FC2ブログ

愛知県 豊田市美術館「クリムト展」& 映画「クリムト」

 tgk1.jpg
 もうだいぶん前に終わってしまいましたが、せっかく愛知県まで観に行ったので豊田市美術館で開催されていた「クリムト展 ウィーンと日本1900」展('19.7.23~10.14まで。観覧料1600円)の感想も少し残しておきたいと思います。

 この展覧会は、クリムトの没後100年を記念しての展覧会で、日本では過去最大級の回顧展だそうです。
 25点以上の油彩画に、複製ですが原寸大の「ベートーヴェン・フリーズ」が展示されており、見映えがしました。

 私がこの展覧会で良かったと思った点は、単なる画業の紹介ではなく、クリムトの家族や生活環境について目を向け、そういう視点から作品を観れるようにしてあったことです。
 クリムトは自分の私生活のことに関してはあまり話したがらなかったこともあり、画家本人についてはあまりよく知らなかったの
ですが、今回の展覧会ではクリムトの家族についての展示から始まっていました。

 tgk3.jpg
 クリムトは7人兄弟の長男で、父は58歳で死去しています。
 母と姉は精神が不安定で、頼りにしていた弟も早くに亡くなったため、自分の家族に加え弟の家族もクリムトが支えていかねばなりませんでした。
 「ヘレーネ・クリムトの肖像」は亡くなった弟のエルンストの娘の肖像画です。
 とてもかわいい少女の横顔が描かれていますが、その絵からクリムトの姪に対する愛情と哀れみが感じられます。
 エルンストの死後、クリムトがヘレーネの法律上の保護者になっています。

 クリムトは多くの女性と付き合っていましたが、生涯独身で通したのも養うべき家族がたくさんいたことが理由の一つにあるのかもしれませんね。
 そのわりには、クリムトの子どもは最低でも14人もいるのには驚きました。
 そのうちの何人かはグスタフという名前だというのにもびっくりです。
 クリムトの絵はエロティックだとよくいわれますが、エロスは生の象徴でもあります。
 生と死が周りで繰り返されることで起こる精神の緊張を、クリムトは絵画で緩和させていたのもかもしれないなと思いました。

 tgk2.jpg
 今回の展覧会の目玉でもある「ユディトⅠ」は、ユディトの上半身のバックは優しいグリーン系で、まるでホロフェルネスの血を浄化させて水のように吸い上げ、黄金の植物を成長させ実を実らせているようです。
 それは死からの再生を意味しているとも思えます。
 ユディトの表情を恍惚と捉える風潮もありますが、この表情は自分の行為を現実とは受け止めておらず、半分夢の中のできごとのように感じているように私には見えます。
 同じ題材のカラヴァッジオやクラナハの絵とは違って、クリムトのユディトはどこか他人事で、死からの再生を希求しながらもそれは人間にはどうしようもないというクリムトの葛藤が見えるような気がしました。

 そんな葛藤だらけのクリムトを支えたのがエミーリエ・フレーゲです。
 彼女はクリムトの亡くなった弟エルンストの妻の妹なのでクリムトとは親戚関係でもあります。
 エミーリエがまだ若い頃から面識があり、クリムトは「17歳のエミーリエ・フレーゲの肖像」を描いていました。
 17歳にはちょっと見えないぐらい大人っぽく見えますが、大人になってからの肖像画とも違っており、大人になってからの方が若い感じがします。
 この肖像画の時のクリムトは、ジャポニズムの影響を受けていたのか、額が酒井抱一を参考にしたような絵柄でした。

 クリムトはエミーリエを信頼していたのでしょう。
 エミーリエと一緒に行ったアッター湖畔の風景画を多く残しています。
 彼女と一緒の時が一番落ち着いたのでしょうね。
 ちなみに、エミーリエはクリムトの死後も前述したエルンストの妻であった姉と一緒にブティックを続け、姉が亡くなりブティック閉鎖後は姪であるヘレーネと一緒に暮らしたそうです。

 クリムトはそのまま落ち着くのかと思いきや、また女性を描き出します。
 金を多用した装飾的な作品から、今度は多彩な色を使った作品に変化しています。
 これらのクリムトの晩年の作品を観ていると、まだまだ本人は進化するつもりだったのだろうなと思いました。
 老いや死を描かずにはいられなかったクリムトの最晩年に近い作品が「赤子(ゆりかご)」だったのは、明るい希望を描きたかったのだと思われ、画家にとっても良かったのではないかと思いました。

 tgk4.jpg
 クリムトに関連して、ドキュメンタリー映画「クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代」という映画も劇場で上映していたので観てきましたが、これはちょっと物足りなかった。
 いろんな専門家がクリムトやシーレについて好きなように語っているのですが、そんなに深いことも話しておらず寝そうになってしまいました(苦笑)。
 ドキュメンタリーじゃなく、ドラマ仕立ての方が面白いかな。
 いろんな作品を大画面で観れたのは良かったですけどね。

 生老病死という人間の根源的な不安を、美しい装飾や色彩で飾って魅せるクリムト作品は、私たちを惹きつけます。
 クリムトはなぜそれらの不安を見つめ続けたのかという疑問に対し、一つの答えを提示してくれたような展覧会でした。
 興味深く面白かったです。

豊田市美術館
 住所:愛知県豊田市小坂本町8-5-1 TEL:0565-34-6610
 開館時間:10時~17時30分(入場は17時まで)休館日:月曜(祝日除く)、年末・年始、展示替え期間 

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



美術館「えき」KYOTO 「神話の世界」展 

 sinwae1.jpg
 美術館「えき」KYOTOでは「西洋近代美術にみる神話の世界」展('19.10.18~11.17まで。入館料1000円)が開催されています。
 この展覧会、楽しみにしていたのですが、忙しくてやっと行けました。
 期待通り、めちゃ良かったです!

 1750年から1980年に活躍した画家で、神話や古代を主題にした作品を展示していたのですが、きれいな作品がいっぱい。
 とくにラファエル前派と重なる、フレデリック・レイトンやローレンス・アルマ=タデマ、エドワード・ジョン・ポインター、ジョン・ウィリアム・ウォーターハウスなどの作品が観れたのが良かったです。
 ヴィクトリア朝時代の美術はきれいなので大好きなのです

 sinwae2.jpg
 レイトンの「月桂冠を編む」(チラシ下段中央)は、月桂冠をかぶった少年のようにも見える少女が月桂冠を作っている姿が描かれています。
 つなぐ為の糸なのでしょうか、細い糸がピンと張られているですが、細く長い直線を均等な太さで描くのは難しいだろうなと思いました

 タデマの「お気に入りの詩人」(チラシ下段左端)は、横になっている女性の衣の色がもっとピンクできれいですし、窓の外の景色にピントがピタッとあってものすごくきれいな青なんですよ
 わずかな空間の描き込みなのに地中海の景色が見えました。
 それに背景の壁には、ギリシア神話の芸術の女神たちムーサのメダルが描かれていました。
 大理石の部分にサインを入れているのも粋ですよね

 ポインターの「世界の若かりし頃」は、女性がまとっている紫の薄絹、床のタイル、豹皮の敷物、蛇の蛇口など小物までものすごくリアルに描いています
 それにおしゃべりしている美人の女性たちの表情が良くて楽しそうですし、居眠りしている女性も含めて、リラックスした雰囲気が伝わってきて、作品自体がイキイキとした魅力を放っていました

 ウォーターハウスの「フローラ」は、晩年に近かったからか、女性の顔はきれいでしたが、その他の部分は少し粗い描き方が目立ちました。
 でもきれいでしたけどね。

 バルビソン派のミレーの「眠れるニンフとサテュロス」は珍しくヌードが描かれています。
 ミレーは生活が苦しくて一時期裸婦を描いていたそうです。
 ヌードといっても後ろ姿で、大きさもそんなに大きくないですけどね。
 それより、どんなに目をこらして見てもサテュロスがわかりませんでした。
 どこにいるのでしょう??

 黒田清輝をはじめ、多くの日本人画家を指導したラファエル・コランの「田園恋愛詩」は、逆に日本人が描いた西洋画のように見えました
  
 マリー・ローランサンの作品はパステル調の色がきれいな作品が揃ってましたし、ルドンやデュフィ、デルヴォーの作品などが揃っており良かったです

 良い絵はたくさんありましたが、ルノワールの「水のなかの裸婦」(チラシ下段右端)がピカイチでした。
 肌の色が神々しいぐらい光り輝いているのです
 うっとりと見惚れてしまうぐらい美しかったです

 図録は2301円です。
 神話をしっかり描いた作品から、神話から発想を飛躍させた作品までありましたが、元々神々をモチーフにしているのですから美しいのはある意味当然かもしれませんが、魅力的な作品が多かったです。
 芸術の秋らしく、芸術の女神ムーサに気に入られる展覧会だと思いました
 良かったですよ。

美術館「えき」KYOTO
 住所:京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 JR京都伊勢丹7階隣接 TEL:075-352-1111(大代表)
 開館時間:10時~20時(入館は閉館の30分前まで)
 
