fc2ブログ

少しおやすみします

 記事を書く準備をしていたのですが、どんくさくもこけてしまって、少しケガをしてしまったので、しばらく記事の更新と訪問をお休みさせていただきます。
 スミマセン。
スポンサーサイト



京都 堂本印象美術館「大正時代の印象さん」展

 ほんの少し休憩するつもりが、また怠け虫が出てきて、気が付くと前回の記事から1週間以上経ってしまいました。
 展覧会の会期終了が迫ってきたので、旅行記は後にして、先にいくつか展覧会記事を書くことにします。

 tinsho1.jpg
 京都の堂本印象美術館では「若き日のロマン、大正時代の印象さん」展('24.12.9~2.25まで。観覧料510円)が開催されています。
 この展覧会、小品ながら初公開の作品も多く、面白かった(興味深い・楽しい)です。

 tinsho2.jpg
 この美術館を設立した日本画家の堂本印象(1891-1975)は、京都の造り酒屋の三男坊(9人きょうだいの上から三番目)でした。
 美術の才能があるということで、京都市立美術工芸学校に行かせてもらったまでは良かったのですが、在学中に家業が傾き、その後、父が病気で倒れたため、進学を断念して龍村製織所(現・龍村美術織物)に図案家として就職し、親と弟妹6人を養ったそうです。
 
 印象のデザインしたものはよく売れ、早くも認められて大阪に転勤になりました。
 初めて大阪に行き、日々の生活の中で見たものなどを記録するように写生したものなどが今回展示されていました。

 tinsho3.jpg
 上の作品は「島原太夫の絵巻」(チラシ抜粋、部分)です。
 友人・仲間たちと花魁道中を見に行ったのですが、人が多くて慣れない場所で居心地が悪かった様子が文章と絵で描かれており、若者らしい心情が伝わりました。
 大阪では、たくさんの弟妹が待っている実家から離れて、少し羽目を外せたのかもしれませんね^^
 それでも、給料のほとんどは家に仕送りし、自分は夜に人形を彫る内職をして、その代金で生活していたそうです。
 
 働きながらも画家になる夢をあきらめず努力する堂本印象を見て、社長である初代・龍村平蔵は京都市立絵画専門学校(現・京都市立芸術大学)に行くよう後押しをして、印象は画家になったのだそうです。
 調べてみると、龍村平蔵自身も印象と同じような境遇で、若い頃の自分をみるようで印象を応援したくなったのかもしれませんね^^

 職業人になった初めの頃は竹久夢二風の作品も多く、流行を取り入れようとした様子もうかがえます。
 若かりし日の堂本印象の一端を知ることができる興味深い展覧会でした^^

 tinsho4.jpg
 6人の作家による京都工芸美術作家展もミニ企画として同時開催されていました。

 tinsho5.jpg
 美術館の敷地内には庭があり、2/9~2/12まで9人の華道家による野外いけばな展が開催されていました。
 庭には堂本印象デザインの椅子などが置いてあり、いけばなとのコラボです^^

 tinsho6.jpg
 こちらは花よりマスクの方が目立ちますね。

 tinsho7.jpg
 椅子も一緒に写したかったので、花をアップにはしませんでしたが、青い花がきれいでした。

 tinsho8.jpg
 今はいけばな展は終わっていますが、絵画といけばなとお庭が楽しめた贅沢なひとときでした^^
 
堂本印象美術館
 住所:京都市北区平野上柳町26-3 TEL:075-463-0007
 開館時間:9時30分~17時(入館は閉館の30分前まで)休館日:月曜(祝日の場合は開館し翌平日に休館)、展示替え期間、年末年始(12/28~1/4)


「来たよ~♪」ということで、ポチポチ押しをお願いします。 
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
  ↑
 ありがとうございます。
  ↓

静岡 沼津・可睡斎旅行③ 淡島神社

 淡島マリンパークは、連日大勢の人が押し寄せて、入れない人がでているみたいで、閉園予定日を2/25に延期されました。
 これぐらいの人が常時来ていたら閉園にならずに済んだのかなと思いますが、いつでも行けると思うと、残念ながら重い腰が上がりにくいのですよねぇ。

 さて、淡島マリンパークには日本最大級のカエル館があるのですが、私はカエルが大の苦手なので夫だけが入りました。
 たとえ建物の外観だけでも、カメラを向けることさえ嫌なので、建物の写真はなしです。
 そのカエル館が、アニメ・ラブライブサンシャインのキャラクターの1人の実家のモデルになっているらしいです。 
 淡島神社には建物の前の道を通らないと行けないので、できるだけそちらを見ないように早足で通り過ぎました^^;

 kanawas1.jpg
 そして、こちらが淡島神社の参道入口にある鳥居です。
 立札には厳島神社と書いてあるのですよねぇ。

 kanawas2.jpg
 でも扁額は「淡島神社」になっています。
 どういうことかなと思ってウィキペディアで調べてみると、正式名は厳島神社で通称が淡島神社なのだそうです。

 それにしても、階段しんどそうです。
 水族館の中の看板に、参道は往復50分かかると書いてありましたが、マリンパークが閉園になったら二度と来ることはないので頑張って上ってみることにしました。

 結構、上りがキツイです。
 真ん中に手すりがあり、めちゃ助かりました。
 もうダメ、休憩したいと思う絶妙なところにベンチが置いてあるのも良かったです。
 ところどころに「がんばって」等の立札があるのは、アニメでここを早朝ランニングでトレーニングしたという設定になっているからのようです。
 でも、実際には早朝ここを走るなんてムリムリ(笑)
 ですが、若い子は上るのも速い。
 追い抜いたりできるほど幅が広くないので、ゆっくり上っていると渋滞になってしまうので、ちょっと気を遣いました。

 kanawas3.jpg
 あまり岩が多い印象はなかったのですが、1か所だけ大きな岩がありました。

 kanawas4.jpg
 フーフー言いながら、どうにかこうにか到着。
 淡島神社のお社です。
 若い子たちがたくさんお参りに来ています。

 kanawas5.jpg
 ご由緒書きがありましたので載せておきました。

 kanawas6.jpg
 絵馬もラブライブサンシャインです。
 多分、前列右から2番目の子が淡島の子だと思います(シランケド。笑)
 それにしてもアニメの力って、すごいですね。
 こんな上の方にある無人の神社に、これほど若い子がお参りに来るなんて通常考えられません。
 神さまは喜んでいらっしゃると思いますけどね^^

 お参りが済んだら、今度は帰りです。
 行きは足に負担が来ますが、帰りは踏ん張りがききにくく膝に負担がきます。
 道幅に余裕があるところにきたら、若い子たちに先にいってもらい、オジサン・オバサンはゆっくりです^^;

 kanawas7.jpg
 途中、脇にテーブルロックというところがあったので、少し寄り道。
 島の反対側の景色が見えました。

 kanawas8.jpg
 そして、行きに見た大きな岩の後ろ側には大黒さまがいらっしゃいました。
 お見送りをしてくださるのですね^^

 島の4分の1周しか行きませんでしたが、帰りの船やバスの混雑さも考えて、これで私たちの淡島観光は終了。

 kanawas9.jpg
 淡島マリンパークは、富士山の見える水族館ということで、ちゃんときれいに見えましたよ^^
 頑張って見に行って良かったなと思えた淡島マリンパークでした^^

 旅行記はまだ続くのですが、少し日にちが空いたり、間に展覧会記事を挟むかもしれませんがよろしくお願いします。

淡島マリンパーク
 住所:静岡県沼津市内浦重寺186 TEL:055-941-3126
 開園時間:10時~16時30分(最終入園 15:00)
 2024.2.12 2024.2.25閉園予定(延期されました。2月13日は休園) 
 注意;荒天の場合の臨時休園・時間短縮、島内満員時の入園制限あり。行く時は施設のHPのチェック要

「来たよ」ということで、ポチポチ押しをお願いします。 
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
  ↑
 ありがとうございます!
  ↓

静岡 沼津・可睡斎旅行② 淡島マリンパーク Part2

 kanawaqua1.jpg
 昨日の淡島マリンパークの続きで、今回はさかな編ということで、水族館の中に入ります。

 kanawaqua2.jpg
 大水槽の中には、アジなどなんか美味しそうな魚がたくさん泳いでいました(笑)
 ちょうどバックヤード見学(1000円)があったので、すかさず参加。
 定員があるので早い者順です。

 kanawaqua3.jpg
 先程の大水槽を上から見ます。
 魚たちが上の方に集まってきます。
 私たちも魚を見ますが、魚たちもエサがもらえると思って、人を見ているとのことでした。

 kanawaqua4.jpg
 そういえば、このイシガキフグはこちらを見てますね。
 
 kanawaqua5.jpg
 このアカハタも。

 kanawaqua11.jpg
 こちらのミノカサゴは、「ワタシ、キレイでしょ」と見せたいタイプでしょうか(笑)

 この水族館ではウミガメも飼育していて、外のプールでもウミガメが見れるのですが、
バックヤードではアカウミガメとアオウミガメが飼育されていて、2つ並べて見ると違いがよくわかりました。
 ただ、水の中にいるので2匹同時の写真はボケボケすぎてボツです^^;

 kanawaqua7.jpg
 バックヤード見学に参加すると、アオウミガメを持たせてくれるのですが、夫が持ち上げ、私は足を触るだけ。
 それでも、ウミガメなんて触ったことがなかったので、なんか「おぉ~」っとなりました^^
 足の付け根の方はめちゃ柔らかく、先にいくにつれ硬くなっています。
 もっと大きくなるそうですが、持たせてもらったのは6㎏ぐらいのサイズですが、夫は「重たっ!」と言ってました。

 いろんなお話を聞け、ウミガメも触らせてもらい、あっという間に時間が過ぎて楽しかったです^^

 kanawaqua8.jpg
 この水族館は、魚を触らせてくれるコーナーもあり、そこは深海生物が多かったです。
 ヒトデやナマコ、ヌタウナギ、ナヌカザメなどいろいろ触りましたが、巨大ダンゴムシのようなこのオオグソクムシはちょっと触れませんでした^^;
 オオグソクムシと目が合って、「ヒッ!」とたじろいでしまったので、写真はピンボケです(笑)

 時間によっては、大水槽の前と、深海生物のコーナーで飼育員さんの解説が聞けます。
 大水槽にいたマアジは近くで捕れるそうですが黄色いです。
 実は、黄色いのも黒いのも同じ品種で、食べる餌によって変化するのだそうですよ。
 黄色い方が美味しいのですって^^
 深海魚コーナーの解説も熱心で、どちらも魚たちの魅力を伝えたいという気持ちが感じられました^^

 kanawaqua9.jpg
 こちらはウニの裸殻(ウニが死んだ後、トゲが抜け落ち、骨格だけになったもの)の標本です。

 kanawaqua10.jpg
 これに光を当てると、こんなにキレイ!
 色もいろいろあり、生物というより、作られた人工物のような美しさでした。
 
 水族館の中に、それぞれの担当者が書いたのであろう手書き風の解説板がたくさんあり、わかりやすいのはもちろんですが、どれも自分たちの担当の生き物への愛着が感じられ、こちらの水族館の飼育員さんは、どなたもすごく愛情をもって生き物たちを世話をされているのだなと思いました。

 施設の老朽化のためやむなく閉園するとのことでしたが、多分皆さん断腸の思いでの決断だったと思います。
 魚たちは環境の変化に弱く、エサを食べなくなるので、海から水槽に移して魚たちがエサを食べてくれるように、皆さん頑張って育てた魚たちばかりなので、閉園後の生き物たちの行く末はしっかり考えられていることでしょう。
 資金繰りがついたら再開したいというお考えもあるようですので、是非頑張って再開してほしいものです。

 ということで、水族館編はこれで終わりです。
 次回の記事は、島内にある淡島神社の予定です。

淡島マリンパーク
 住所:静岡県沼津市内浦重寺186 TEL:055-941-3126
 開園時間:10時~16時30分(最終入園 15:00)
 2024.2.12 2024.2.25閉園予定(延期されました。2月13日は休園)
 注意;荒天の場合の臨時休園・時間短縮、島内満員時の入園制限あり。行く時は施設のHPのチェック要

「来たよ」ということで、ポチポチ押しをお願いします。 
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
  ↑
 ありがとうございます!
  ↓

