fc2ブログ

大阪 難波 高島屋「日本伝統工芸展」

 kogei68taka1.jpg
 大阪の難波高島屋で開催されている「第68回 日本伝統工芸展」('21.10.15~10.20まで。入場料500円)を見てきました。

 kogei68taka2.jpg
 この展覧会は陶芸、染織、漆芸、金工、木竹工、人形、諸工芸の7部門で日本伝統工芸展に入選された作品560点が一堂に展示されていました。

 560点もの作品が並ぶと壮観ですね。
 さすがは入選作品ばかりなのでどれも素晴らしかったのですが、やはり好みというものがあって、金工、蒔絵が入った漆芸、木竹工、七宝などの諸工芸が私は好きです。

 kogei68taka3.jpg
 チラシに載っていた作品は賞を受賞された作品なのですが、上段右から2つ目のしんたにひとみさん作「乾漆銀平紋はちす箱」は黒漆に銀が良く映えて、しぶいながら華やかな作品でした。

 下段右端の安達征良さん作硝子花入「五月雨」も底の方がキラキラしていて美しかったです。

 kogei68taka4.jpg
 真ん中の近藤亮平さん作「布目象嵌花文箱」は上品。
 
 その他にも良いなぁと思った作品がいっぱい。
 作品の名札の裏にはお値段が表示されているのですが、もちろん購入できるような金額ではないので良い目の保養をさせていただきました。

 それに、こういった大きな会場で見て良いなと思う品と、自分が実用するために購入したいと思う品は違うということが今回見てはっきりしました。
 例えば、今回きれいな箱がたくさんあったのですが、見て良いなと思うものでも自分が使うとなると大きすぎますし、展示外でしたが手頃な値段で購入できるものは美しいですが小さすぎて使い道に困ります。
 今回展示されているものは、実用のための工芸品ではなく、伝統工芸の手法で作られた鑑賞のための美術品なのだと改めて認識した次第です。

 これだけの工芸品が揃うと、ワクワクしながら見てまわれます。
 大阪の展覧会の後は、京都産業会館で'21.11.5~11.7まで展示されるようです。
 期間が短いですが、見応えがありますので、工芸品がお好きな方はお見逃しなく。
 
大阪高島屋
 住所:大阪市中央区難波5-1-5 TEL:06-6631-1101
 開館時間:10時~19時(最終日は17時閉場。入場は各閉場の30分前まで) 

ポチポチっと押してもらえると励みになります。 
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
  ↑
 ありがとうございます!
  ↓
スポンサーサイト



大阪府立江之子島文化芸術創造センターの展覧会

 kigyoeno1.jpg
 大阪西区にある大阪府立江之子島文化芸術創造センターの4階では『第3回 コーポレート・アート・コレクション「なにわの企業が集めた絵画の物語」展('21.10.8~10.22まで。入場料500円)』が開催されています。

 kigyoeno2.jpg
 関西経済同友会は、今度中之島に新しくできる大阪市立美術館の開館を応援するため、企業が所蔵する美術作品を集めた展覧会を開いてきました。
 今回はその3回目です。

 私は第1回から観に行っているのですが、今まであまりしっかりとチラシを読んでいなかったからか、新美術館開館を応援するために開催されているとは知りませんでした。
 目的は理解していませんでしたが、良い作品が揃っているので毎回楽しめます。

 kigyoeno3.jpg
 入場すると全作品の写真と解説が載ったパンフがもらえるのですが、それは載せることができないので、チラシの方を載せておきますね。

 この中では、左の赤い服を着た女性を描いた、マリー・ローランサンの「赤い服を着て本を読む若い女性」はきれいでした。

 左下のベルナール・ビュッフェ作「町役場」も、ビュッフェらしい尖がった線でありながらもパッと目を惹くしっかりと作品で良かったです。

 3段目右、ローランサンの隣の作品は荻須高徳の「ヴェニスの大運河」は荻須らしい硬さのある絵でした。

 チラシには載っていませんでしたが、佐伯祐三の「雪景色」という作品は、90年ぶりの一般公開だそうです。
 
 今年は2025年の大阪万博を意識してか、博覧会のポスターや「大大阪」(グレート・オオサカ)関連の作品が企画コーナーとしてありました。

 展覧会に貸し出しする作品もあるでしょうが、一般人が企業所蔵の作品なんてそれほど観ることはできないと思います。
 約40点と展示数はそれほど多くはありませんが、入場料500円は格安です。
 大阪の企業の心意気でしょうね。
 今年も良かったです。
 新美術館ができても開催して欲しいです。

 1階では「第15回 大阪府土曜会 趣味の作品展」('21.10.12~10.17まで。入場料無料)という展覧会も開催されていたので、見学させていただきました。

 写真・絵画・版画・俳画・書が展示されていました。
 一見、重い額縁に入った絵画のように見えますが、実際は発砲スチロール製の額の絵は、地震の時もケガがないようにとの想いで作られたそうです。
 アイデアですよね。

 趣味の作品とありましたが、どれもしっかりとした力作ばかりで、楽しく見させていただきました。
  
大阪府立江之子島文化芸術創造センター コーポレート・アート・コレクション
 住所:大阪市西区江之子島2-1-34 TEL:06-6441-8050
 開館時間:10時~18時 休館日:月曜日

 ポチポチっと押してもらえると励みになります。 
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
  ↑
 ありがとうございます!
  ↓

大阪日本橋 高島屋史料館&スパイスカレーAMMY

 kimonoart1.jpg
 少し前になりますが、大阪高島屋の展覧会に行った時、高島屋史料館にも寄りました。

 kimonoart2.jpg
 高島屋史料館では「キモノ★ア・ラ・モード」展('21.9.11~12.20まで。入館料無料)が開催されています。
 この展覧会は展示替えがあり、第Ⅰ部は「ウルチマ・モオダ」('21.9.11~10.25まで)第Ⅱ部は「ザ・キモノ・ライフ」('21.11.6~12.20まで)というテーマで展示されています。

 高島屋では、戦時中に一時中断はありましたが、1913(大正2)年から1994(平成6)年まで「百選会」という呉服催事がありました。
 百選会は高島屋が毎回「趣意(テーマ)」と「流行色(テーマカラー)」を設定し、それに基づく「標準図案(デザイン)」を発表し、全国の染織業者から新柄呉服を募集し、厳正な審査を経て製品化、販売する会だったそうです。
 百選会の呉服は、着物界の最新モードを発信していたのですね。
 この展覧会は、その百選会の歴史と作品を紹介する内容だそうです。

 ・・・スミマセン、私が行った時に丁度団体さんとかちあってしまい、ゆっくりと見れなかったので今回は内容の説明はできません。
 一部写真撮影可だったので、高島屋史料館の様子をほんの少しですがお見せしますね。

 kimonoart3.jpg
 百選会に登場した着物や帯が展示されてました。
 モダンなのが多かったような。

 第Ⅰ部のテーマの「ウルチマ・モオダ」は「流行の極致」ということだそうで、「ultima mode」のことかなと思います。
 今ならありかもしれませんが、当時だったらモダンだっただろうなと思うデザインの品が多かったです。

 kimonoart4.jpg
 百選会60周年の会で、詩人でフランス文学者の堀口大学から贈られた祝賀賛歌の展示がありました。
 堀口大学は百選会の顧問だったそうですが、こういった知識人も顧問に招いたのですね。

 高島屋史料館は企画展会場の他に、高島屋百貨店の資料を展示しているコーナーがあります。

 kimonoart5.jpg
 こちらは高島屋史料館が入っている高島屋東別館の模型です。
 夏目漱石の妻の妹の夫・鈴木禎次(ていじ)の設計で1928年に竣工された建物です。
 2021年に国の重要文化財に指定されました。
 外観や内部の階段の一部などは当時のままですが、2020年にリノベーションされホテルとなっています。

 kimonoart6.jpg
 史料館の入口すぐのところには、彫刻家の平櫛田中(ひらぐしでんちゅう)作の「有徳福来尊像」が展示されています。
 100歳を過ぎてから5年をかけて高島屋のために制作したものですって。
 力強いですね。
 彩色は画家の奥田元宋によるものだそうです。

 1枚目の写真は、この福来像の衣装を着たローズちゃんです。

 kimonoart7.jpg
 この建物の1回にはフードコートがあって、史料館を出た後、スパイスカレーAMMYさんでカレーを食べました。
 カレーの種類はマトン・バターチキン・キーマの3種類とあいがけがありますが、マトンカレー(並・税込み900円)をチョイス。

 kimonoart8.jpg
 このカレー、スパイスがホールで入っていて、スパイス感満載で美味しいです。
 マトンも臭みがなく牛肉みたいで食べやすい。
 上にのっていたパクチーも良いアクセントになっていて、フードコートのわりには美味しいスパイスカレーでした。
 ごちそうさまでした。

 今回は人が多かったのでサラッと見て終わりにしましたが、着物に興味がある人には楽しい展覧会だと思います。
 私は着物よりも下絵の方が興味があるのですが、できれば第2部も観にいければ行きたいと思います。
 
高島屋史料館
 住所:大阪市浪速区日本橋3-5-25 高島屋東別館3階 TEL:06-6632-9102
 開館時間:10時~17時(入館は16時30分まで) 
 休館日:火・水曜日、展示替え期間('21.10.28~11.5までは休館)

スパイスカレーAMMY コミュニティーフードホール大阪日本橋店
 住所:大阪市浪速区日本橋3-5-25 高島屋東別館1階 TEL:06-6567-8606
 営業時間:10時~20時(コロナ対策で時短営業中)

 ポチポチっと押してもらえると励みになります。 
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
  ↑
 ありがとうございます!
  ↓

美術館「えき」KYOTO 「荻須高徳」展

 ogisueki1.jpg
 京都駅伊勢丹にある美術館「えき」KYOTOで開催されている「生誕120年記念 荻須高徳-私のパリ、パリの私-」展('21.9.10~10.17まで。入館料1100円)を観てきました。

 ogisueki2.jpg
 この展覧会は、パリの街角を描き続け「日本生まれのパリ人」と評された荻須高徳(おぎすたかのり)の作品を時代を追って紹介した展覧会です。

 ogisueki3.jpg
 荻須高徳の作品って、街角のポスターなど佐伯祐三の作品に似ているなとずっと思っていました。
 今回荻須さんの作品をずらりと観て、似ているという印象は今も変わらないのですが、佐伯より真面目でこだわりも強そうな。
 同じ建物でも角度を変えて何度も描いていました。
 
 風景画がほとんどなのですが、その中でもこの画家の好みの景色は、高低差のある場所から見た景色が好きそうでした。
 坂の下から見上げた道、高い場所から見下ろした風景。
 あと、曲がっていく道も好きそうでした。
 荻須さんの作品は思っていたよりもタッチが粗いので、少し距離を取って見た方が奥行きが出て良いですね。

 ogisueki4.jpg
 色よりも構図や建物の質感に興味を持っていたのか、色は暗くはないですがあまり明るくはありません。
 何枚か日差しが強そうな土地に行った時の絵は明るかったのですが、パリの絵は冬景色のようで、それも曇天の日のような作品が多いです。
 何年もパリに住んでいるので、曇天の時ばかりの筈がないのですが、荻須さんにとってのパリの色は、茶灰色だったのかもしれないなと思いました。

 少し風景の好みが偏っている気がしますが、一昔前のパリの景色が感じられる展覧会でした。
  
 美術館「えき」KYOTO
 住所:京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 JR京都伊勢丹7階隣接 TEL:075-352-1111(大代表)
 開館時間:10時~19時30分(入館は閉館の30分前まで)
 
ポチポチっと押してもらえると励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
  ↑
 ありがとうございます!
  ↓

大阪 鶴見緑地 9月の咲くやこの花館

 syokuhana1.jpg
 9月はまだ緊急事態宣言中だったのですが、あまりに自粛ばかりだったので、9月の中旬頃に近くにある鶴見緑地公園に自転車に乗って散歩に行ってきました。
 この公園は広いので、密になることはないのです。
 ですが、せっかく行ったのに、丁度花の入れ替え作業中で花が少なかったので、公園内にある植物園・咲くやこの花館(入館料500円)に寄りましたので、その時の植物を少し紹介しますね。

 syokuhana2.jpg
 入ると熱帯雨林植物室になっていて、ランなどがきれいに咲いています。

 syokuhana3.jpg
 このランは「ぺリステリア・エラタ」という長い名前がついていますが、花びらの中に小さなハトがいるように見えるため日本では「ハトラン」という愛称があるようです。
 面白いですね。

 この他にもたくさんの花が咲いていて、どれを選ぼうか迷ったのですが、今回は「赤い花」をチョイスです。

 syokuhana4.jpg
 こちらは「カエンボク」で、漢字では「火炎木」と書くそうです。
 花が炎のように見えるからですかね。
 英名では「アフリカン・チューリップ」というそうで、実際にはチューリップとは科が違いますが、いわれてみれば少しチューリップの花にも似てますね。

 syokuhana5.jpg
 次は「シクンシ」です。
 漢字では「使君子」といい、「神に授かった妙薬」の意味を持つそうです。
 かわいい花のわりにはすごい名前がついてますね。
 その名にふさわしく、根・葉・果実・種子は薬効があるのですって。
 花は咲き始めが白で、ピンク、赤へと変化して、香りも良いとのことですが、マスクをしているので香りはわかりませんでした ^^;)

 syokuhana6.jpg
 こちらは「ハエマンサス・ダシフィルス」です。
 これは花だけ見ればきれいなのですが、全体で見たら茎の先からいきなり花が咲いていて、花火みたいでもあり、ネギ坊主みたいでもあり面白かったです。
 花も良い顔を見て欲しいと思いますので、全体像は載せないでおきますね(笑)

 syokuhana7.jpg
 赤い花シリーズの最後を飾るのは、「メロカクツス属の一種」だそうです。
 サボテン科メロカクツス属の植物であることまではわかってるんだけどね~といったところでしょうか。
 首に巻いている赤いマフラーのようでかわいかったです。

 syokuhana8.jpg
 植物園の特集展示では、この時は「虫を食べる植物展」('21.7.26~9.26まで)が開催されていました。
 これは「ネベンテス・アンブラリア・ヴィッタタ」と舌を噛みそうな長い名前ですが、ウツボカズラ系の食虫植物です。
 このつぼ状の袋に虫などが入ると、虫は外に出れなくて消化されてしまいます。
 袋の中の消化液は、結構たっぷり入ってますよね。

 syokuhana9.jpg
 こちらも食虫植物として有名なハエトリグサです。
 この葉の間に虫が入ると、葉が閉じて消化してしまいます。
 あまり触ると植物が弱るので実演はありませんでしたが、このギザギザが歯のようで、指でも噛みつかれそうな気がします(笑)

 syokuhana10.jpg  
 これは「トコカ・ギアネンシス」といい、食虫植物ではなく、アリと共生するアリ植物です。
 葉っぱの付け根のとこがプックリと膨らんでいるのがわかりますかね?
 ここがアリの住み家になるのですって。

 アリ植物はこの他にもアリノスダマがあったのですが、ちょっと見た目が気色悪かったのでパスです(笑)

 咲くやこの花館の植物は約5500種もあるそうですが、今回の紹介はここまでです。
 ここは変わった植物がたくさんあり、いつ行っても楽しめます。
 
 次回のイベントは「刺激スパイス展」('21.10.16~11.7まで)で、有名スパイスカレー店が出店予定ということで、植物もですがスパイスカレーも楽しみです。
 花より団子ではなく、花も団子もですよね(笑)
 行った時はまだ記事にしたいと思います。

咲くやこの花館
 住所:大阪市鶴見区緑地公園2-163 TEL:06-6912-0055 
 開館時間:10時~17時(入館は16時30分まで) 休館日:月曜日(休日の場合はその翌平日)、年末年始(12/28日~1/4)

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
  ↑
 ありがとうございます。
  ↓
プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
主に関西で開催されている展覧会を観に行っています。
ゆるゆる感想を書いていきたいと思います。
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ご注意
◎当ブログに掲載している文章・写真等の無断転載を固く禁止します。 ◎記載の価格や店舗情報は訪問時のもので、現在の価格とは違っていたり、お店が閉店している場合がありますのでご注意を。
RSSリンクの表示