FC2ブログ

あべのハルカス美術館 「クマのプーさん展」

 apoh1.jpg
 もう終わってしまいましたが、6月の末まであべのハルカス美術館で「クマのプーさん展」('19.4.27~6.30まで。観覧料1500円)が開催されていました。

 作者のA.A.ミルンが息子のクリストファー・ロビンのために書いた「クマのプーさん」のお話と、ヴィクトリア&アルバート博物館に所蔵されているE.H.シェパードの挿し絵の原画を紹介した展覧会でした。

 apoh2.jpg
 会場では、絵本の世界の一部のジオラマがあり、プーさんの森に私たちを誘ってくれます。
 
 展覧会を観ていて、はたと考えてしまいました。
 クマーのプーさんって、当然知っているのですが、ちゃんと絵本を読んだことがあったかな?と。
 子どもの頃、ディズニーの絵本や映画は見た記憶があるのですが、原作に近いのは読んだような読んでないような。
 それでも会場の絵に見覚えがある物もあったし、知っているエピソードもあったので、なんとなくは見たことがあるのでしょう。

 展覧会の最後にプーさんの本が置いてあり、自由に読むことができたので、せっかくならと岩波書店の「クマのプーさん全集」を少し読んでみたのですが、432ページもありその場では読めきれないなと思い途中でやめました。
 その本は挿し絵が全編カラーで、税抜き7600円もする豪華本だったので購入するのは難しく、家に帰ってから図書館で予約を入れ借りて読んでみました。

 apoh3.jpg
 はじめは、量は多いですが子ども用の絵本ですし、すぐに読めるだろうと高を括っていたのですが、意外にも読むのに時間がかる。
 なんか読みにくい。
 何が読みにくいのだろうと考えると、回りくどい言い回しをしたり、絵本の動物たちがよくする言葉の言い間違いなどが多く、意味がストレートに伝わりにくいのです。
 おまけにひらがなが多いからか句読点も多く、なんかスッと読みにくい。
 ですが、句読点がないと意味が成しにくい。

 たとえば、ウサギが皆に「かいらんばんプーよこちょのいえにきつぎぶんつうかのけんでぜんいんしうごさそくつうこのことウサギ」というのがあるのですが、これを普通の日本語に変換するのに、前半はスッといきますが後半は少し時間がかかります。
 多分「回覧板 プー横丁の家に決議文通過の件で全員集合 早速通告のことウサギ」だと思うのですが、本当にあっているかはわかりません。
 本編では単語の言い間違いがあること自体は書いてあるのですが、正解文は書いてないのです。
 これはもしかすると原作はこどもに国語の勉強をさせるためなのかもしれませんが、日本語変換では推測すること自体難しい場合があります。
 
 この回覧板で皆が集まり、『みんながロバのイーヨーにごきげんいかが?と挨拶をすると「いかがじゃない。これというほどいかがじゃない。」というイーヨーのあいさつ』とあり、イーヨーは機嫌がいいのか悪いのかもよくわかりません。
 (多分、いつもと同じなんだろうと思います。) 
 このような調子で、いろいろ推測が必要なことが多く、なかなかすんなりとは読ませてもらえないのです。

 プーを含め、仲間の多くが自分たちはあまり物を知らないと思い込んでおり、皆、自尊心が低いのもびっくり。
 そのせいか、遠回しに聞いたり自信のない物言いをすることが多く、余計に話が伝わりにくい。
 それでも一生懸命考え、行動するプーとその仲間たちは愛らしく、唯一の頼りになる存在としてクリストファー・ロビンを慕っていたということがよくわかります。
 それはまるで作者のA.A.ミルンが息子のクリストファー・ロビン・ミルンに対して、「皆が君のことを愛しているよ」と言っているみたいで、父親の愛情が感じられました。

 apoh4.jpg
 この本は、内容よりプーさんやその仲間の愛らしい行動の雰囲気を楽しめればそれでいいのかもしれません。
 それには挿し絵は必須で、良い挿し絵を描いてもらえて良かったなと思いました。
 
あべのハルカス美術館
 住所:大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16階 TEL:06-4399-9050
 開館時間:火~金10時~20時、月・土・日・祝10時~18時(入館は各閉館30分前まで) 休館日:一部の月曜日(祝日の場合は開館)、年末年始、展示替期間中

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

京都 出町カラビンカのカレー

 kara1.jpg
 出町柳や御所にも近い今出川通り沿いに、出町カラビンカというカレー屋さんを見つけました。
 (写真の赤い方ではなく緑の方です。)
 カウンター6席ぐらいの小さなお店です。

 kara2.jpg
 メニューは3種類で、赤カレーと気まぐれカレーがスパイス系で、気まぐれカレーはチキンということだったので、牛スジと黒ゴマの黒カレーもすごく惹かれたのですが、私は赤カレーを、夫は気まぐれカレーを注文しました。

 kara3.jpg
 こちらが赤カレー(マサラキーマ)です。
 結構、挽肉が多くて肉々しい。
 スパイスが効いているというよりは、上品な欧州カレーという感じで美味しいです
 柔らかい人参のアチャール、枝豆の歯応え、ザクっとしたフライドオニオンの食感も楽しい♪

 kara4.jpg
 こちらは気まぐれカレーです。
 トマトベースのカレーにチキンがコロンと入っていて美味しかったそうです

 辛さはまあまあありますが、とんがったスパイスカレーではなく、全体的に丁寧に作られたまろやかなカレーで美味しかったです。
 ごちそうさまでした

 ところで、御所にもほど近い場所なのに、住所が「真如堂前町」という地名なのですね。
 昔はこの辺りまで真如堂の寺社地だったのでしょうか。
 ちょっと不思議に思いました。

出町カラビンカ
 住所:京都市上京区真如堂前町98-3アクアビル1F TEL:075-286-7356
 営業時間:11時半~15時、17時~20時 売り切れ次第終了 定休日:不定休

にほんブログ村 グルメブログ 昼食・ランチへ
にほんブログ村

京都国立近代美術館 「トルコ至宝展」

 lale1.jpg
 京都国立近代美術館で開催されている「トルコ文化年2019 トルコ至宝展 チュ-リップの宮殿トプカプの美」展('19.6.14~7.28まで。観覧料1500円)を観てきました。

 lale2.jpg
 この展覧会は、オスマン・トルコ時代の宝物を中心に、約170点が展示されていました。
 オスマン帝国の象徴として大切にされた花が、トルコ語で「ラーレ」と呼ばれるチューリップで、トプカプ宮殿の数ある宝物の中でとくにラーレ文様のあしらわれた品々が来ているということで、漫画チックなスルタンと女性の立て看板が飾ってありました

 会場に入ると、まぁなんと煌びやかなこと!
 大きな宝石を磨いてしまうと輝きは増しますが削られて小さくなってしまうので、できるだけ原石そのままの大きさで装飾品に使おうとしたのか、どれも宝石が大きい
 メフメト4世の宝飾短剣は、柄の部分のほとんどがエメラルドでダイヤもごろごろ。
 大胆で豪華な短剣に比して、鞘は金や七宝にダイヤという細かい細工が施され美しかったです
 玉座用の吊るし飾りやターバン飾りにも大きなエメラルドが使われていました。

 会場はトプカプ宮殿の雰囲気に似せた空間作りをされていました。
 宮殿にはスルタンの子孫を増やすため、いろんな国から女性(奴隷)が連れてこられ、その女性たちが住む6層約300室からなるハレム(後宮)があるそうです。
 その女性たちの世話をする宦官もおり、ハレムには最大時約2000人が住んでいたそうです。

 スルタンは基本結婚はせず(1人だけ例外有り)、スルタンの母が女主人だったそうですが、基本構造がなんか日本の大奥に似てますね。
 トプカプ宮殿には最大時6000人が住んでおり、そのうち1200人が料理人だったそうで、ハレムの女性とその関係者、料理人だけで宮殿の住民の約半分だったかもしれません。
 徳川幕府時代に江戸城に住んでいた人の割合も、それぐらいだったかもと想像してしまいました。
 財政引き締めのため、大奥を縮小した徳川吉宗の施策が実感できました
 逆にいうと、そんな無駄で贅沢なことができるオスマン帝国はかなり豊かな国だったこともわかります。
 
 展覧会ではそれほど歴史について触れられていませんでしたが、これほど裕福になった経緯に興味がわきました。
 東西文化の交流地であるイスタンブールを手に入れたことで、オスマン帝国がどのように発展し滅亡し、その後トルコ共和国に至ったか、トルコの歴史についても知りたくなりました。
 ですがその前に、イスタンブールに旅行に行きたくなりました
 トプカプ宮殿、アヤ・ソフィア、ブルーモスク、地下宮殿のメデューサの台座などなど行きたいところ、見たいものがいっぱい
 ただイスラム圏が政情不安定なので、早く世界が平和になって自由に旅行できるようになってほしいものです。

 lale3.jpg
 美術館でのコレクション展('19.6.12~8.4まで)では、村上華岳の没後80年ということで、華岳の作品が多く展示されていました。
 コレクション展では多くは写真撮影可なのですが、華岳の作品は全て撮影不可でした。
 ですが、常設で華岳の作品をまとめて観ることができ嬉しい♪
 それも仏画が多かったので、余計に感動しました。

 華岳が描く仏さまは、丸顔で優しく温かみがあります。
 ぞれでいて優雅で手が届かないところにいらっしゃる感じがします。
 人々を救いに行かれている時ではなく、一休みされているプライベートな時間の仏さまという感じで、観ているこちらもリラックスできました

 lale6.jpg
 藤島武二の「花籠」も展示されていました。
 藤島武二の絵は好きなんです。

 lale5.jpg
 里見勝蔵の「渓谷の春」は、いかにもフォーヴという感じで、暗い嵐のようなグレーの世界で、この明るさが師匠のヴラマンクの画風に似ていると思いました。

 ひたすら豪華絢爛なトルコ至宝展と村上華岳のコレクション展の両方が楽しめた充実した展覧会でした。
 楽しかったです

京都国立近代美術館
 住所:京都市左京区岡崎円勝寺町 TEL:075-761-4111
 開館時間:9時30分~17時(入館は16時30分まで)休館日:月曜(月曜日が休日にあたる場合は、翌日が休館)、年末・年始、展示替え期間 

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

京都 細見美術館「世界を変える美しい絵本」展

 hotara1.jpg
 細見美術館では「世界を変える美しい絵本 インド・タラブックスの挑戦」('19.6/25~8/18まで。入館料1300円)が開催されています。
 この展覧会では、インドのチェンナイを拠点とするタラブックスという出版社の絵本や原画の紹介をしていました。

 hotara2.jpg
 会場は写真撮影可だったので、遠慮なく撮らせていただきました。

 インドの民族の伝統や文化・宗教を「本」という形に変えて出版しているタラブックスの絵本は、既成の絵本の概念を覆すかの
ように、自由に丁寧に作られておりその発想に驚かされました。

 hotara3.jpg
 この絵本はシルクスクリーン印刷で作られた絵本です。
 全編シルクスクリーン印刷だなんて贅沢ですよね。

 hotara4.jpg
 形も面白いものがありました。
 こちらはめくって楽しむだけでなく立体的に立てて楽しむこともできるみたいです。

 hotara5.jpg
 この作品は、物語的に私が一番面白いと思った「シータのラーマーヤナ」の原画です。
 インドの叙事詩のラーマーヤナは、ヒンドゥー教の聖典でもあるのでインドでは広く浸透しているのですが、語り部により口伝で
伝える方法もあるようです。
 ですがラーマーヤナは長編なので、語るのも大変です。
 そこで口伝の補助に手描きの絵巻物が使われるのですが、タラブックスはその絵巻物をそのまま絵本にして出版したそうです。
 
 絵巻物をそのまま絵本にするということもですが、シータの視点からの物語というのも面白いです。
 ラーマーヤナは元々ラーマ王子の物語で、その妻のシータは自分の軽はずみな行動でさらわれることになったにせよ元々はラーマが原因ですし、物語の結末にはシータにも大いに言い分があるでしょう。
 なのでシーターの視点からというのは興味をそそります。
 ですが、男尊女卑がきついインドでの出版は、それこそ挑戦だったのではないかと思います。
 内容も少し紹介されていたのですが、続きを読みたいと思いました。
 日本語版があるのかは不明ですが、もしなければ日本語版も作って欲しいです。

 hotara6.jpg
 カーストの低い人たちは寺院にも入れない場合があるため(現在でもかどうかは不明)、神が描かれた絵や布を家に飾ってお祈りをするそうです。
 こちらはその布を絵本にしたものです。
 その布を作る職人のビデオが流されていたのですが、「これは単なる(絵)本ではなく、祭壇として扱ってほしい」との言葉が印象的でした。
 より広く神を敬ってほしいと考え、本の制作に協力したのだなと思いました。

 伝統というのは宗教に関連していることが多いと思うのですが、宗教とは精神性の伝達であるからこそ、伝えたい、後世に残したいという思いが強くなるのでしょう。
 その精神性は、本来は美しいものだと私は信じています。
 その思いを含め、神や仏への畏敬を込めて美しく丁寧に作られた絵巻物や祭壇画が絵本になるのだから、美しくないわけがない。
 絵本という形に変化させることでより多くの人が手に取る機会が増え、その精神性までが伝播されることにより世界が変わる要素が1つ加わるかもしれない。
 そういった期待が展覧会のサブタイトルである「タラブックスの挑戦」につながるのだと私は解釈しました。
 興味深い展覧会でした。
 面白かったです。

細見美術館
 住所:京都市左京区岡崎最勝寺町6-3 TEL:075-752-5555
 開館時間:10時~18時(入館は17時半まで) 休館日:月曜(祝日の場合、翌火曜日)

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

京都 西院 佰食屋

 100syokuya1.jpg
 堂本印象美術館に行った後、西院にある佰食屋さんにランチを食べに行きました。
 こちらは国産牛のステーキ丼専門店で、1日100食限定ということで「佰食屋(ひゃくしょくや)」という店名だそうです。
 
 朝の9時半から整理券が配布され、開店時間が11時からなので、11時から30分おきの時間帯で好きな時間の整理券をもらい、整理券により予約がされるという形式です。
 整理券記載の時間の10分前に戻るように指示されますが、予約時間の中での順番は戻ってきた順になります。
 大きくは待ちませんが、整理券方式でも多少の待ち時間はあります。

 100syokuya2.jpg
 メニューは3種類ですが、オプションにでサラダや味噌汁などが付けられますし、お肉の量やご飯の量など細かく料金設定されています。

 100syokuya3.jpg
 私はステーキ丼1000円(税抜き)単品を注文。

 100syokuya4.jpg
 ごはんを覆うようにミディアムレアのお肉が盛り付けられていますが、周辺にフライドオニオン、頂上にカイワレがのっていました。

 100syokuya5.jpg
 中を見ると、ごはんにも少しタレがまぶしてあります。
 食べてみると、甘辛い韓国風の味ではなく、しょうゆベースのすっきりしたタレで美味しい~

 100syokuya6.jpg 
 ステーキ丼の食べ方にも書いてありますが、粉末状にしたフライドガーリックがよく合います。
 お肉は赤身肉ですが柔らかく、さらっと食べられます。
 私はステーキ丼の単品で注文しましたが、ほとんどの人がサラダやお味噌汁、更にはハンバーグを同時に注文されていました。
 サラダのドレッシングやお味噌にもこだわりがあるみたいですし、ハンバーグも美味しそうでした。
 
 お味も美味しいですし、それぞれのお腹の空き具合や懐具合に合わせて細かく調整できるようになっており、いろいろ気配りが
感じられるお店でした。
 ごちそうさまでした
 
佰食屋
 住所:京都市右京区西院矢掛町21シュール西院1F TEL:075-322-8500
 営業時間:11時~14時半(9時半から整理券配布) 定休日:水曜

にほんブログ村 グルメブログ 昼食・ランチへ
にほんブログ村
プロフィール

Ms.れでぃ

Author:Ms.れでぃ
主に関西で開催されている展覧会を観に行っています。
ゆるゆる感想を書いていきたいと思います。
ローカルネタになりますが、訪問していただけるとうれしいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
時間
検索フォーム
リンク
ご注意
◎当ブログに掲載している文章・写真等の無断転載を固く禁止します。 ◎記載の価格は訪問時のもので、現在の価格とは違っている場合がありますのでご注意を。
RSSリンクの表示
バナー