静岡 沼津・可睡斎旅行① 淡島マリンパーク Part1

 沼津にある淡島(あわしま)マリンパークが、今年(2024年)の2月12日で閉園する(2月25日閉園に延長)と聞き、魚好きの夫は1度行きたいと思っていた水族館だというので、うちの毎年の恒例になりつつある可睡斎のひなまつりとあわせて行く計画を急遽立て、慌てて行ってきました。

 kanawamp1.jpg
 淡島マリンパークへはJR沼津駅から東海バスに乗って行くのですが、沼津市はアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」というアニメの主人公たちの出身地に設定されているようで、いたるところにそのキャラクターの絵があります。

 kanawamp2.jpg
 バスもラブライブバスでした。
 バス乗り場は、沼津駅南口3番乗場で「江梨・木負(きしょう)」行きに乗りますが、便数が1時間に1~2本しかないので要注意です。
 マリンパークのHPに、バス+渡船+入園料のセット券(3100円)がおすすめとあったので、沼津駅の観光案内所で行く前日に購入(2日間有効)。
 淡島マリンパークが10時開園なので9時半のバスで行くつもりだったのですが、混むので8時半のバスで行った方が良いと観光案内所の人に勧められ、1本早いバスで行きましたがそれでも満員。
 早めにバス停に行ったので、しっかり座って行きましたけどね(^-^)V

 ただ、セット券をチケット売り場で入園券に換えなければならず、そこが開くのが10時なので、1時間ぐらい並びました。
 
 kanawamp8.jpg
 淡島マリンパークは島にあるので、交換した入園チケットを持って乗船します。
 この船もラブライブ船です(笑)
 船の便数も今までなら1時間に1~2本程度みたいですが、閉園が決まってからお客が多くなってピストン輸送してました。
 ただ、そうすると、島内に人がいっぱいになってしまい、今では入園制限をする時もあるみたいです。

 kanawamp4.jpg
 そして島内に着くと、当然の如く、ラブライブの皆さんのお出迎え(パネル)ですが、ファンでもないので省略です(笑)
 淡島は無人島で、島の南側の海岸線に生き物のプールや水族館などが横並びに設置されています。

 ショーやエサやり体験の時間が決まっているので、先にそちらを見学しました。

 kanawamp5.jpg
 美人アシカのミクちゃんです。
 アシカショーのエースとのことで、いろいろ芸を見せてくれました^^
 
 その前に、ゴマフアザラシのロビンくんも出演していましたが、カメラマン(私)の腕が悪くてイケメンに撮れなかったのでカット(笑)

 ショーのプールの近くには、彼・彼女の紹介パネルとともに、アザラシとアシカの違いを書いた解説パネルがあったのですが、それがめちゃわかりやすい。
 大きな違いは、顔・歩き方・泳ぎ方の3点なのですが、その中でも歩き方が一番見分けやすいかも。
 顔を上げて前あしと後あしを使って歩くのがアシカで、這って進むのがアザラシです。
 これでアシカとアザラシを間違うことはもうありません(^^)V

 kanawamp6.jpg
 次に見たのは、イルカの公開トレーニングです。
 訓練されたイルカは大ジャンプができますが、やはりイルカも最初は怖いみたいで、初めはこんな低いところのジャンプから始めるのだなと思いました。
 大ジャンプができるようになるまで、イルカも日々努力して頑張るのだなと思うと声援を送りたくなりました。

 kanawamp7.jpg
 こちらはショーはないのですが、キタイワトビペンギンです。
 なんかポーズをとってくれてたのでパシャっと1枚^^

 今回はこの辺で。
 楽しいショーの後はお魚編です。
 多分、日にちを開けずに書くと思います(多分ね^^;)
  
淡島マリンパーク
 住所:静岡県沼津市内浦重寺186 TEL:055-941-3126
 開園時間:10時~16時30分(最終入園 15:00)
 2024.2.12 2024.2.25閉園予定(延期されました。2月13日は休園) 
 注意;荒天の場合の臨時休園・時間短縮、島内満員時の入園制限あり。行く時は施設のHPのチェック要

「来たよ」ということで、ポチポチ押しをお願いします。 
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
  ↑
 ありがとうございます
プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
主に関西で開催されている展覧会を観に行っています。
ゆるゆる感想を書いていきたいと思います。
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ご注意
◎当ブログに掲載している文章・写真等の無断転載を固く禁止します。 ◎記載の価格や店舗情報は訪問時のもので、現在の価格とは違っていたり、お店が閉店している場合がありますのでご注意を。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる