fc2ブログ

京都 大谷大学博物館 「東本願寺と京都画壇」展

 近所の図書館が蔵書点検のため1週間程度休館になり、休館前に本を借りると返却機関が延びるとのことで10冊借りました。
 そうしたら休館開けに、予約していた本が4冊も順番がまわってきてしまいました。
 借りていた本のうち2冊は読み終わっていたので、それを返して4冊借りたら12冊もの本が手元に。
 計12冊の返却期限はいずれも12/28。
 1日1冊読まないと間に合わない(-_ー;)
 ほとんどが気楽に読める小説ばかりとはいえ、読むのにある程度まとまった時間が必要です。
 ブログネタもだいぶん溜まってしまっていて、ちゃっちゃと書いていかなければならないのですが、なかなか時間が・・・。
 展覧会の会期の関係で、京都や神戸とあちこち行きつ戻りつになったり、内容が簡単であったり、間隔が開いたり、もう終わった展覧会を記事にすることもあるかもしれませんが、「焦ってるんやなぁ」と思って、笑ってゆるしてくださいね。

 ehonotani1.jpg
 さて、今回紹介するのは大谷大学博物館で開催されている「東本願寺と京都画壇」展('21.11.2~12.18まで。事前予約制。観覧料無料)です。
 
 東本願寺の堂舎は、過去に4度の火災で損傷を受けたそうです。
 その度に再建され、障壁画も描き直されているため、東本願寺の障壁画により、京都における近世・近代の絵画の流れをたどることができます。
 具体的には、狩野山楽、山雪、永納など京狩野派から円山応挙などの円山四条派へ、更には幸野楳麗、竹内栖鳳などの近代京都画壇につながります。
 ということで、こういった流れの画家たちの絵画が展示されていました。

 ehonotani2.jpg
 この展覧会は前・後期に分かれていて、私が行ったのは前期です。
 京狩野といっても、狩野山楽や山雪の作品がなかったのが残念ですが(記録に残ってるということなので、多分火災によって焼失したのでしょう)、円山応挙の襖絵などは見応えがありました。

 ehonotani3.jpg
 写真ではわかりにくいですが、右図の幸野楳麗の「酔羅漢図」も表情が楽しそうで良かったですよ。

 展示数は少ないですが、普段東本願寺の堂内は拝観できないので、障壁画などが観れるのは貴重な機会だと思います。
 観覧希望前日の12時までの事前予約制ですが、今ならまだ予約枠もありそうなので、興味のある方は行ってみてくださいね。
 
大谷大学博物館
 住所:京都市北区小山上総町 響流館1階 TEL:075-411-8483
 開館時間:10時~17時(入館は閉館の30分前まで)休館日:日・月曜

ポチポチっと押してもらえると励みになります。 
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
  ↑
 ありがとうございます!
  ↓ 
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Ms.れでぃ様

大谷大学博物館 以前は良く行っていましたが、この1年は行っていませんでした。
「東本願寺と京都画壇」展面白そうですね。久々に行きたくなりましたが、18日までは無理かもしれません。

捨楽斎人さま

こんばんは。
せっかく興味を持っていただいたのに、会期終了間近になってしまって
すみません。
もっと早くに紹介できれば良かったのですが、期限に余裕があると思うと
他を優先してそのまま忘れてしまい、結果、会期終了間近になってしまう
事が多いのです。
あるいは会期終了ギリギリ前に観に行くことも少なくなくて。
この傾向は続くかもしれませんが、ご容赦くださいね。
次の記事も終了間近ですが、良かったですよ。
プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
主に関西で開催されている展覧会を観に行っています。
ゆるゆる感想を書いていきたいと思います。
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ご注意
◎当ブログに掲載している文章・写真等の無断転載を固く禁止します。 ◎記載の価格や店舗情報は訪問時のもので、現在の価格とは違っていたり、お店が閉店している場合がありますのでご注意を。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる