とある婦人の忘備目録

展覧会、映画、お寺などを観ること、食べることを中心に感想を綴っていきます。

  1. 展覧会
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

東京展覧会巡り① 東京国立近代美術館&中村屋サロン美術館

 一昨日から昨日('17.5.19~5.20)にかけて、東京に行ってきました
 いくつか展覧会を観てきましたので、簡単にですが紹介したいと思います。

 toten1.jpg 
 最初に行ったのは東京国立近代美術館の工芸館です。
 こちらでは「動物集合」展('17.2.28~5.21まで。観覧料は単館なら210円、本館の常設展と一緒なら430円)が開催されていました。
 
 toten2.jpg toten3.jpg
 チラシ左の真ん中の猫のテラコッタ、うちのニャンコさんがよくこんな表情をしているので興味を持ったのです。
 うちのニャンコが私の膝の上に乗せられて、不本意ながらも撫でられている時にこんな顔をします(笑)。
 こちらは大塚茂吉さんという方の作品です。
 猫ではないですが、カイロ博物館のアヌビス像に似ているようなカッコ良い作品でした。 

 この展覧会は、動物をモチーフにした工芸品の展覧会なのですが、美しい作品やかわいい作品など手の込んだ作品が満載で、ニコニコ気分で観て周りました
 やっぱり工芸品って、丹精こめて作っているという感じがよく伝わってきますね。
 それはもちろん絵画でも同じですけどね。
 「あぁ、観に来て良かった」と思える楽しい展覧会でした

 toten4.jpg
 東京国立近代美術館の本館では楽焼の展覧会が開かれていたのですが、この展覧会は京都国立近代美術館で観た(この記事は書けていない)のでパスして、「平成28年度第4回所蔵作品展 MOMATコレクション」展('17.2.18~5.21まで。観覧料430円)だけ観てきました。

 toten5.jpg
 写真撮影もOKだったので、今回は中村彝(なかむら つね)の「エロシェンコ氏の像」を撮ってきました。
 茶色でまとめた柔らかい色彩ですが、どこか表情が沈鬱そうに私には見えました。

 ここの常設展は、岸田劉生や藤田嗣治など有名な画家の作品が揃っており、いつも安心して観れますね

 工芸館の動物展もMOMAT展も5/21まででした。
 さすがは国立美術館。
 所蔵品展でも見応えありました。
 ぎりぎりですが、観れて良かったです

 toten6.jpg
 次に向かったのは、新宿にある中村屋サロン美術館で開催されている「中村彝 生誕130年記念~芸術家たちの絆展~」('17.3.18~6.4まで。入館料300円)です。

 先程の「エロシェンコ氏の像」を描いた中村彝を中心に、彼と交友関係があった芸術家の作品を紹介した展覧会です。

 中村屋が東大前のお店から新宿に移転後、創業者・相馬愛蔵とその妻・黒光のもとに萩原守衛をはじめ、多くの芸術家が出入りするようになったそうです。
 それが後世中村屋サロンと呼ばれるようになったそうですが、萩原守衛は中村屋の裏にアトリエを構えました。
 萩原守衛が亡くなった後、中村彝がそのアトリエに移り住んだことから、中村彝が中村屋サロンの中心人物となったそうです。

 toten7.jpg toten8.jpg
 チラシ左は中村彝の「少女」という作品ですが、モデルは相馬夫妻の長女俊子さんです。
 中村彝は俊子さんにプロポーズしたそうですが、中村彝は体が弱かったため俊子さんの母である黒光さんに反対されて成就しなかったみたいですよ

 展覧会では、同じエロシェンコ氏を描いた鶴田吾郎の「盲目のエロシェンコ」も展示されていました。
 同じ人物でも受ける印象が違いました。

 展示数はしれほど多くはありませんが、わずか37歳で亡くなった夭折の画家・中村彝の画業と交流関係の一端を知ることをできる興味深い展覧会でした

 次は、今回の旅行の最大目的のミュシャ展についての紹介です
 できるだけ早く書きたいとは思いますが、ちょっと遅くなったらすみません。

東京国立近代美術館
 住所:東京都千代田区北の丸公園3-1 TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル 8時~22時)
 開館時間:10時~17時(金曜日、土曜日は20時まで。入館は各閉館の30分前まで ) 休館日:月曜日

東京国立近代美術館工芸館
 住所:東京都千代田区北の丸公園1-1 
 開館時間:10時~17時(入館時間は閉館の30分前まで ) 休館日:月曜日

中村屋サロン美術館
 住所:東京都新宿区新宿三丁目26-13 新宿中村屋ビル3階 TEL:03-5362-7508
 開館時間:10時半~19時(最終入館18時40分) 休館日:火曜日

スポンサーサイト

  1. 展覧会
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

阪急うめだギャラリー 「ふるさとのねこ」展('17.5.6)

 hulucat1.jpg
 昨日(5/6)、大阪梅田の阪急百貨店で開催されている「ふるさとのねこ 岩合光昭写真展」('17.4.26~5.8まで。入場料600円)を観て来ました

 今回は青森県津軽地方にいるある猫の一家を写した展覧会になっていました

 hulucat2.jpg hulucat3.jpg
 まだ目もしっかり見えていない子猫の時から、大きくなって貫禄のあるお父さんやお母さんになっていく姿までが写されています。

 よちよち歩きのかわいい子猫たちが、たった1年程度で少年になり大人になり、そして新しい一家を成していく様子と、いつまでも変わらない青森県の美しい風景との対比は、タイトルどおり「ふるさと」を感じさせるものでした

 hulucat4.jpg
 1匹だけ白猫がいて、うちのニャンコのちっちゃい時に似ていました

 うちのニャンコは完全家ねこのせいか、岩合さんの写す猫のような貫禄はなく、14歳にもなっていまだに王子のようにおっとりしていますが、私たちにとって世界一かわいいのはやっぱりうちのニャンコだよねと夫と再確認した親バカ夫婦です(笑)。

 さて、楽しかった連休もいよいよ今日でおしまいです。
 今日はうちのニャンコさんをお風呂に入れてあげようかな

 hulucat5.jpg
 「ありがた迷惑だニャッ」
 
阪急うめだギャラリー
 住所:大阪市北区角田町8-7 TEL:06-6361-1381
 入場時間:日~木10時~20時、金・土10時~21時、最終日18時閉場(入場は閉場の30分前まで

  1. その他
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

ちょっと嬉しかったこと

 ureshi1.jpg
 GWに突入しましたね。
 私は連休中はとくに予定を入れていないのですが、京都国立博物館で開催されている海北友松展は4/28に仕事帰りに観に行ってきました

 展覧会の話はまた後日にするとして、京博からの帰り道、京阪電車の七条駅から電車に乗ろうとしたのですが、改札に入るか入らないかぐらいのところで丁度特急列車が来て、それに乗ろうとしたのですが降りてくる人に阻まれて、目の前でドアが閉まりかけてしまいました。
 そしたら電車の中にいた男性がドアに手を掛けて、ドアの閉まるのを止めようしてくれたのです
 それでもドアは閉まって結局私は乗れなかったのですが、お礼の意味でお辞儀をしたら、「残念だったね」というような笑顔とともに、「力になれず申し訳ない」というジェスチャーを返してくれたという事がありました

 もちろん、閉まりかけたドアに手を掛けるというのは危ないですし、電車の時刻を遅らすことにもなりかねないので、本当はよくない行為だということは重々承知しているのですが、見知らぬ他人であっても目の前で困っている人に咄嗟に手を差し伸べようとしてくださったその人の厚意が、私には嬉しかったのです

 以前にも見知らぬ人から親切を受けて、自分も親切にしようと思ったことがあったのですが、実際にできていたかと反省もして、人には親切にしないといけないなと改めて思いました。

 ureshi2.jpg
 手を貸してくださろうとしてくださった方、ありがとうございました
 こころが少し温かくなりました
 あなたにも良いことがありますように

  1. 展覧会
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

京都 「芳年」展&「池田理代子」展

 旅行やお出かけの記事ばかりになっていますが、展覧会めぐりも着々と行っています。
 ですが、書く方が間に合わずどんどん終わってしまうので、益々書く気が起こらないという悪循環になっています
 でも昨日(4/22)に行った展覧会が良くて、しかも会期が今日(4/23)までなので、少し紹介しておきますね

 tukioka1.jpg
 美術館「えき」KYOTOで開催されているのは「芳年-激動の時代を生きた鬼才浮世絵師」展('19.4.1~4.23まで。入館料900円)です。
 月岡芳年(大蘇芳年)は幕末から明治にかけて活躍した浮世絵師です。
 
 tukioka2.jpg
 私が初めて芳年のことを知ったのはまだ20代の頃で、オランダのゴッホ美術館で芳年の特別展が開かれていたのです。
 ゴッホを観に行ったら一際人が多いコーナーがあって、自分も見てみたらなんと日本の浮世絵が展示されており、それが今まで見たことがない浮世絵、いわゆる「血みどろ芳年」の数々でした

 歌麿や写楽の世界が浮世絵だと思っていた若かりし日の私は、こんなのが浮世絵のすべてだとオランダ人に思われたらどうしよう・・・と心配したものです。
 あまりに残酷で衝撃を受けたのですが、これまた見たことがないほど美しい浮世絵もあり、妙に心に残ってその後は芳年に注目するようになりました。
 残酷絵だけではなく、師の国芳ゆずりのドラマテッィクな構図に色使いの美しさですっかり大ファンになり、今では私がもっとも好きな浮世絵師です

 あれから国内で何度も芳年の展覧会を観てきましたが、ほんの数枚だけでの展示はありましたが、オランダで観たような英名二十八衆句のシリーズをまとまって観る機会はありませんでした。
 それがなんと今回の展覧会では、落合芳幾の作品とともに英名二十八衆句が全部展示されているではないですか
 体に血の手形が付いていたりして、今見ても残酷だなと思うので、さすがにコーナーが分かれており、こどもや見たくない人は見なくて済むように展示に配慮されていましたけどね。

 芳年の展覧会だからということで行っただけで、英名二十八衆句が揃って観れると思っていなかったので、やっと日本でも展示可能になったのだと感慨深かったです

 tukioka3.jpg
 図録は2500円でした。
 芳年の図録は何冊か持っていますが、これは外せないと思って買ってしまいました。

 美人画などだけを期待されると衝撃を受けられるかもしれませんが、芳年の本領発揮の静と動の作品が堪能できる展覧会でした

 tukioka4.jpg 
 もう1つの展覧会は、京都高島屋で開催されている「デビュー50周年記念
展 池田理代子-「ベルばら」とともに-」展('17.4.12~4.23まで。入場料800円)です。

 ベルばらで有名なご存知漫画家・池田理代子さんの展覧会です。
 池田理代子さんの初期の作品から最近の新作まで、ベルばらを中心に紹介されています

 私も当時は夢中になったのですが、ベルばらって人気があるのですね。
 展覧会は老若男女の人々で大盛況でした
 会場にはタカラヅカのベルばら公演のパネル展示もあり、漫画関係ではなくそちらのパネルの方に興味を持たれている方も少なくなく(とくに男性)、漫画系、タカラヅカ系でパキッと分かれているのが面白かったです。
 私も1回だけ、タカラヅカにベルばらを観に行きましたが、興味はやっぱり漫画の方です(笑)。

 当時、少女マンガで歴史物は描かせてもらえなかったそうですが、人気が出なければ即打ち切りという条件で始まったそうです。
 それでも池田さんは全然不安はなかったそうです。
 なぜなら頭の中で考えているストーリーがとっても面白かったからだそうです。

 ベルばらは1972年(昭和47年)に連載された少女漫画ですが、その時代は教育でも男女とも大学進学率がアップしてきた頃だと思われ、少女漫画を楽しむ読者世代の小中高生においても歴史物を娯楽として楽しめる知的な下地ができていたのではないかと思います。
 少女が好むキラキラキャラに骨太の歴史的ストーリー、人気がでないわけがないですよね

 tukioka5.jpg tukioka6.jpg
 会場にはオスカルやマリー・アントワネットの衣装も展示されていました。
 真ん中に座って写真撮影が可能でしたが、ちょっと恥かしくて衣装だけを撮影。

 tukioka7.jpg
 もともと池田理代子さんの作品は好きだったのですが、最近、ベルばらの新エピソードも描かれているみたいで、新エピソードも読んでみたくなりました

 どちらの展覧会も今日(4/23)までです。
 最終日は時間も早く終わりますので、気をつけてくださいね。

美術館「えき」KYOTO
 住所:京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 JR京都伊勢丹7階隣接 TEL:075-352-1111(大代表)
 開館時間:10時~20時(最終日17時まで。入館各30分前まで)

京都高島屋グランドホール7階
 住所:京都市下京区四条通河原町西入真町52番地 TEL:075-221-8811
 開場時間:10時~20時(最終日は17時まで。入場は各閉場の30分前まで)

  1. おでかけ
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

大阪 平成29年造幣局通り抜け('17.4.14)

 29zohei1.jpg
 毎年恒例の造幣局の通り抜け('17.4.11~4.17まで)に行ってきました
 今年は4月になっても寒い日があり染井吉野の開花も遅かったので、明日で通り抜けの期間も終わりというのにまだ全体で4分咲き程度でした。
 昨日、今日でもう少しは咲くでしょうが、ちょっと今年は期間中に満開というのは難しそうです。
 ですが、さすがは134種350本と品種の多い造幣局。
 部分的に満開の桜もありましたので、いくつか紹介させていただきますね

 29zohei2.jpg
 林一号です。
 花弁数が25~30枚で淡桃色の桜です。
 林さんという方が育成した桜で、林二号もあるのですよ

 29zohei3.jpg
 今年の桜の鬱金(うこん)はこれからですかね。
 淡黄緑色で結構好きな桜です。

 29zohei4.jpg
 行った時に満開できれいだったのが枝垂れ桜の類でした。

 29zohei5.jpg
 こちらは雨情枝垂(うじょうしだれ)です。
 詩人の野口雨情の邸内にあったことからこの名が付いたそうです。
 情緒があってきれいでしたよ。

 29zohei6.jpg
 紅豊(べにゆたか)は名前のとおり紅色がしっかりして美しかったです。

 29zohei7.jpg
 4年間通った衣笠の地に咲く衣笠(きぬがさ)は満開でした。

 29zohei8.jpg
 こちらは日吉桜(ひよしざくら)といい、滋賀県坂本にある日吉神社の境内にある桜で、特徴である赤茶芽も見れました。

 29zohei9.jpg
 八重紅枝垂(やえべにしだれ)も流れるような美しさです。

 29zohei11.jpg 
 楊貴妃(ようきひ)も満開です。
 美しいですね~。

 29zohei10.jpg
 今年は八重桜がまだ咲き揃っていない分、染井吉野とのコラボが楽しめますよ。
 桜を見て、やっと春が実感できました。
 やっぱり桜を見ると気持ちが晴れやかになりますね

造幣局の通り抜け
 住所:大阪市北区天満1-1-79 TEL:050-5548-8686(ハローダイヤル8時~21時。平成29年は3/10~4/17まで)
 開催期間:'17.4.11~4.17まで 通り抜け時間:平日10時~21時、土・日9時~21時


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
関西を中心にお話します。
基本的には、遊びに行って、お昼を食べて、おみやげに家で食べれるものを買って帰るというパターンになっています。(最近パターン通りになっていませんが)
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

ブログラム

検索フォーム

ご注意

◎当ブログに掲載している文章・写真等の無断転載を固く禁止します。 ◎記載の価格は訪問時のもので、現在の価格とは違っている場合がありますのでご注意を。

« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -