋で開催されている「デビュー50周年記念
展 池田理代子-「ベルばら」とともに-」展('17.4.12~4.23まで。入場料800円)です。

 ベルばらで有名なご存知漫画家・池田理代子さんの展覧会です。
 池田理代子さんの初期の作品から最近の新作まで、ベルばらを中心に紹介されています

 私も当時は夢中になったのですが、ベルばらって人気があるのですね。
 展覧会は老若男女の人々で大盛況でした
 会場にはタカラヅカのベルばら公演のパネル展示もあり、漫画関係ではなくそちらのパネルの方に興味を持たれている方も少なくなく(とくに男性)、漫画系、タカラヅカ系でパキッと分かれているのが面白かったです。
 私も1回だけ、タカラヅカにベルばらを観に行きましたが、興味はやっぱり漫画の方です(笑)。

 当時、少女マンガで歴史物は描かせてもらえなかったそうですが、人気が出なければ即打ち切りという条件で始まったそうです。
 それでも池田さんは全然不安はなかったそうです。
 なぜなら頭の中で考えているストーリーがとっても面白かったからだそうです。

 ベルばらは1972年(昭和47年)に連載された少女漫画ですが、その時代は教育でも男女とも大学進学率がアップしてきた頃だと思われ、少女漫画を楽しむ読者世代の小中高生においても歴史物を娯楽として楽しめる知的な下地ができていたのではないかと思います。
 少女が好むキラキラキャラに骨太の歴史的ストーリー、人気がでないわけがないですよね

 tukioka5.jpg tukioka6.jpg
 会場にはオスカルやマリー・アントワネットの衣装も展示されていました。
 真ん中に座って写真撮影が可能でしたが、ちょっと恥かしくて衣装だけを撮影。

 tukioka7.jpg
 もともと池田理代子さんの作品は好きだったのですが、最近、ベルばらの新エピソードも描かれているみたいで、新エピソードも読んでみたくなりました

 どちらの展覧会も今日(4/23)までです。
 最終日は時間も早く終わりますので、気をつけてくださいね。

美術館「えき」KYOTO
 住所:京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 JR京都伊勢丹7階隣接 TEL:075-352-1111(大代表)
 開館時間:10時~20時(最終日17時まで。入館各30分前まで)

京都高島屋グランドホール7階
 住所:京都市下京区四条通河原町西入真町52番地 TEL:075-221-8811
 開場時間:10時~20時(最終日は17時まで。入場は各閉場の30分前まで)

  1. 展覧会
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

京都 冬の展覧会めぐり②('17.2.4)

 毎日寒いですね
 寒いと何をするのも億劫で、温かくしていると眠くなり、ちょっと休憩のつもりが寝てしまっていたという状態が続いていました。
 2/4に行った展覧会の続きももっと早くに書くつもりだったのですが、週末になってしまったので急いで紹介させていただきますね。

 re1.jpg
 龍谷ミュージアムで開催されている「追慕抄 九條武子」展('17.1.9~2.19まで。入館料500円)です。

 九條武子さんは、西本願寺の第21世宗主大谷光尊の次女で、大谷探検隊で有名な大谷光瑞の妹です。
 関東大震災の折、自身も被災しながらも救援、慈善活動を積極的に行い、42歳という若さで亡くなりました。
 今年(2017年)は九條武子さんの没後90年にあたるということで、写真を中心に足跡がたどれる展覧会になっていました。

 re2.jpg re3.jpg
 九條武子さんといえば大正三美人の1人で有名ですが、才色兼備だったみたいで、日本画を上村松園から学び、和歌は佐佐木信綱の教えを受けたそうです。
 今回の展覧会でも松園に絵を習っている写真とともに、九條武子さんが描いた絵も展示されていましたが、その絵が暖かくてかわいいのです
 「童女図」の女の子の足元に小さく描かれた草は、武子さんの感性だろうなと思いました。
 優しい印象がします

 和歌は私は良し悪しがわからないのですが、字が流麗で美しい~
 達筆すぎて読めなかったのですけどね(笑)。

 NHKの朝ドラ「花子とアン」で主人公の親友・葉山蓮子のモデルとなった、同じく大正三美人の1人柳原白蓮とのツーショット写真もありましたよ。

 静かでたおやかなイメージを持っていたのですが、ボランティアや慈善事業に自分の考えで積極的に行動する活動的一面もあり、容姿だけでなくこころも健康で美しい人だったのだなと思える展覧会でした

 同時開催されている「仏教の思想と文化 インドから日本へ」展も、ガンダーラ仏をはじめ美しい遺物がたくさんありましたし良かったです。

 re4.jpg
 そしてこの日、最後に行った展覧会は、美術館「えき」KYOTOで開催されている「清川あさみ展」('17.1.21~2.14まで。入館料800円)です。

 清川あさみさんは、現在NHKの朝ドラ「べっぴんさん」のタイトル映像を担当されている方で、刺繍を中心にした作品を作られているみたいです。
 べっぴんさんのオープニング映像の色使いがきれいだなと思っていたので、興味を持って観に行ってきました

 re5.jpg re6.jpg
 展覧会はいくつかのコーナーに分かれており、本のページに刺繍というのはちょっと落書きに見えて、本好きの私としてはいただけず、若者の写真に刺繍を加えた「TOKYOモンスター」シリーズも多くが顔のパーツが隠されているため仮面をかぶっているように見え、私はあまり好みではなかったのですが、次のコーナーの「美女採集」はハマリました。

 「美女採集」は、女優やミュージシャンなどの女性の写真に、その人から受けた動植物のイメージを刺繍などで装飾した作品シリーズなのですが、どれもキュートでかわいい

 「杏×キリン」が私の一番のお気に入りです。
 でも「黒木華×雪柳」も良かったなぁ。
 「柴咲コウ×シャムネコ」もオシャレでした。
 いや~どれも甲乙つけがたい美女ばかりでした

 本や若者の写真に施した作品はちょっとやりすぎ感があるのですが、このシリーズは「美女」と名付けてあるだけに、どれも美女のままで表現されていて、ワクワクしながら楽しく観れました

 写真には細かく豪華な装飾がかなり付け加えられているのですが、背景に見劣りするどころか輝きを増しているモデル達を見ると、芸能人には「華」というオーラがあるということをまざまざと実感させられますね。
 清川あさみさんは、そのオーラを具現化させるマイスターなんだなと思いました

 初めの予想通り、色使いがとてもカラフルできれいでした。
 清川さんの作品は、まさに「べっぴん」でした。
 楽しかったです

龍谷ミュージアム
 住所:京都市下京区西中筋通正面下る丸屋町117 TEL;075-351-2500
 開館時間:10時~17時(入館は16時半まで) 休館日:月曜(月曜が祝日の場合は翌日閉館)、展示替え期間('12.7.17~8.23は休館)、ミュージアムの定める日

美術館「えき」KYOTO
 住所:京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 JR京都伊勢丹7階隣接
 TEL:075-352-1111(大代表)
 開館時間:10時~20時(最終日17時まで。入館各30分前まで)


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
関西を中心にお話します。
基本的には、遊びに行って、お昼を食べて、おみやげに家で食べれるものを買って帰るというパターンになっています。(最近パターン通りになっていませんが)
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

ブログラム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。