fc2ブログ

京都 向日市文化資料館 「六人部暉峰の世界」展

 kihomuko1.jpg
 長岡天満宮の後、向日市にある向日市文化資料館に行きました。

 kihomuko2.jpg
 こちらでは「日本画家 六人部暉峰の世界」展('21.11.6~12.5まで。入館料無料)が開催されています。
 
 サブタイトルに「竹内栖鳳門の知られざる俊英 初の回顧展」とあったので、栖鳳のお弟子さんの展覧会なんだと思って行ったのですが、六人部暉峰(むとべきほう)さんのことを知ってびっくりというか、ちょっと衝撃を受けてしまいました。

 kihomuko3.jpg
 六人部暉峰(明治12-昭和31)は、代々向日神社の神官を務めている六人部家のお嬢さんだったようです。
 最近、研究が進んで暉峰のことが明らかになってきたところで、詳細はまだはっきりしていないところもあるようですが、14歳頃、竹内栖鳳に入門しますが、18歳で栖鳳との子どもを妊娠。
 その後も栖鳳との間で妊娠・出産を繰り返し、結局、男児6人女児1人の計7人の子どもを成したそうです。
 男の子は全員栖鳳の知人のところに養子に出され、女の子1人のみ手元で育てたみたいですが、その女の子も5歳で早世。
 暉峰の作品は、展覧会で入賞したり、皇室の御用品に選ばれるほどの実力だったようですが、展覧会への出品も15歳から23歳頃まででストップ。
 その後は、趣味程度でしか描かなかったそうです。
 栖鳳は晩年、療養で行った湯河原を気に入り、そこにアトリエを造り暮らしましたが、湯河原のアトリエに暉峰も一緒に住み、画業の手伝いを含め身の回りの世話をしたそうです。

 栖鳳のしたことは、今ならセクハラ・アカハラ・パワハラですよね。
 上村松園の息子の父親は、師匠の鈴木松年ではないかという説がありますが、栖鳳、お前もか!という感じで幻滅しました。
 松園は画家として大成しましたが、暉峰はいくら才能があっても7人も子どもを産まされたら画業どころではないですし、多くの栖鳳の門下生の目もあり、画業を続けることは困難だったと思います。
 栖鳳には妻もいたので、栖鳳は2人の女性とその子ども達の人生をも狂わせたといえるでしょう。

 kihomuko4.jpg
 暉峰の作品は、栖鳳の絵を模写したようなのが多くて、暉峰自身の個性はあまりよくわかりませんでした。
 でも、桜の幹など、しっかりとした筆致で、かよわい線の絵ではありませんでした。
 栖鳳さえきちんとしていれば、有名な画家になっていたかもしれないのにと思うと残念です。
 
 ただ、栖鳳は湯河原で亡くなり、京都の金戒光明寺に葬られますが、暉峰は正妻に負けじと思ったのかはわかりませんが、2年後に湯河原の保善院というお寺に、栖鳳の筆と密かに集めていた爪を埋めて、筆塚と爪塚を建立したそうですから、そんなに弱い性格ではなかったのでしょう。
 その強さが画業の方に向かっていればと思うと重ね重ね残念です。

 展覧会には、暉峰の作品だけでなく、栖鳳の作品も何点か出展されていました。
 栖鳳の私生活はサイテーですが、絵はやっぱり上手い。
 暉峰自身もそう思っていたかもしれませんね。
 
 栖鳳への怒りとともに、この時代の女性の地位の低さにも思い至る展覧会でした。

 kihomuko5.jpg
 資料館は常設展示もあります。
 こちらは石室の天井石だそうです。
 この辺りは古墳も多いですからね。

 kihomuko6.jpg
 向日神社の境内には、暉峰さんのご実家の六人部家の家が神社の入口近くにありました。
 ご実家も悔しかったでしょうね。

向日市文化資料館
 住所:京都府向日市寺戸町南垣内40-1 TEL:075-931-1182
 開館時間:10時~18時(入館は17時30分まで)
 休館日:月曜(祝日の場合は開館し翌日休館)、毎月1日(1日が土・日・月の場合は火曜休)、年末年始(12/28~1/4)

ポチポチっと押してもらえると励みになります。 
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
  ↑
 ありがとうございます!
  ↓ 
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Ms.れでぃ様

六人部暉峰の日本画、 竹内栖鳳の門下生であれば、」見たことはあると思いますが、名前を記憶していません。
上手いですね。明治大正期の日本画家や洋画家の中には、知られていない秀才がまだまだ居ますね。

向日市文化資料館には、マンホールカードを頂きに行ったことがありますが、日本画展も開催しているのですね。

捨楽斎人さま

こんばんは。
六人部暉峰さんは、私も初めて名前を聞きました。
これまでほとんど知られていなかった画家のようですが、
今年(?)、向日市文化資料館の里見徳太郎さんという方が、
六人部暉峰さんについての論文を発表されたそうです。
その関係での展覧会だと思われます。
11/21にシンポジウムがあったみたいで、それを聞いていれば、
もっと詳しくわかったのですが、残念ながら展覧会を観に行った日に
知ったので、既に終わってました。
向日市文化資料館も私は初めて行ったので、いつも展覧会が
開催されているのかはわかりません。
今回は特別のような気がしますが、こういった展覧会をまた開催
してもらえるとうれしいですね。
コメントをありがとうございました。

No title

こんばんは^^

絵画に明るくありませんが…
栖鳳の私生活に対するMs.れでぃさんの鋭い切り口に…
おぉ~あっぱれ!!と思いながら読ませて頂きました!
昔は芸の肥やしなんて…なんでも許されましたが…
今だったら…栖鳳はネットで叩かれて大変だったと思います

鯛の絵が素敵で…素晴らしい才能を持った方が…
最後まで療養所で身の回りの世話をし…
その後の行動も…なんとも切ない気がしてなりません

Comodoさま

こんばんは。
おっしゃるとおりです。
竹内栖鳳は横山大観と並び称されるぐらいの近代日本画の重鎮なのですが、
生徒に手を出すなんてことは、人として許されることではありませんよね。
ほんと、ひどい話です。
栖鳳の奥さんも気の毒です。
湯河原のアトリエに六人部暉峰がいるのなら、栖鳳と一緒にいたくても
いれません。
2人の女性の無念さを感じて、栖鳳に怒りを感じました。
私は、栖鳳は弟子に対して良き師匠・良き兄貴分だという印象を
持っていたので、それを崩され余計に腹立たしく思いました。
でも、悪いことはできないものですね。
死後、80年近くなってから悪事をばらされるなんて。
コメントをありがとうございました^^
プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
主に関西で開催されている展覧会を観に行っています。
ゆるゆる感想を書いていきたいと思います。
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ご注意
◎当ブログに掲載している文章・写真等の無断転載を固く禁止します。 ◎記載の価格や店舗情報は訪問時のもので、現在の価格とは違っていたり、お店が閉店している場合がありますのでご注意を。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる