FC2ブログ

2020年2月~3月関西の美術館・博物館臨時休館情報

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、臨時休館する美術館や博物館が増えています。
 2020年3/30現在、臨時休館が決まっている関西の美術館や博物館をまとめてみました。
 ( )内は美術館・博物館で現在開催されている主な展覧会名と会期です。
 臨時休館しているところが増えているので、しばらくの間、この記事をトップにおきます。

 記載は予定なので今後の変更の可能性がありますし、これから休館になるところもあるかもしれませんので、ここに記載がなくても行かれるときはHPなどで必ず確認してくださいね。
 とくに再開日は館も状況により変更の可能性ありとしていますので確認が必要です。
 それから、展覧会は開催されていても、イベントは中止のところがほとんどです。
 もし記載もれや変更があっても責任は取れませんので、気になる展覧会やイベントはご自分で確認をお願いします。(3/30更新)

〇大阪
 ・国立国際美術館:全館 2/29~3/16 4/3(休館延長)まで休館予定(「ヤン・ヴォー展」開幕延期
 ・大阪市立美術館:全館 2/29~3/164/10 (休館延長)まで休館予定 ([フランス絵画の精華展」4/11
            ~6/14)
 ・大阪市立東洋陶磁美術館:全館 2/29~3/16 (休館延長)まで休館予定(「竹工芸名品展」
            「木村盛康展」~4/12)
 ・大阪歴史博物館:全館 2/29~3/17 (休館延長) まで休館予定 (「猿描き狙仙三兄弟展」~4/5)
 ・大阪府立江之子島文化芸術創造センター展覧会・イベント~4/3まで中止(「須田剋太展」~2/29
            で終了。「つくるということ展」~3/1で終了)
 ・あべのハルカス美術館:3/3~3/15 (休館延長)まで休館予定(「薬師寺展」~4/19)
 ・東大阪市民美術センター:3/1~3/244/5 (休館延長) まで休館予定(「須田剋太展」~2/29で終了。
             その他の3/24までの展覧会は中止)
 ・和泉市久保惣記念美術館:全館 3/4~3/20 4/10 (休館延長)まで休館予定(「絢爛たる源氏絵展」
             閉幕 臨時休館中の市民ギャラリーの展示は中止)
 ・大阪府立弥生文化博物館:全館 3/3~3/20 4/3 (休館延長)まで休館予定
 ・大阪市立自然史博物館:全館 2/29~3/16 (休館延長)まで休館予定
 ・大阪市立科学館:全館 2/29~3/16 (休館延長)まで休館予定
 ・国立民族学博物館:全館 2/28~3/31 (休館延長)まで休館予定 (「先住民の宝」展 4/2開幕
           延期
~6/16 )
 ・大阪日本民芸館4/3まで休館延長(「民藝の力展」3/21~7/14に変更 
 ・大阪城天守閣: 2/29~3/15 (休館延長)まで休館予定
 ・海遊館:3/2~3/15 (休館延長)まで休館予定(周辺施設含む)

〇京都
 ・京都国立博物館:全館 2/27~3/16 4/9(休館延長)まで休館予定(3/24~4/9まで庭園のみ無料開放)
 ・京都国立近代美術館:全館 2/29~3/16 (休館延長)まで休館予定(「チェコ・デザイン展」3/17
            5/10開幕延期)
 ・京都市京セラ美術館4/4から開館予定 (しばらく観覧は事前予約制)
 ・堂本印象美術館:全館 2/28~3/16 ~3/23 まで。3/24から再開(「椿を描いた名品たち展」4/4~
        5/17。3/31~4/3まで展示替え休館)
 ・京都文化博物館:特別展3/24から再開。フィルムシアター2/28~3/16 (閉室延長)(「祇園祭展」
          3/24~5/17)          
 ・大山崎山荘美術館:全館 2/22~当面休館予定(「清宮質文展」終了)
 ・松花堂美術館:イベント中止。庭園・美術館内の常設コーナー開館中
 ・福田美術館:「若冲誕生展」 3/28~6/21に変更。現在開催中