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

奈良女子大学記念館 秋の一般公開

narajo1.jpg
 奈良に遊びに行った折、奈良県立美術館で奈良女子大の記念館の一般公開('19,10.30~11.5まで。9時~16時半まで。入館は16時まで)のチラシを見つけ、近鉄奈良駅からそれほど遠くでもなかったので寄ってきました。
 今回の一般公開はもう終わってしまっているのですが、毎年春と秋に期間限定で公開されているので記事にしておこうと思います。

 narajo2.jpg
 奈良女子大学は、1908年(明治41年)に設置された奈良女子高等師範学校を前身とする大学で、1949年(昭和24年)に国立学校設置法の公布により発足した日本でたった2校しかない国立の女子大です。
 高等師範学校時代の本館が現在記念館になっており、そちらが見学できます。

 narajo3.jpg
 明治42年に建てられており、当時から1階は事務室、2階は講堂として使われていたそうです。
 建物の前に大きな木があり、森の中にある洋館見たいでステキです。
 この建物は重要文化財に指定されています。

 narajo4.jpg
 中は1階は大小7室の部屋があり、昔は校長室や事務室などだったのですが、現在は展示室になっており、高等師範学校からのいろんな資料が展示してありました。
 結構、標本など理系の教材が充実してました。

  narajo5.jpg narajo6.jpg
 2階に上がる階段も雰囲気が良く、窓の影でさえ美しかったです。

 narajo7.jpg
 2階です。
 
 narajo8.jpg
 講堂はなんか教会みたいですね。
 約300名収容できるそうです。
 長椅子も高等師範時代のものだそうですよ。

     narajo9.jpg
 ピアノも高等師範学校の創立当時に購入されたもので、国産最古級のピアノだそうで、百年ピアノとよばれているそうです。
 脚など細工もきれいですし、なんか貫禄がありますね。
 戦後、倉庫に眠っていたそうですが、平成17年(2005年)に学内で発見されたそうです。
 なんと試しに弾かせてもくれます。
 今でもきちんと良い音がでて、現役で使えます。

 narajo10.jpg 
 なんか劇の舞台のようです。
 歴史を感じさせます。

 narajo11.jpg
 天井は折上げ式で高さを感じますし、どの部屋のシャンデリアも素敵だったのですが、とくに講堂のシャンデリアは大きくて美しかったです。
 吊っている部分の意匠も幾何学模様できれいですね。
 
 窓からは若草山も見えますし、本当に素敵な建物です。
 この講堂は現在でも大学院の入学式や卒業式に使われているそうですよ。

 narajo12.jpg
 こちらは奉安殿という、正門の近くにある建物で、第二次世界大戦中まで全国の学校に下付された教育勅語や皇室の写真などを納めていた場所だったそうです。
 戦後、撤去されることが多かった中、生物学の教員がGHQに交渉して、遺伝の研究のためのショウジョウバエの飼育室として使う許可を得たため破壊を免れたという逸話が残っているそうです。
ショウジョウバエの遺伝の研究、理科の授業を思い出しますね。
 
 narajo13.jpg
 正門を入ってすぐ右手にある守衛室です、
 本館に似た造り方で、本館同様、国の重要文化財です。
 もちろん今も現役の守衛室で、守衛さんがいらっしゃいますので、こちらは外観のみの見学です。

 明治時代の建物が大切に使われ、今も現役で活躍していることに感動を覚えました。
 施設も充実してそうだし、こんな大学で学べたら楽しいだろうなぁ。
 
 まだ予定ですが、来年春の一般公開日も決まっているみたいですので参考に記しておきます。
 令和2年4月30日(木)~5月6日(水)の予定だそうです。
 来年GWに奈良に行かれる方は寄られてみてはいかがでしょうか。
 良かったですよ。
 
国立大学法人 奈良女子大学(記念館のページ)
 住所:奈良市北魚屋東町 TEL:0742-20-3220(総務・企画課)

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

近鉄奈良 ALL DAY DINING のランチ

 addn1.jpg
 展覧会を観てお腹が空いたので、近鉄奈良駅4番出口から小西さくら通り商店街を2~3分歩いたところにある、ALL DAY DINING(オールデイダイニング)さんというお店でランチを食べることにしました。

 addn2.jpg
 こちらはメインのパスタを数種類の中から1種チョイスすると前菜などのブュッフェが付いてきます。
 値段はパスタによって変わりますが1280円(税別)からあります。

 addn3.jpg
 私は海老と明太子のクリームパスタを選択
 アルデンテというよりかはモッチリ系のパスタですが、ほんのり甘めのパスタソースがたっぷりです。

 addn4.jpg
 ブュッフェの方は、お腹が空いていたのでモリモリに載せてしまいました(笑)。
 写真にはありませんが、スープや生野菜のサラダも食べました。
 野菜たっぷりのお料理で美味しいです。

 ちょっとびっくりしたのはピザやフランスパン。
 意外に生地がモッチリしていて美味しい。

 addn5.jpg
 それにデザートの1口ケーキも美味しかったです

 ドリンクは別料金ですが、お腹いっぱい食べれて満足しました
 ごちそうさまでした~

ALL DAY DINING(オールデイダイニング)
 住所:奈良県奈良市小西町13 TEL:050-5593-4441
 営業時間:ランチ11時半~14時、カフェ14時~17時、ディナー17時~22時半(L.O.21時半) 定休日:不定休

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

奈良県立美術館 「吉川観方」展

 kanpon1.jpg
 奈良国立博物館での正倉院展を観た後、奈良県立美術館で開催されている「開館300回記念特別展 生誕125年・没後40年 吉川観方―日本文化へのまなざし」展('19.9.28~11.17まで。観覧料800円)を観てきました。
 この展覧会、良かった~

 吉川観方(よしかわかんぽう)は、大正から昭和にかけて活躍した日本画家・版画家です。
 若い頃から風俗史研究にも携わり、映画の時代考証なども行っていたこともあってか、絵画をはじめ染織や工芸品など多岐にわたるコレクターとしても有名です。
 今回の展覧会では、観方が描いた作品、観方に縁があった日本画家の作品、観方のコレクションなどが展示されていました。

 kanpon2.jpg
 第1章は観方の作品の紹介ですが、会場に入ってまず最初の展示は「加茂川舞妓夕涼図」という作品です。
 竹久夢二風のかわいい舞妓さんの絵ですが、青い縞の着物の描写に惹きつけられました

 「入相告る頃」という作品は展覧会の看板やチラシの表紙になっている作品ですが、それと並んで展示されていたのが「櫻下遊詠の図」です。
 この2曲の屏風は描かれている人物が酷似しており、2作品並べてあると、後ろにいた男性2人が前にいた女性3人を追い抜いていき、女性の持っている桜の枝からこぼれ散った花びらに気を取られている男性だけはそのまま女性の後ろという感じで、楽しい春の散策の時間経過までわかるようです
 実際は、人物は同じようですが、着物は皆違っているので別の屏風なんですけどね

 「秋思」は髪の描き方が細やかで丁寧ですが、表装も美しかったです
 「七夕の宵」や「踊笠美人図」など観方の描く美人画は品がありどれも美しいです
 
 その一方、幽霊画も描いており、こちらは番町皿屋敷のお菊を題材にした「夕風」は美人の幽霊画でしたが、怖い幽霊画もありました。
 観方の幽霊画に合わせてか、長澤芦雪や他の画家の幽霊図も展示されており、これらは真夏に見たかったです(笑)。

 「観方創作版画」は豪華版で、絵も色も彫りもめちゃめちゃきれいでした

 第2章は観方と日本画ということで、他の画家の作品が展示してあります。
 大正時代のデロリ系の画家、岡本神草や甲斐庄楠音は衣装に凝っていて、作風は違いますが風俗史研究をしていた観方とはマニアっぽい感覚で波長が合っていたのではないかという気がします。
 デロリではない男性の画家の作品も、中村貞以の「朝」は色が爽やかできれいでしたし、児玉希望の「忠貞双絶」は鼓が画面を引き締めていて良かったなぁ。
 上村松園や伊藤小坡、梶原緋佐子、三谷十糸子など女性画家との交流も多かったのか、今回の展覧会では良い作品が揃っており、ウキウキした気分で観てまわりました

 第3章は観方のコレクションの展示ですが、仏教系の図や歴史画、浮世絵、着物、鬘、工芸品など収集品が多岐に渡っています。
 博物館並みに集めているなぁと思いながら見ていたのですが、その中で「緋地輪無唐草文様 袍」という衣装の緋色の色がものすごく美しく、目を奪われました

 第4章は観方の関連資料の紹介でおしまいです。

 kanpon3.jpg
 観方の画業だけでなく、コレクションや周辺画家の作品まで展示されており、見応えのある展覧会でした
 これだけ充実した展示作品が並んでいるのに、あまり混んでなくゆっくり観れます。
 京都の美術館だと1200円ぐらい払って人混みの中で疲れながら見ることになりそうな内容なのに、800円でゆっくり観れてとても満足しました
 図録も1700円と良心的な価格でしたよ。
 奈良国立博物館に行かれた折には、奈良県立美術館にも行かれることをオススメします。 

奈良県立美術館
 住所:奈良市登大路町10-6 TEL:0742-23-3968 
 開館時間:9時~17時(入館は閉館の30分前まで)
 休館日:月曜(祝日の場合はその翌日)、年末年始(12/28~1/4)、展示替え期間
 
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
主に関西で開催されている展覧会を観に行っています。
ゆるゆる感想を書いていきたいと思います。
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
時間
検索フォーム
リンク
ご注意
◎当ブログに掲載している文章・写真等の無断転載を固く禁止します。 ◎記載の価格は訪問時のもので、現在の価格とは違っている場合がありますのでご注意を。
RSSリンクの表示
バナー