兵庫 姫路と神戸の展覧会

前回の「不染鉄」展に引き続き、今日(11/5)で会期終了の展覧会の紹介をしますが、もう間に合いませんので自分の記録用に
 
 nh4.jpg
 姫路市立美術館で開催されているのは「リアル(写実)のゆくえ」」展('17.9.23~11.5まで。観覧料1000円)です。

 「高橋由一、岸田劉生、そして現代につなぐもの」というサブタイトルにもあるように、美術界の写実は高橋由一が洋画の写実表現を導入し、その後、大正期の岸田劉生に引き継がれ、現在写真のような細密描写に移行しています。
 由一の写実表現が移入されてから150年とのことで、写実の流れを諦観する展覧会です。

 nh5.jpg nh6.jpg
 最初に由一の「鮭」と礒江毅の「鮭-高橋由一へのオマージュ-」が並べて展示されています(チラシ左)。
 頭の中で由一の鮭ってすごくリアルとの記憶があったのですが、礒江の鮭と並べて観ると礒江の方がリアルで、由一のはそれほどではありませんでした。
 ですが、存在感は由一の方があると私は思います。
 前に礒江の展覧会を観た時にも思ったのですが(その時の記事はこちら)、礒江の作品はリアルすぎて無機物になり、個の質量も風化され軽くなっているような印象です。
 俗っぽく言えば、由一の方は干物の旨味が出て美味しそうですが、礒江の方は脂も落ちてカスカスで食べるところが少なそうと思うのは私だけでしょうか(笑)。

 作品は時代別に展示されており、あまり難しく考えず一つずつ作品を楽しんできたのですが、由一や劉生の写実と礒江のようなスーパーリアルの現代の写実とはやっぱり違うと思いました。
 由一や劉生の系統の写実は、描かれない部分は見る方の感性で補完されるところがあり余裕があるのですが、現代の緻密に近い写実は、他者の補完を許さず終わりのない完璧さを一人で追求しているようで、まるで苦行を見せられているように感じ、私はちょっとしんどいです。

 美しいもの、記憶にとどめたいものをできるだけリアルに描いて残したいという気持ちはわかるのですが、写真ではなく人間の手で描かれていると、無限の物体や風景が小さなキャンバスの中に押し込まれているようで閉塞感を感じてしまうのです。
 ただ、写真ならそれほど閉塞感を感じないということは、写真はその「時」を写し取っているという固定観念があるからかもしれず、それなら絵から受ける違和感も見る方の問題なのかなとも思います。
 
 いろいろ書きましたが、現代の画家のスーパーリアルさは技術的にはすごいと思いますし、なんやかやといっても写実には興味があります。
 由一から現代までの写実表現を堪能できる展覧会で楽しめました

 nh7.jpg nh8.jpg
 次に紹介するのは、神戸ゆかりの美術館で開催されている「萩尾望都 SF原画展 宇宙にあそび、異世界にはばたく」展('17.9.9~11,5まで。入館料900円)です。

 ご存知、大御所漫画家・萩尾望都氏の原画展です。
 萩尾望都といえば「ポーの一族」が有名ですが、今回はSF作品の原画展ということで、ポーの一族の作品はありません。
 でも私は当時ポーの一族にはあまり興味がわかず、萩尾作品で最初に面白いと思ったのが「11人いる!」だったので、その原画が見れて良かったです

 nh9.jpg
 でも一番好きなのは、「百億の昼と千億の夜」です。
 私は昔から神話やミステリックな話が大好きで、阿修羅王やシッタータ、弥勒、プラトンなど東西の宗教や偉人がわんさかでて、舞台がアトランティスや宇宙で、私の好きな要素がてんこもりなので好きにならないわけがない(笑)。
 原作は光瀬龍の小説で、この設定でよくまとめあげたなと感心します。
 小説の方は学生の頃友達に貸したまま未だに返ってきません(笑)。
 ということで、今回は大好きだった作品の原画が見れて感激です

 1970年代は少女マンガでSFというのはまだ普及していませんでしたが、外国のSF小説を読んでSF好きになった読者は男女ともに確実に増えていた時代なので、ニーズはあったと思います。
 ですが今回の展覧会を見て、萩尾作品がすごいなと思ったのは、作品の設定がしっかりしていることです。
 想像であってもあやふやな知識でちゃっちく描かれたのでは満足しない人も少なくなかったでしょう。
 逆に、設定がしっかりしているため、多少難しくても読者を惹きつける力強さが作品にはあるように思いました。

 なんかあらためて萩尾漫画を読んでみたくなった展覧会でした

 nh10.jpg
 最後に紹介する展覧会は、神戸市立小磯記念美術館で開催されている「ユニマットコレクション フランス近代絵画と珠玉のラリック展-やすらぎの美を求めて-」展('17.9.16~11.12まで。入館料800円)です。

 nh11.jpg nh12.jpg 
 この展覧会はユニマットグループの創業者・高橋洋二氏が収集したコレクションを紹介した展覧会です。
 サブタイトルどおり、穏やかで優しげな絵が多かったです。
 見ていてやすらぎました

 ルノワールやドガ、コローやミレーなど有名どころの作品が揃っているのですが、あまり知らない画家の作品もあり、それが結構良かったです。
 アルベール・ガブリエル・リゴロの「ソローニュの霧氷」やエミール・シャルル・ランピネの「川の風景」などきれいでした。
 カミーユ・ボンボワの「醸造所の見える風景」は、森の奥に小さく館が見え、まるでおとぎ話の中に出てくるような風景です。

 キース・ヴァン・ドンゲンの女性って好みなのですが、今回の「婦人の肖像」も美人でした。
 それに藤田嗣治の「バラ」は、初めて観ましたが茎が曲がっていて美しいというものではありませんが、印象に残ります。

 ルネ・ラリックの作品も20数点出展されており、その中で私は「蝶」という花瓶が、上品ですが形が面白く気に入りました。

 自分の好きな美術品に囲まれて過ごす時間は至福の時だろうなと思える展覧会でした。
 今まで公開されていなかったコレクションだそうで、見せてくださってありがとうと言いたいです。
 この展覧会は11/12まで開催されていますので、今ならまだ間に合いますよ

姫路市立美術館
 住所:姫路市本町68-25 TEL:079-222-2288
 開館時間:10時~17時(入場は16時半まで) 休館日:月曜(祝日を除く)、祝日の翌日、年末
年始(12月25日~1月5日)、展示替えなどで臨時休館あり

神戸ゆかりの美術館
 住所:神戸市東灘区向洋町中2-9-1 TEL:078-858-1520
 開館時間:10時~18時(入館17時半まで)、休館日:水曜、年末年始(12月29日~1月3日)

神戸市立小磯記念美術館
 住所:神戸市東灘区向洋町中5-7 TEL:078-857-5880
 開館時間:10時~17時(特別展開催中の金曜日は18時まで。入館は閉館の30分前まで)
 休館日:月曜、年末年始(12月29日~1月3日)他(開館時間、休館日は臨時に変更する場合
あり)
スポンサーサイト

奈良県立美術館 「不染 鉄」展

 またまた遅くなってしまいましたが、11/5で会期終了の展覧会が良かったので、少しだけ紹介しておきます。

 nh1.jpg
 奈良県立美術館で開催されているのは、「没後40年 幻の画家 不染鉄」展('17.9.9~11.5まで。観覧料800円)です。
 この展覧会、ものすごく良かったです。
 私は不染 鉄(ふせん てつ)という画家のことを全く知らなかったのですが、展覧会を観て、これほどの画家がなぜ今まで無名といえるほど知られていなかったのか信じられない気持ちになりました。

 nh2.jpg nh3.jpg
 この画家の絵は没線描法といって、輪郭を線で明瞭に描き表さない技法で描かれているのですが、すごくきれいな形が見えるのです。
 色調も明度が高いのか、優しく明るい印象を受けます。
 天賦の才と共に高い技術の持ち主だったことが素人目にもわかります。
 私は海の水(波)の表現に感嘆しました(右チラシの右端「南海之図」参照)。
 
 それにこの画家は「字」も好きで、自分の気持ちを絵の中にいっぱい書いています。
 その絵と文章を読んでいると、寂しさが感じられ切なくなります。
 でも、その感情は切々と訴えるものではなく、優しく穏やかであるため、古傷をそっと触れられるようなセンチメンタルな気持ちに私はなりました。

 図録は2500円です。
 
 ただ美しいというだけでなく、心にそっとささやきかけられるような展覧会でした。
 この展覧会は今日(11/5)までですが、正倉院展の帰りにはぜひ観ていただきたいです。
 私が今年度観た展覧会の中でもかなり上位に入ります。
 オススメですよ。

奈良県立美術館
 住所:奈良市登大路町10-6 TEL:0742-23-3968 
 開館時間:9時~17時(金・土は19時まで。入館は各閉館の30分前まで)
 休館日:月曜(祝日の場合はその翌日)、年末年始(12/28~1/4)、展示替え期間

大阪 森ノ宮 バランス食堂&カフェ アスショク

 出かけるのが大好きで、いろんな所に行っているのですが、新しいところに行くと前のところをすぐ忘れてしまうので、展覧会記事も溜まっているのですが、昨日のランチのお店を記録しておきます

 asyoku1.jpg
 昨日は用事で森ノ宮に行ったので、ランチはもりのみやキューズ内のバランス食堂&カフェ アスショクさんでいただきました。

 こちらは約15種類の主菜の中から3種類を選び、一汁一飯三主菜の定食にします。
 スポーツ栄養学の観点から考えられたメニューで、1品1品があまりカロリーが多くないヘルシーメニューになっています。

 お店に入って最初に主菜の写真がのっているボードを見て、自分の好みの主菜の番号3つとご飯の量大・中・小を用紙に書き、その用紙を持ってレジに行き先に会計を済ませます。
 お店のオススメの組み合わせのセットメニューもありますよ。
 定食は税込み970円で、ドリンクをつけるとプラス200円になります。
 お店はセルフサービス形式です。

 asyoku2.jpg
 私のチョイスした定食です。
 ごはんは雑穀米でお味噌汁は具沢山です
 少し噛み応えがあるように作られているので、自然にしっかり噛めます。

 asyoku3.jpg
 豚肉の唐揚げです。
 結構ジューシーです。
 一口で食べられるほど小さかったので、中身の構造はわからなかったのですが、塊ではなくスライスした豚肉を巻いていたのかなぁ。

 asyoku4.jpg
 カツオのたたきサラダです。
 大根おろしに隠れていますが大きなカツオが2切れ入ってました。

 asyoku5.jpg
 きのこハンバーグです。
 横についていた西洋わさび?が良いアクセントになりました。

 今、見てみると、私、お腹が空いていたのですね。
 なんかたんぱく質系の主菜ばかり選んでます(笑)。
 
 ちょっと写真は撮り忘れたのですが、お水も普通のお冷と白湯の他に、デトックス水としてレモンやきゅうりが入ったお水が用意されていました。
 このお水はきゅうりの青くささとレモンの爽やかさがするちょっと変わったお味でしたので、興味のある方はお試しを(笑)。

 レシートには食べたものの総カロリーや主な栄養素の摂取量が書かれています。
 私が食べた定食は計724カロリーでした。

 ただのハンバーグと思って食べた物は、レシートには「ルーミート」と記載されてました。
 ルーミートって何?大豆のハンバーグかな?と思って調べてみたら、なんとカンガルーのお肉!!
 私の中ではカンガルーや鹿は食べ物ではないのですけどね
 私は変わった調理法は好きですが、肉系の変わった食材は全く興味がなく、いくらおいしいと言われようとも味見たりともしたくないのに、こんなところでまさかのカンガルー肉・・・
 自分の無知さとうかつさに落ち込みました
 今後は気をつけます。
 
 ルーミートの件はさておき、いつもはあまり意識せずおいしい物を食べていたのですが、すごいカロリーの多い食事をしていたのだということに気付きました。
 毎回だと気持ち面でストレスが溜まりそうですが、たまにはこういったカロリーの少ないあっさりした食事もいいかもしれませんね。
 ただし、もうルーミートはご免です(苦笑)。
 ごちそうさまでした

バランス食堂&カフェ アスショク
 住所:大阪市中央区森ノ宮中央2-1-70 もりのみやキューズモールBASE 1F
 TEL:06-6910-4110
 営業時間:ランチ11時~15時、ディナー17時~21時半、カフェ11時~21時半

伊丹「かまどのうた」のお弁当

 kamado1.jpg 
 伊丹市立美術館前の横断歩道を渡ったら、炭火焼の良い香りがしてきました
 お弁当屋さんの「かまどのうた」さんです。
 以前にも食べたことがあり、味は折り紙つきですので、香りの誘惑に負けてふらふらと店内に吸い込まれました(笑)。

 kamado2.jpg
 どれも美味しそうで迷ってしまいます

 kamado3.jpg
 結局、月替わりの彩り幕の内(590円)にしました。

 kamado4.jpg
 今回のメインは、炭火焼ハンバーグ玉葱ソースと、かにクリームコロッケです。
 炭火焼ハンバーグ、おいしい~
 クリームコロッケもトロットロでなめらかです。
 えび団子クルトンまぶし揚げスイートチリソースもさくっとしておいしいです
 定番のさんまの山椒煮、出し巻き、ひじきの煮物も安定した美味しさです

 最近の外食って、なんか味付けが甘いなと思っているのですが、こちらはどれも甘さ控えめで素材の味が引き立ちます。
 それになんといっても、お米自体がおいしい
 さすがはかまどで炊いたご飯は違いますね

 素材にこだわり、備長炭を使った炭火焼を中心にしたおかず、その時に美味しいお米を厳選してかまどで炊いたごはんのお弁当に間違いはありません
 美味しかったです。
 ごちそうさまでした~

かまどのうた
 住所:伊丹市伊丹1-2-8  TEL:072-770-8775
 営業時間:11時~21時半 定休日:火曜

大阪 伊丹市立美術館 「俳諧と茶の湯」展&「並河靖之 七宝展」

 namita1.jpg
 美しい工芸品が大好きなので、伊丹市立美術館で有線七宝の並河靖之の展覧会があると知って、ウキウキ気分で行ってきました

 伊丹市立美術館には、俳文学のコレクションを展示している柿衞(かきもり)文庫が併設されており、先にこちらから拝観しました。

 今回のテーマは「俳諧と茶の湯」('19.9.9~10.22まで。)です。
 俳句自体はあまりわからないので、文学なのに私は「読む」のではなく「見る」を中心に楽しみました(笑)。
 結構、俳画はほんわかとかわいかったり味がある作品が多いのです。
 中村芳中の「鹿図」、かわいかったなぁ~
 与謝蕪村や英一蝶の掛軸はさすがに上手い!と思いましたね

 「字」も見ていて楽しいものもあります。
 私はほっこりくつろげる作品に惹きつけられました
 今回は茶道具も展示されており、「見る」ことが好きな人も楽しめる展覧会でした

      namita5.jpg
 さて、いよいよお目当ての「並河靖之 七宝-明治七宝の誘惑・透明な黒の感性-」展('19.9.9~10.22まで。入館料700円)です。
 並河靖之は、有線七宝の頂点を極めた七宝家で、七宝部門では2人しか選ばれていない帝室技芸員の内の1人です。
 (ちなみにもう1人は無線七宝の濤川惣助です。)
 今回は、並河靖之の初期から晩年までの作品を一堂に会した贅沢で雅な展覧会でした

      namita6.jpg
 並河靖之ってすごいですね~。
 有線七宝は素地に薄い金属線を貼付けて仕切りを作り、そこに釉薬を入れて焼いていくのですが、並河の作品はその絵が精密で、色が多彩なのです

 色が多彩であるということがよくわかるということは、釉薬の色が多いということと、いかに線を多くして色のしきりをたくさん作っているかということだと思います。
 金属線も現代より細く、それを貼っていく技術もより繊細さが要求されるでしょう。
 それほど大きい作品は多くはなく、どちらかといえば小さい作品の方が多いのですが、掌サイズの器に多色で色鮮やかな花や蝶がちりばめられている、これぞまさしく超絶技巧です

 namita7.jpg
 技巧的に優れているというだけでなく、どれも美しい!
 元々武家の出身ということもあるのか、やりすぎ感ということがなく節度ある上品な美しさです。
 その美しさを引き出しているのが地色の透明感ではないかと思います。
 初期の作品は、黒などの地色に光沢がなく重い印象になっていますが、色に光沢が出てからは並河ワールド全開という感じで、更に更に高みに昇っていったように思いました。

 並河靖之の作品は数々の国内外の博覧会で受賞し、その賞状で作った屏風がありました。
 その中に第3回、第4回勧業博覧会の賞状があったのですが、その審査官の1人に濤川惣助の名前がありました。
 なんと、もう1人のナミカワの方は審査官にまで登りつめていたのですね。
 並河靖之の心情はどうだったのかなと思いました。

 濤川惣助の無線七宝は絵画に近い印象の作品が多いですが、並河靖之も晩年には有線七宝で絵画のような作品を作っていました。
 とても美しかったです

 図録は2700円でした。
 ちょっと高すぎて手が出ませんでしたがほしいなと思いました。

 美しい有線七宝の極致に出会える幸せな展覧会でした
 良かったです。

 namita4.jpg
 会場を出ると、現代の作家さんの七宝が展示されていました。
 また違った良さがありましたので、行かれる方はこちらも寄ってみてくださいね

伊丹市立美術館
 住所:伊丹市宮ノ前2-5-20 TEL:072-772-7447
 開館時間:10時~18時(入館は17時半まで)、休館日:月曜(祝日の場合はその翌日)、年末年始、展示替期間
プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
関西を中心にお話します。
基本的には、遊びに行って、お昼を食べて、おみやげに家で食べれるものを買って帰るというパターンになっています。(最近パターン通りになっていませんが)
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
ブログラム
時間
検索フォーム
リンク
ご注意
◎当ブログに掲載している文章・写真等の無断転載を固く禁止します。 ◎記載の価格は訪問時のもので、現在の価格とは違っている場合がありますのでご注意を。
RSSリンクの表示