〇兵庫
 ・兵庫県立美術館:全館 3/4~3/16まで。3/20~4/7まで再臨時休館予定(「ゴッホ展」閉幕、「超・
             名品展」4/11~6/7)
 ・兵庫陶磁美術館:(元々2/25~3/6までメンテナンス休館中のため、臨時休館と合わせて)全館
          2/25~3/16まで。3/20~4/7まで再臨時休館予定(「THE 備前展」~5/24)
 ・兵庫県立歴史博物館:全館 3/4~3/16まで。3/20~4/7まで再臨時休館予定 ( 「スケッチでたどる
          兵庫の建築と景観展」~3/22閉幕
 ・神戸市立博物館常設展3/28から再開「コート―ルド展」開幕延期)
 ・神戸市立小磯良平記念美術館:全館 3/2~3/16まで休館。3/17から再開(「人形を描く」展~4/5)
 ・神戸ファッション美術館:全館 3/3~3/16まで休館。3/17から再開(「長くつ下のピッピの世界展」
          ~3/29)
 ・神戸ゆかりの美術館:全館3/2~4/10まで休館予定 (「大正・昭和神戸まぼろしの公会堂」展
           ~3/1で終了)
 ・西宮市大谷記念美術館:全館3/4~3/15まで休館予定(3/23~4/3まで展示替休館)
 ・伊丹市立美術館:3/9~3/31 4/19(休館延長)まで臨時休館予定 (「熊谷守一展」開幕延期) 
 ・明石市立文化博物館:「あんびるやすこ展」4/4~5/17開催予定。(中止イベントあり)
 ・姫路市立美術館:~4/24まで館内改修工事のため休館予定 「第74回姫路市美術展」中止
 ・姫路城:天守・西の丸百間廊下3/7~3/13 4/6 (休止延長)まで公開休止予定
 
〇奈良
 ・奈良国立博物館:全館 2/27~3/15 (休館延長)まで休館予定(「毘沙門天」「お水取り」展
         ~3/22閉幕)
 ・奈良県立美術館:全館 2/28~3/15 次回展覧会の展示替え期間を含め4/17まで休館
         (「熱い絵画」展4/18~7/5開催予定)
 ・奈良県立万葉文化館:全館 2/28~3/15 4/24 (休館延長)まで休館予定(「万葉コレクション展」
           ~4/19)
 ・松伯美術館:全館3/2~3/19 (休館延長)まで休館予定 (「上村松篁・淳之展」~6/28)
 ・大和文華館:全館3/3~3/16 (休館延長)まで休館予定 (「水のめぐみ 大地のみのり展」~4/5まで)
 
〇滋賀
 ・滋賀県立陶芸の森:「リサ・ラーソン展」3/25~5/31開催中
 ・ミホミュージアム:全館~ 3/31 (休館延長)まで休館中(「コレクションの形成展」 開幕延期)
 ・佐川美術館:茶室・カフェは当面公開中止。美術館開館中(3/30~4/3まで展示替え休館
         「山本二三展」4/4~6/7開催予定。)
       

 多くの学校も休校になりましたし、今までに経験したことがないぐらい大きなことになってきました
 早く終息してほしいですが、終息の確認はどうするつもりなのでしょう?

 このブログは、今までに行ってまだ記事にしていない展覧会がいくつかありますので、しばらくはそれらを記事にしていこうと思いますが、ちょっと更新回数が減るかもしれませんがご勘弁を。

 あぁ、早く終息して、安心して外を自由に歩けるようになってほしい~。

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



これからも

 korekara1.jpg
 新型コロナウイルスの感染が拡大しており、大変なことになってきました。
 大阪では、今ほど強い要請ではありませんが、3月の初め頃から不要な外出は避けるようにとの通達が出され、私もあまり出かけないようにしていますが、そろそろ1か月
 
 私はお酒が飲めないので、ストレス解消法は外に出てきれいなものを見ることなんですよねぇ。
 それがあまりできなくなったためか、最近やたらとお腹が空きます。
 スーパーに買物に行くと、アイスやお菓子やジュースなどが気付かないうちにいっぱいカゴに入っており、食費がえらいことに・・・
 それでもって、体重と気持ちが重くて、重くて。
 毎日、朝からドヨヨーンって感じです。
 
 私のブログも主におでかけ内容を綴っているので、外出を控えた方がよい状況の中で、楽しそうにでかけた内容を書くのもどうかなぁと悩むところです。
 ですが、そんな風に考えること自体にも疲れてきました。

 korekara2.jpg
 展覧会については、学芸員さんをはじめスタッフさんが長い時間を費やして企画・準備をして開催されたものなので、敬意を表して観に行ったものについては記事にして残したいと思います。

 おでかけについては、私はテレワークではないですし、絶対に感染することが許されない職場なので、新型コロナが流行っている間はこれからもできるだけ外出は控えますが、それでもどうしてもの時は、いろいろ考えて、気をつけてリフレッシュしてきます。
 そうしたおでかけについてもブログ記事としてアップするかもしれませんが、決して感染の危険性を無視して出かけているのではなく、注意して行ってるんだと思って寛容な目で見ていただけると有難いです。

 ということで、外出の頻度が減っているのでポツポツとしか更新できないかもしれませんが、これからもブログを書いていこうと思いますので、お付き合いのほどよろしくお願いします

 korekara3.jpg
 それにしても、これほどの早さで世界中に広まるとは・・・
 日本は元々インフルや花粉の季節でもあることから、手洗いやマスクの習慣があるのでまだマシなんでしょうが、それでも当初は1か月程度で収束するかと思っていたのに、少し長期戦になりそうですね。
 歓送迎会の飲み会シーズンでもあるし、これ以上広がらないと良いのですが。
 なにはともあれ、早く治まってほしい~。

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

大阪 鶴見緑地の春の訪れ

 turuharu1.jpg
 先日、お天気があまりにも良かったので、鶴見緑地に散策に行ってきました 

 まだ春本番には少し早かったのですが、いろんな花が結構きれいに咲いていたので少しですが皆さんにもおすそ分け

 turuharu3.jpg
 turuharu4.jpg turuharu5.jpg
 turuharu6.jpg
 桜系だと思うのですが、満開でした
 
 turuharu7.jpg
 かきつばたでしょうか?
 いくら春だといっても、ちょっと早すぎでしょう。
 まだ3月ですよ?そんなに早く咲いて大丈夫?

 turuharu8.jpg
 毎年4月の中旬ごろに開催される造幣局の通り抜けが、早くも中止が決定しています。
 いつも楽しみにしてるのに。
 かわりにどこかに桜を見に行きたいな

 turuharu9.jpg
 鶴見緑地は元花博会場だったので、いろんな国の会場の遺構が残っています。
 こちらはオランダの橋です。
 ゴッホのはね橋を思い出しますね。

 turuharu10.jpg
 広い公園を散策すると気が晴れますし、まだまだこれから春真っ盛りになっていくと思いますので、また行きたいと思います

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
 

兵庫県立美術館「ゴッホ展」

hyogogh1.jpg
 兵庫県立美術館で開催の「ゴッホ展」、やっと再開されたと思ったら20日からまた臨時休館になり、結局そのまま閉幕となってしまいました。
 この展覧会、再開を心待ちにしていた人も多かったと思いますし、美術館側も展覧会開催費用がかなり高額だったと思われますので、会期短縮は皆にとって痛手だったと思います。
 
 私はゴッホ展を2月に観に行き、記事を書くのにもたついているうちに休館になったため、再開したら書こうと思っていたのに会期終了になってしまったので、遅くなってしまいましたが感想を残しておきたいと思います。

 hyogogh2.jpg
 ゴッホ展(本来は'20.1.25~3/29までだが3/20で閉幕。観覧料1700円)は、前半はゴッホの画業の初期に影響を与えたハーグ派、後半はパリに出てから影響を受けた印象派に焦点を当て、ゴッホの画業を紹介していました。

 ゴッホは27歳から画家を志し、約10年間で画業を終えます。
 ゴッホは、初めは独学で絵を描きますが、従姉妹の夫がハーグ派のリーダー格であったアントン・マウフェであったため、ハーグ派の画家からいろいろ教わったようです。

 hyogogh3.jpg
 ゴッホの初期のスケッチが何枚か展示されていましたが、はじめは人物画であるにもかかわらず、まるで物を描いているかのような硬さが見られます。
 それを他の画家から指摘されたみたいで、ゴッホは反発して、周りから嫌われながらも少しずつ、少しずつ改善しようと努力していることがスケッチから見て取れました。
 それでも、「ジャガイモを食べる人々」などは、どの人物も同じ表情で人形みたいですけどね。
 
 ハーグ派の画家というのは、あまりなじみがなかったのですが、今回の展覧会で観れたのは良かったです。
 ヤン・ヘンドリック・ワイセンブルフの作品は、光がきれいな絵で、少し距離をとって観ると良かったです。
 アントン・マウフェは、ピントを合わせるのが上手な画家だなと思いました。
 マウフェの「収穫」という作品は、印象派の絵のようにきれいでしたよ。
 ゴッホが、色調と色彩の重要さをマウフェから学んだと言ってたことに納得しました。

 後半の展示は、ゴッホが突然パリに住んでいるテオのところに押しかけ、印象派の画家と交流をもったところから始まります。
 印象派の画家の作品が並びますが、このコーナーはピサロの作品が色がきれいで良かったです。
 
 ゴッホはモンティセリの作品を色彩の手本として真似たそうで、モンティセリの「陶器壺の花」とゴッホの「花瓶の花」は同じモチーフで描かれているのですが、この2枚は向い合せに展示されており、比較できるようになっています。
 ゴッホの方はのっぺりしており、モンティセリの方が立体的でした。
 でも、モンティセリの方は形がぼんやりしてましたけどね。

 モネやルノワールの光や色を優先した絵は、定番の美しさです。
 今回のゴーギャンの「水飼い場」は補色を使っていますが、印象派風の描き方でした。

 hyogogh4.jpg
 印象派の画家に触発されて描いたゴッホの絵は、「麦畑とポピー」や「麦畑」など明るいきれいな絵が揃っており、こちらの気分まで明るくなりました。

 hyogogh5.jpg
 ですが、次のコーナーで「糸杉」を見て、ギョッとしました。
 前のコーナーの素直な表現から、いきなり木も空も地面の草も全てがうねっています。
 空は蛍光色のような明るく美しい水色で、真昼間のように見えるのに細い月が輝いており、地面には花が咲き乱れています。
 すごいハイテンションで、このテンションでは体の方がついていけないだろうなと思いました。
 この作品は、サン=レミの療養所に入院中に描かれたものだそうです。

 hyogogh6.jpg
 「糸杉」と向い合せで展示されていたのが「薔薇」です。
 うねりは軽減されていますが、まだ波線が強く、作品からの印象では完全回復とはいえない状態のように思います。
 ですが、ゴッホはこの後すぐに退院し、その2か月後に亡くなります。

 私は今まであまりゴッホの絵から病気の影響を感じたことはありませんでしたし、今回の「糸杉」も「薔薇」もこれらの作品だけを見ればゴッホ特有の表現で、美しささえ感じたと思います。
 ですが、今回は穏やかで素直な作品の後に、テンションの高い作品をもってくるという展示のしかたで、見方を誘導されたようで、ちょっと演出にあざとさを感じました。
 別に入院していたことを強調しなくても、ゴッホならどんな時でも、どんな場所でものめりこんで熱中して絵を描いていたと思いますけどね。

 図録は2300円でした。

 今回の展覧会では、書簡に残っているゴッホの言葉も紹介されていましたが、絵を描く楽しさによるワクワク感が伝わってきます。
 ゴッホは絵を描くことが大好きだったのでしょうね

兵庫県立美術館
 住所:神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1 TEL:078-262-0901
 開館時間:10時~18時(金・土は20時まで。入館は閉館30分前まで)休館日:月曜、展示替え期間、年末年始

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

大阪 都島 コボパン

 cobopan1.jpg
 都島にコボパンという天然酵母のパン屋さんがあります。
 営業日が水・木・金のみと、働いている者にはハードルが高いお店なのですが、今年の春分の日が金曜日でお店が開いていると知って行ってきました 
 2~3人入るといっぱいの小さなお店ですが、お客さんがひっきりなしです。

 今回は4個購入しました。

 cobopan2.jpg 
 手前があんバターフォカッチャ(200円+税)、奥がチョコベースのフォカッチャなのですが名前は忘れました(200円+税)。
 あんバターは、甘さ控えめのたっぷりの餡にたっぷりのバターが挟んであり美味しい~!
 チョコのフォカッチャもベリー系の天然酵母で作られているような感じで、中にクリームチーズも入っていて美味しい
 
 cobopan3.jpg
 こちらは手前が角煮バーガー(230円+税)、奥がゆで卵のサンド(220円+税)です。
 角煮バーガーは、角煮が甘くて柔らかーい
 ゆで卵のサンドは、卵がたっぷりで予想通りのおいしさです

 cobopan4.jpg 
 切ってみると中身はこんな感じです。
 基本はフォカッチャベースのパンで、どれも具沢山で美味しいです。

 cobopan5.jpg
 営業日は時々変更もあるみたいなので、インスタで確認してから行く必要がありますが、また機会があればぜひ買いに行きたいです。
 ごちそうさまでした~
 
コボパン(インスタグラム)
 住所:大阪府大阪市都島区都島中通1-1-12 
 営業日:水・木・金 営業時間:11時半~17時 

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
主に関西で開催されている展覧会を観に行っています。
ゆるゆる感想を書いていきたいと思います。
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
時間
検索フォーム
リンク
ご注意
◎当ブログに掲載している文章・写真等の無断転載を固く禁止します。 ◎記載の価格や店舗情報は訪問時のもので、現在の価格とは違っていたり、お店が閉店している場合がありますのでご注意を。
RSSリンクの表示
バナー