FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滋賀 比叡山延暦寺③ 東塔地域

 さて比叡山シリーズの最後は東塔(とうどう)地域です。
 今回私達は最後に行きましたが、本来バスで行くと一番最初に着く区域です。

 hiei16.jpg
 宗祖伝教大師最澄が創建した一乗止観院を始まりとした延暦寺の総本堂である根本中堂は、H28年から10年かけての大改修中です。
 でも参拝はできます。
 御本尊は薬師如来像で、ご本尊の前には1200年間灯り続けている「不滅の法灯」も安置されています。
 概観は覆いがされているのでよく見えませんが、建物は国宝で、廻廊も重文に指定されているそうです。

 hiei17.jpg
 御朱印もいただきました。
 御本尊の薬師如来さまは医師の役割をされているので、醫王殿と書かれています。
 美しい字です。
 
 hiei18.jpg
 こちらは文殊楼です。
 延暦寺の山門にあたるそうです。
 上にも上れますが、階段が急でちょっと昇降には注意が必要です。

 hiei19.jpg
 大講堂(重文)は昭和31年に焼失してしまった後、昭和39年に山麓坂本の讃仏堂を移築したものだそうです。
 御本尊は大日如来像で、その左右には比叡山で修行した各宗派の宗祖の木像が祀られていました。

 hiei20.jpg
 こちらは戒壇院(重文)です。
 天台宗の僧侶が戒律を授かるお堂だそうで、中は拝観できませんが御本尊は釈迦牟尼如来さまがまつられているそうです。

 hiei21.jpg
 阿弥陀堂と法華総持院東塔です。
 阿弥陀堂の御本尊は大きな阿弥陀如来です。
 塔もどっしりとしていて美しいです。

 hiei22.jpg
 国宝殿(拝観料500円)にも行きました。
 名前の由来は、伝教大師さま筆の山家学生式の中にある「一隅を照らす、これ則ち国宝なり」という言葉から名づけられたそうです。

 中には仏像がいっぱいで、気持ちがわくわくしました。
 鎌倉時代のお不動さまは、こちらを見てくださっている感じがして、かっこよかったです。
 明王や天部の仏さまはかっこいいですね。

 比叡山はやっぱりすごいですね。
 昔はどこのお寺でもそうでしたが、火事が多くお堂の多くが一度は焼失していますが、さすがは日本の仏教の故郷ともいえる場所です。
 不屈の精神を見た気がしました。
 良かったです。

 hiei23.jpg
hiei24.jpg
 お山をバスで坂本の方に下りた後は、鶴喜さんでおそばを食べて帰りました。
 これで長くかかっていた比叡山シリーズはおしまいです。

 最近、なかなか時間を取ることが難しく、ブログをしばらくお休みしようかと思っています。
 よく遊びに行くので、書きたいネタが溜まっており、心残りがあるので迷ってはいるのですが、また書く時間ができれば再開したいとは思っています。
 長く放置するのか、案外気が向いてすぐに再開するのかはわかりませんが、再開した時はまたよろしくお願いします。

 hiei25.jpg
 今日は大晦日。
 美味しい年越しそばを食べて、皆様良いお年をお迎えください。
 ありがとうございました
 
比叡山延暦寺 
 住所;滋賀県大津市坂本本町4220 TEL:077-578-0001(代表)
 東塔地域巡拝時間:3月~11月は8時半~16時半、12月は9時~16時、1月~2月は9時~16時半

国宝殿
 拝観時間;1月~2月は9時~16時半、3月~11月は8時半~16時半、12月は9時~16時(入館は各閉館時間の30分前まで) 年中無休

本家鶴喜そば
 住所:滋賀県大津市坂本4-11-40 TEL:077-578-0002
 営業時間:10時~18時(L.O.17時45分) 定休日第3金曜(8月11月は無休、1月6月は木・金連休)
スポンサーサイト

滋賀 比叡山延暦寺② 横川地域

なかなかブログが書けず、1つめの比叡山の記事からだいぶん経ってしまい、とうとう大晦日になってしまいました。
 さすがに年内に終わらせたいので、ざっと記しておくことにします。

 hiei8.jpg
 西塔地域の後に行ったのは、更に奥の横川(よかわ)地域です。
 天台座主第3世慈覚大師円仁(じかくだいしえんにん)によって開かれた場所だそうです。

 hiei9.jpg 
 まずは元三大師堂(四季講堂)から行きました。
 元三大師(がんざんだいし)は通称で、慈恵大師良源(じえだいしりょうげん)と言い、第18代天台座主を務め、延暦寺の中興の祖としても知られています。
 今年奈良国立博物館で開催された源信(恵心僧都)の師でもあります。

 元三大師はおみくじの元祖とも言われています。
 青蓮院さんでそのことを知り、何気におみくじをひいたらなんかすごく心当たりがあることが起こり、それ以来、元三大師さんのおみくじだけをひいていますが、これがよく当たるのでちょっとひくのがこわくなっています。
 ここがおみくじ発祥の地なので、今回はどうしようかなと思っていたら、こちらのおみくじは何か決断がある時のみしかひかせてもらえないようになっていて、ちょっとホッとしました。

 hiei10.jpg
 こちらは横川中堂です。
 御本尊は慈覚大師作と伝えられる聖観音菩薩(重文)です。

 hiei11.jpg
 少し足を伸ばして、定行院(じょうこういん)にも行ってきました。

 hiei12.jpg 
 こちらは日蓮上人が修行された地に建てられたお寺です。
 横川中堂から結構遠くて、山奥で修行されたのだなと思いました。

 hiei13.jpg hiei14.jpg
 横川地域では2つの御朱印をいただきました。

 hiei15.jpg
 私達が行った時は、横川地域の入口の辺で出店がでていまして、そこの黒糖饅頭がすごく美味しかったので、現地で3個食べ、お土産用に5個購入しました。
 近江藤斎というお店のお饅頭です。
 餡が粒あんで程よい甘さと大きさで、いくらでも食べれてしまいます(笑)。
 家に帰って調べてみると、鮎家の和菓子部門のお店でした。

 甘い物でホッと一息ついて、最後の東塔地区に向かいます。

比叡山延暦寺 
 住所;滋賀県大津市坂本本町4220 TEL:077-578-0001(代表)
 横川地域巡拝時間:3月~11月は9時~16時、12月は9時半~15時半、1月~2月は9時半~16時

第23回 神戸ルミナリエ

 比叡山の記事の続きを書かなければならないのですが、ルミナリエに行ってきましたので先にルミナリエの記事を書きます。
 
      17lum1.jpg
 今年(2017年)の開催は12/8~12/17までです。
 今年のテーマは「未来への眼差し」だそうです。

 17lum2.jpg
 なんか今年は豪華でしたよ。
 ちょっといつもと違う感じがします。

 17lum3.jpg
 最初のところの壁も飾られていました。

 17lum4.jpg

 17lum5.jpg

 17lum6.jpg 17lum7.jpg 17lum8.jpg
 一番違っていたのは広場のところです。
 いつもは円柱の中に入るような感じですが、今年は光の回廊みたいになっていました。

 17lum10.jpg
 市庁舎から見た光景です。

 17lum11.jpg
 今年は神戸港開港150年ということで気合が入ってまして、「おっ♪」と思いました。
 明日(12/17)までですので、温かくして見に行ってくださいね。

神戸ルミナリエ

滋賀 比叡山延暦寺① 西塔地域

 hiei1.jpg
 比叡山延暦寺で期間限定で秘仏御本尊が公開がされていると知り、行ってきました。
 比叡山は広いので何回かに分けて紹介したいと思います。

 比叡山の巡拝順路は、まず東塔地域から行くのが順当なのですが、今回秘仏公開されているのは西塔(さいとう)地域の釈迦堂だったので、西塔から行きました。

 hiei2.jpg
 こちらが西塔の本堂にあたる釈迦堂(転法輪堂)です。
 延暦寺に現存する建築中最古のもので、もとは三井寺の園城寺の金堂でしたが、豊臣秀吉が文禄四年(1595年)に西塔に移築したものだそうで、 国重要文化財に指定されているそうです。

      hiei3.jpg
 こちらでは、回峰行の祖である相応和尚1100年御遠忌記念として、秘仏御本尊の釈迦如来像の御開帳('17.10.1~12.10まで。比叡山入山料700円)と内陣特別拝観('17.8.1~12.10まで。内陣巡拝料500円)がされており、普段お目にかかれない仏さまにお会いすることができます。

 秘仏御本尊は脇侍に文殊菩薩・普賢菩薩の釈迦三尊像です。
 小さめで、釈迦如来さまは衣の襞も少なくスッとした印象でした。
 33年ぶりの御開帳だそうですよ。

 内陣は今回初めて一般拝観可にされたみたいですが、内部を守ってらっしゃる四天王の持国天さまと増長天さまがカッコイイ!(広目天、多聞天像は国宝殿にいらっしゃいます)
 目は玉眼ですごい迫力です。
 増長天さまの方が少し穏やかなような。
 私は持国天さまに魅せられてしまって、少し前に行ってはやっぱり持国天さまの前に戻り惚れ惚れと見惚れてしまいました。
 本当にかっこよかったです。

 三蔵法師像などの16神の像も小さめですがしっかり造られていて美しかったです。
 元三大師像もきれいでした。
 かがまないとお顔が見れませんけどね。

 内陣拝観よかったです。

 hiei4.jpg hiei5.jpg hiei6.jpg
 こちらは、にない堂です。
 常行堂と法華堂の2つのお堂が廊下でつながってます。
 中には入れません。
 弁慶にちなんでにない堂という名前がついたそうです。

 hiei7.jpg
 西塔には、伝教大師御廟のある浄土院もありますが、今回は釈迦堂のみ似て失礼したので、お釈迦さまにご挨拶をして先に進みました。

 特別拝観は12/10までですがオススメです。
 
比叡山延暦寺 
 住所;滋賀県大津市坂本本町4220 TEL:077-578-0001(代表)
 西塔地域巡拝時間:3月~11月は9時~16時、12月は9時半~15時半、1月~2月は9時半~16時

京都 H29年冬の展覧会巡り②

 昨日の続きを書きます。

 huyukyo7.jpg huyukyo8.jpg
 京都文化博物館では「ウッドワン美術館コレクション 絵画の愉しみ、画家のたくらみ 日本近代絵画との出会い」展('17.10.3~12.3まで。入場料1300円)では開催されていました。

 以前にも大丸神戸でウッドワン美術館展を観たのですが、あまりに質の良いコレクションだったので驚愕しました(その時の記事はこちら)。
 久しぶりにそれらの作品を観れると思って楽しみに行ってきました。

 やっぱりこの美術館のコレクションは見応えありますね~。
 今回は、絵の見方がよくわからない人のために簡単な見方も紹介されており、展覧会初心者の人も絵画好きな人も楽しめる展覧会になっていました。
 ただ、展覧会に足を運ぼうと思うぐらいの人なら、見方を教えてもらわなくてもその人の感性に合う作品にきっと出会えると思いますけどね。

 huyukyo9.jpg
 同時開催として、常設展示会場で「木島櫻谷の世界」展('17.10.28~12.24まで)が開催されています。
 このミニ展覧会もすごく良かったです。
 木島櫻谷展は次に紹介する泉屋博古館とタイアップ企画です。

 huyukyo10.jpg huyukyo11.jpg
 ということで、泉屋博古館で開催されていたのは「生誕140年記念 木島櫻谷 近代動物画の冒険」展('17.10.28~12.3まで。入館料800円)でした。

 木島櫻谷は今尾景年のお弟子さんで、写生をしっかりしているため画力があるのですよね。
 描き方が手馴れているというか。
 とくに動物の絵が巧い。

 動物の目が良いのです。
 優しく、かわいく、生き生きしている。
 それはどこからくるのかなと思って見てたら、眼球の光の入れ方に目がいきました。
 やっぱり生き物は目力ですよね。

 今回は私の好きな「寒月」も展示されており、感激しました。
 木の色も部分的に深い青緑で、冬の月光を浴びたような静かな美しさです。 

 その他にも美しい作品がいっぱいで、この展覧会を観て良かったと思いました。

 huyukyo12.jpg huyukyo13.jpg
 最後に紹介するのは、美術館「えき」KYOTOで開催されている「ミュシャ展~運命の女たち~」展('17.10.14~11.26まで。入館料900円)です。

 おなじみのポスターだけでなく、水彩画や素描も含め計150点も展示されている豪華な展覧会でした。

 ミュシャの女性像の魅力は、長くしなやかな布と女性の曲線があいまって優美さと軽やかさを表現しているところではないでしょうか。
 その曲線が周りの文様と絡み、より曲線が活かされるような。
 本当に美しい。

 晩年にはスラブ叙事詩という、かつての甘く華やかな女性像からは想像できないほど重いテーマを描いていますが、それでもミュシャはいつも前を向いて'希望'を描いているように思います。
 その明るさがミュシャの魅力なんだろうなと思いました。

 これで今年(H29年)の京都の冬の展覧会巡りの記事はおしまいです。
 次は比叡山の特別拝観の記事を書きたいのですが、会期終了までに書けるかはちょっとわかりません。
 書けたらいいなぁ。
 
京都文化博物館
 住所:京都市中京区三条高倉  TEL:075-222-0888
 開館時間:10時~18時(金曜19時半まで。入場は各30分前まで) 休館日:月曜(祝日の場合は翌日休館)

泉屋博古館
 住所:京都市左京区鹿ヶ谷下宮ノ前町24 TEL:075-771-6411
 開館時間:10時半~17時(入館は16時半まで) 休館日:月曜(祝日の場合は開館、翌日代替休)、展示替期間、展覧会の会期中にも臨時休館日がある場合有り。

美術館「えき」KYOTO
住所:京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 JR京都伊勢丹7階隣接 TEL:075-352-1111(大代表)
 開館時間:10時~20時(入館は閉館30分前まで)
プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
関西を中心にお話します。
基本的には、遊びに行って、お昼を食べて、おみやげに家で食べれるものを買って帰るというパターンになっています。(最近パターン通りになっていませんが)
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
時間
検索フォーム
リンク
ご注意
◎当ブログに掲載している文章・写真等の無断転載を固く禁止します。 ◎記載の価格は訪問時のもので、現在の価格とは違っている場合がありますのでご注意を。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。